公式LINE


大学受験の全体像&どの科目から始めるか:公式LINE(4/8配信)

第2回【大学受験の全体像&どの科目から始めるか】

大学受験の合格のためには、「スケジュール感」と「勉強の流れ」を知っておくのが1番重要です。

今回はこれらの大枠を解説していきます!

勉強以外のスケジュール

高1高2の時期ごとの勉強とそれ以外のスケジュールを大まかに画像にしたので、画像を見てください。

高2の夏休みくらいまでは、英数国に力を入れて勉強して、テストや模試で満点を取れる状態をキープすることができていれば、それで十分ですが、

受験にフライングはないので、高1生が高2の欄に書いてあることを先取りしても問題ありません。

逆に高2生で、志望校も学部もまだ決まっていない人は現時点で少し出遅れている自覚を持ちましょう。

大急ぎで勉強してほしいことは、「入試のシステム」について。

  • 国公立大と私立大の違い(受験のスケジュール&授業料)
  • 必要科目数
  • 選抜方式

あたりは早急に調べておきましょう。

今の段階では、ストマガが監修している「大学受験キホンのキ」というサイトの記事を一通りご覧いただくので十分です。

https://daigakujukensenryaku.com/kihon/

ちょっと時間はかかりますが、高3で勉強に集中するためには、高1高2の間に入試の仕組みは理解しておきたい所です。

勉強のスケジュール

勉強のスケジュールについても画像にまとめましたが、これも前倒しして構いません。

中高一貫の超有名校では、1年くらい前倒しで勉強している生徒さんもいらっしゃいます。

すでに遅れている場合でも焦る必要はありません。

学校のある時期は遅れを取らないように勉強して、長期休暇で頑張って追いついていけます。

まずは勉強習慣をつける所からチャレンジしてみましょう。

勉強習慣をつけるコツなども今後解説していきますね!

どの科目から勉強を始めるか

ほとんどの大学で、英語は受験に必須の科目なので、基本的に全員やるべきなのは「英語」の勉強。

その他は受験する大学によって、何から手をつけるべきかが変わります。

国公立文系→「英語」「古典」「数学」
私立文系→「英語」「古典(入試に必要なら)」
理系→「英語」「数学」

もちろん文系だと社会、理系だと理科も重要ですが、ここで挙げた科目の勉強がある程度進んでいないと社会や理科を勉強する暇はありません。

まずはこれらの科目の勉強を始めてみましょう。

英語、数学、古典の受験勉強の流れに関してはこちらの画像に細かくまとめましたので、確認してみてください。

この流れに関しては、全員暗記必須です。

英語・古典の「単語&文法」、数学の「学校授業or映像授業」は早速始められるはずですから、すぐにでも始めたいですね。

詳しい内容や勉強法は以下の動画も参考にしてください!

まとめ

今回は「大学受験の全体像と勉強の流れ」について説明しました!

次回は「学校の授業の予習・復習」について解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら