化学勉強法

このページでは、化学の勉強法記事についてまとめています。どの記事から読めばいいのか?どの順番に読めばいいのか?がわかります。

化学学習の全体像を知る!

化学を得意にしたい!

理系にとって受験では外せない科目といえば、理科ですね。中でも化学は、理系ならほとんどの人が学ぶ科目です。

化学は理論化学で問われる計算だけでなく、有機化学や無機化学では物質の名称や性質など、覚えることもたくさん。その大変さにあきらめがちな人もいるかもしれませんね。ですが、そんな複雑な化学も、成績が伸びる勉強の手順は意外と単純です。それがこちら

教科書理解→基本問題演習→入試問題演習

以下の記事では、この順番に沿って、勉強法を解説しています。さっそく記事を読んで、志望校に合格する物理の力をつけるべく、大きな一歩をふみ出しましょう!

Step01. 化学の基礎を固める勉強法

まずは知識を入れ、化学の基礎を学ぼう!

他の科目と同じく、やはり基礎を固めるなら教科書です。入試化学の問題を解く上では、やはり元素記号から有機化学の物質にいたるまで、基本知識をつけることが重要です。

このステップでは教科書やそれに相当する教材を使って、化学の基礎を身につけていきます。「化学がきらい!」「化学の知識が全然身についていない気がする」という人はまずはここから。

教科書理解

勉強法

定石理解

勉強法

化学基礎

化学基礎

おすすめ参考書

参考書

Step02. 得点力アップのための勉強法

入試レベルの化学で高得点をとる!

さて、教科書レベルの基本事項をマスターしたら、典型的な問題を数多く解いていきましょう。化学は問題のパターンが少ないので、1つの問題を繰り返し解くことがなにより重要です。王道の問題集を解いて、しっかり問題演習しましょう。

「知識は覚えたけど、問題になるといまひとつ……。」という人は、必見です。徹底した問題演習で、化学の入試問題で高得点をとれるほどの実戦力を磨きましょう。

問題演習

勉強法

おすすめ問題集

問題集

センター対策

センター対策

Step03. ポイントをおさえた単元ごとの勉強法

志望校合格のために、苦手な分野をつくらない。

化学は、理論化学・無機化学・有機化学の3つの分野に分けられます。どの分野もまんべんなく問われる大学がほとんどなので、どれも苦手にしないことが重要。そのためにも、分野ごとの勉強のコツやポイントをおさえましょう!

「計算問題でいつも足を引っ張る!」「構造決定の問題ができない!」など、特定の分野だけが弱い人はぜひ読んでくださいね。

理論化学

勉強法

有機化学勉強法

勉強法

無機化学勉強法

勉強法

レベル別カリキュラム

教科書からはじめて、センター、MARCH、早慶・国公立とレベルアップ。

化学の勉強の手順は決まっています。「どのレベルの人が」「何を」「いつ」「どのように」勉強すればいいか、圧倒的に詳しい勉強法を解説します。この手順にしたがってコツコツと積み上げていけば、あなたの物理の実力はぐんぐん上がっていきますよ。

参考書リスト

レベル0→2(基礎レベル)

レベル2→3(センターレベル)

レベル3→4(難関大レベル)

レベル4→5(最難関大レベル)

ほかの科目の勉強法がわからないときは

ほかの科目の勉強法もチェック!