科目別分析

早稲田大学文学部英語入試の対策法 徹底分析

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

早稲田大学文学部の英語入試の対策法|入試内容を徹底分析

今回は早稲田大学文学部の英語について解説するぞ!

早稲田大学文学部の英語入試の全体外観

早稲田大学文学部の英語の入試は、「読む」「書く」力において高いレベルの英語力が要求されます。

また全体の問題量も多く、限られた制限時間の中でいかに正確に処理をしていくか、が勝負の分かれ目となっています。

早稲田大学文学部の英語は難関私大らしく高い読解力をつける必要があるぞ!

早稲田大学文学部の英語のレーダーチャート分析


解説

早稲田大学文学部の英語のレーダーチャートはこのようになりました。読解と英作文力で高い完成度が求められています。

英作文は高いレベルが求められるなど、単語・文法・長文以外の力も伸ばしていく必要があります。

英単語

英単語はレベル3。特別に難しい単語が出てくるわけではないですが、しっかりとした単語力をつけておく必要があります。

他の分野・他の科目に対策の時間を取られる分、英単語は早めの段階に完成させておきたいですね。

英単語は早めに完成させるのが、ポイントだ!

英文法

英文法はレベル4。英文法単独で出題される問題はほぼないので、和文英訳や長文読解をする上で困らない程度の標準的な文法力が求められます。

こちらも英単語と同様、受験生になると対策の時間を十分に取れないので、早い段階で完成度を高めておきたいところです。

英文法も早い時期から勉強していかないといけないんだね!

英文解釈

英文解釈はレベル3。早稲田大学文学部の英語は難解な読解問題が出題されるため、それを解くための高いレベルの英文解釈能力が求められます。

英文解釈の力は長文を読む上でも不可欠ですから、英単語・英文法をひととおり学んだ後は、英文解釈も早めの段階で取り組みたいところです。

和訳問題も出題されるから、時間をかけて学習を進める必要があるぞ!

長文読解

長文読解はレベル5。私大最難関の試験にふさわしく高い難易度の読解問題が並んでおり、限られた時間内でいかにすべての問題を正確に解くことができるか、が合否を左右します。

長文読解の力なしには、解くことができない問題がほとんどですから、長文読解は基礎的な問題集から演習を積んで、正確性・速さを共につけておきましょう。

長文はいっぱい問題集をやって、「早く」「正確に」問題を解かないといけないんだね。

英作文

英作文はレベル5。高いレベルの英作文の問題が出題される傾向にあります。

他の教科とのバランスを考えると、多くの時間をかけることはできませんが、確実に得点を取れるように基礎を固めて、問題演習を繰り返しましょう。

英作文はいかにミスなく、得点を取れるようになるかがポイントだ! 問題演習を繰り返して、高得点を狙おう!

早稲田大学文学部の英語入試の対策法|具体的な勉強内容を分析

早稲田大学文学部の英語でやるべき参考書リスト


やるべき参考書の詳しい解説は、下を見てね!

英単語カリキュラム

レベル0→2
レベル2→4

英文法カリキュラム

レベル0→1

レベル1→2
レベル2→3
レベル3→4

英文解釈カリキュラム

レベル0→1
レベル1→2
レベル2→3

長文読解カリキュラム

レベル0→1
レベル1→2
レベル2→3
レベル3→4
レベル4→5

英作文カリキュラム

レベル0→2
レベル2→3
レベル3→4

対策の全体方針|早稲田大学文学部の英語

早稲田大学文学部の英語は、以上のように英語の幅広い分野について、高いレベルに仕上げていくことが求められています。

対策には多くの時間を要しますが、その一方で他の教科の対策も考えると、受験期に英語の勉強に時間を取ることはできません。ですので高2までの期間で、しっかりと単語・文法の分野に関しては完成させておくことで、高3の期間は演習メインの学習を進められるようになりましょう。

幅広い分野をカバーして、高いレベルの英語力を身につけて本番に臨もう!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る