化学勉強法

化学 参考書おすすめ5選|定期テストから入試レベルまで!

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

合格力判定レポート

  • 紙画像
  • 案件
    化学のおすすめ参考書を教えて!

さきさき泣く表情
電気分解って何??熱化学方程式いみふめい~~。無機有機暗記量多い~~。
あらあらどうしたの。
さきさき怒る表情
化学がわかんなすぎてなげいているの!!
参考書は買ったの?
さきさき慌てる表情
いや。どれがいいのかわかんないし。
まずは自分に合った参考書を選ぶところからね。今回は、化学の参考書のなかでもえりすぐりの5つを紹介しましょう。

戦略01 目的別おすすめ化学参考書

【目的別おすすめ化学参考書】

自分のレベルや目的に合わせたものをえらびましょう!

それでも自分は何を使えばいいの?という人は

赤神透公式LINE@

最適な参考書は人によって違う、というけど、上の表をみてもイマイチわからなかった……結局自分はどの参考書がいいんだろう?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

戦略02 化学参考書 おすすめ5選

ではここからはそれぞれを詳しく紹介するわ!

【化学参考書 メリットとデメリット】

『定期テスト対策 化学「理論編」の点数が面白いほどとれる本』


https://www.amazon.co.jp/dp/4806146412/

写真は理論編ですが、無機有機編もあります。その名の通り、定期テスト対策に最適な参考書です。受験で化学は使わないけど、学校ではやらないといけない、という人にはピッタリでしょう。

全体的に語りかけるような口調で書かれており、また重要事項が赤い波線で強調されているため、読み物としてもさっと読みやすいです。また、「定期テスト対策」とはいえ、センター試験の基礎になる知識はこの一冊でつけることができるでしょう。

『面白いほどとれる本』のメリット

  • 定期テスト対策問題つき。
  • おさえておくべきポイントが強調されている。
  • 重要事項は表に整理されている。
  • 全体的に読みやすい。

『面白いほどとれる本』のデメリット

  • 2色ずりなので視覚的には見づらい。
  • 線が引かれすぎていて逆によくわからないかも。
  • さっと読めるが、暗記する作業は別途しないと身につかない。

『面白いほどとれる本』はこんな人にオススメ!

  • 学校の化学の定期テスト対策をしたい!
  • 優しい文体の説明で勉強したい!
  • センター試験の化学の基礎となる知識をつけたい!

『面白いほどとれる本』の基本情報

  • 料金
  • ¥1,620
  • ページ数
  • 261ページ(理論編)
  • 習得にかかる時間
  • 30時間
  • レベル
  • 定期テスト~センター試験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆(日常学習に最適!)
とりあえず定期テストでいい点数をとりたい、という人にはおすすめね。

『総合的研究 化学』


https://www.amazon.co.jp/dp/4010340061/

その荘厳な表紙のデザインと、圧倒的な分厚さ(624ページ!)から、さぞかし内容が充実していることがうかがえますが、本当にその通りで、この一冊で大学受験の化学の内容は網羅されています。それに、これだけ分厚いのに全ページがフルカラーです。高校化学の内容以外にも、教養としての化学の話や、高校を超えたレベルの話もあり、化学が好きな人は満足できる一冊でしょう。

ただし、網羅性が高いためにびっしりと説明が書かれており、初学者や化学がニガテな人にはとっつきにくいかもしれません。化学に苦手意識がなく、かつ理系で難関国公立や難関私立大学を志望校とする人にはおすすめです。

『総合的研究 化学』のメリット

  • フルカラー。見やすい。
  • これ一冊で大学受験の化学の内容は完全網羅。
  • 結晶格子など、つまずきやすい部分にページがきちんとさかれている。
  • ところどころに例題が載っている。
  • 「zoom up」の部分で高校化学の内容を超えたレベルの高い内容を学べる。

『総合的研究 化学』のデメリット

  • びっしり書かれていて何が重要かややわかりにくい。
  • 文系の人や、化学がニガテな人には向かない。
  • 例題の解説が簡素。
  • 暗記は、まとめノートを作るなどして別途する必要がある。

『総合的研究 化学』はこんな人にオススメ!

  • 理系で、難関大学を志望している!
  • 一冊で大学受験の化学の勉強をしたい!
  • 化学が好きで、レベルの高い内容も学びたい!

『総合的研究 化学』の基本情報

  • 料金
  • ¥2,700
  • ページ数
  • 624ページ
  • 習得にかかる時間
  • 150時間
  • レベル
  • 教科書~難関大入試の基礎
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(網羅性の高い良書!)
分厚いけど、ここまで広く深く内容をカバーしている本はなかなかないわね。

『スタディサプリ 化学』


https://studysapuri.jp/

月額980円で化学に限らずすべての科目の授業が見放題になるスタディサプリ。利用している人も多いと思いますが、化学の講義もかなり質は高いです。詳しい図や解説を通して化学をイチから学び直せます。レベル分けもされており、苦手な人は「スタンダード」から、平均以上の人は「トップレベル」や「ハイレベル」を受講するといいでしょう。

もちろん、確認問題などがのったテキストもついています。また、講義を担当する先生も駿台予備校で教えていらっしゃる講師の方なので、その指導力はおすみつき。「実際に塾に行く時間はないけど授業を聞きたい」という人にもおすすめです。そして、化学の先生は美人です(笑)。

美人なの!?僕も受けます!
あのなぁ……。

『スタディサプリ 化学』のメリット

  • 実際に塾で授業を受けているかのように学べる。
  • レベル分けされているので、自分のレベルに合ったところからスタートできる。
  • 講師は河合塾でも教えている有名講師。
  • 図や解説がとにかく詳しい。

『スタディサプリ 化学』のデメリット

  • 化学だけでも980円払う必要がある。
  • 先生が美人なので集中できないかも(笑)。
  • 参考書に比べて習得に時間がかかる。

『スタディサプリ 化学』はこんな人にオススメ!

  • わかりやすい講義を聞きながら勉強したい!
  • すでにスタディサプリに登録している!

『スタディサプリ 化学』の基本情報

  • 料金
  • ¥980(他教科も合わせて)
  • 習得にかかる時間
  • 160時間
  • レベル
  • 教科書~MARCHレベル
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(有名講師によるわかりやすい解説!)
スタディサプリを利用している人には特におすすめね。

『宇宙一わかりやすい高校化学』


https://www.amazon.co.jp/dp/4053043700/

パット見は化学の参考書に見えない、絵本のような参考書で、「こんなので化学を勉強できるの?」と思う人もいるかもしれませんね。しかし、中身はイラストや図を豊富に交えながら、化学の現象についてわかりやすく説明されています。

左のページに説明、右のページにイラスト、という構成で確認問題も豊富です。執筆しているのが東大生ということもあり、見た目からは想像できないような化学の本質をついた記述もあり、最初の一冊としては十分な内容でしょう。

また、写真は理論化学ですが、有機化学編もあり、その中に含まれる「構造の洗い出し方」の章の解説がとてもわかりやすいです。苦手な人が多い構造決定問題の基礎になる手法を学べます。構造決定が苦手!という人は、有機化学編だけ買うのもありでしょう。

『宇宙一わかりやすい高校化学』のメリット

  • キャラクターがたくさん出てきてとっつきやすい!
  • 覚えるべきポイントが「ココをおさえよう!」で明確化してある。
  • 例題や別冊の確認問題が豊富。
  • 化学がキライな人も、読み進められるわかりやすさ。

『宇宙一わかりやすい高校化学』のデメリット

  • 化学が平均以上の人には物足りない。
  • イラストがやや多い。人によっては少し目に付くかも。

『宇宙一わかりやすい高校化学』はこんな人にオススメ!

  • イラスト豊富な本で一から化学を学びたい!
  • イメージで化学を理解したい!
  • 問題を多めに解きたい!
  • 有機の構造決定が苦手!

『宇宙一わかりやすい高校化学』の基本情報

  • 料金
  • ¥1,598
  • ページ数
  • 392ページ
  • 習得にかかる時間
  • 120時間
  • レベル
  • 教科書~センター基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(イラストが豊富で学びやすい!)
化学がキライな人の最初の一冊としてはもってこいの参考書よ!

『ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習』


https://www.amazon.co.jp/dp/4046029099/

有機化学の難関・構造決定に特化した参考書です。「要点整理編」と「問題演習編」の2つに分かれており、問題集の要素もかねそなえています。「要点整理編」では、有機化学の知識をイチから学ぶことができます。ただの教科書的な知識ではなく、「構造決定で使える知識」の形で書かれているのが抜群に優れており、また問題形式で載っているので、赤シートで隠しながら確認ができます。

「問題演習編」では、問題数こそ少ないものの、簡単なレベルの構造決定から実際に難関国公立で出題された入試問題まで、「要点整理編」で得た知識をもとに問題にチャレンジできます。解説も大変詳しく、図をもとに順を追ってていねいに説明されています。構造決定が苦手でどうにかしたい人には絶対におすすめの一冊です。

構造決定についての詳しい勉強法はこちらを参考にしてね!

有機化学は覚えることも多いし、構造決定などつまづくポイントが多いです。今回は有機化学を勉強する上で大事なポイントを紹介。普通の参考書では対応できないところまで解説しています。続きを読む≫

『有機化合物の構造決定問題の要点・演習』のメリット

  • 構造決定で使える形で知識を覚えられる。
  • 赤シートつきで暗記しやすい。
  • 覚えた知識をもとに問題演習できる。
  • 解説がていねい。

『有機化合物の構造決定問題の要点・演習』の要点・演習のデメリット

  • 問題演習の量はこの一冊だけでは足りないので別途追加で必要。
  • 構造決定を解くことに特化しているぶん、有機化学を深く学ぶことはできない。

『有機化合物の構造決定問題の要点・演習』の要点・演習はこんな人にオススメ!

  • 構造決定が苦手でどうにかしたい!
  • 赤シートを使って有機化学の知識をつけたい!
  • 基礎~応用まで幅広い構造決定問題を解きたい!

『有機化合物の構造決定問題の要点・演習』の要点・演習の基本情報

  • 料金
  • ¥1,728
  • ページ数
  • 255ページ
  • 習得にかかる時間
  • 60時間
  • レベル
  • 教科書~難関大レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★(構造決定に特化したおすすめ参考書!)
構造決定を得意にしたいなら迷わずコレ!

まとめ

さきさき笑う表情
いろいろあるのね!この中からえらぼうっと。
もう一度目的別のおすすめ参考書を紹介するわね。

【目的別おすすめ化学参考書】

line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加