生物勉強法

このページでは、生物の勉強法記事についてまとめています。どの記事から読めばいいのか?どの順番に読めばいいのか?がわかります。

生物学習の全体像を知る!

生物を得意にしたい!

医学部や生命系の学部を受験する人にとって、生物は何が何ても点数を取りたい科目ですよね。

よく、「生物は覚えることが多い」と言われますが、単純に暗記をするだけではなく、きちんと仕組みを理解しているかが問われることが多いです。例えば、「呼吸の仕組み」「遺伝の仕組み」などですね。こうした「仕組みの理解」と「単語・数字の暗記」が、生物で得点を取る上での大前提になります。そのために必要な学習手順がこちら。

教科書理解→基本問題演習→入試問題演習

学習の進め方は、ほかの理系科目とさほど変わりありません。以下の記事では、この順番に沿って、勉強法を解説しています。さっそく記事を読んで、志望校に合格する物理の力をつけるべく、大きな一歩をふみ出しましょう!

詳しい勉強法はこちら!

Step01. 生物の基礎を固める勉強法

まずは知識を入れ、生物の基礎を学ぼう!

他の科目と同じく、やはり基礎を固めるなら教科書です。入試生物の問題を解く上では、先ほども説明した「呼吸の仕組み」など「〇〇の仕組み」をきちんと理解しながら、基本知識をつけることが重要です。

このステップでは教科書やそれに相当する教材を使って、生物の基礎を身につけていきます。「生物がきらい!」「生物の知識が全然身についていない気がする」という人はまずはここから。

教科書理解

勉強法

定石理解

勉強法

Step02. 得点力アップのための勉強法

入試レベルの生物で高得点をとる!

さて、教科書レベルの基本事項をマスターしたら、典型的な問題を数多く解いていきましょう。生物でよく出る問題は限られていて、入試問題でもそうした問題の組み合わせで出題されます。まずはこうした典型問題に答えられるようになっていきましょう。

そうして典型問題が終わったら、記述式や計算、図表の読み取りなど応用問題にチャレンジしていきましょう!

問題演習

勉強法

センター対策

センター対策

ほかの科目の勉強法がわからないときは

ほかの科目の勉強法もチェック!