世界史勉強法

このページでは、世界史の勉強法記事や、ステップ別のカリキュラム記事をまとめています。このページで紹介するステップに従って「おおまかな勉強法」を理解したら、カリキュラム記事を読んで、さっそく勉強をはじめましょう!

 世界史の全体像を知る!

受験世界史の鉄則は「全体像→細部」

受験世界史は、定期テストと違って「範囲指定がない」ため、時代ごとの特徴や時代をまたがる流れも理解する必要があります。逆に、それさえつかむことができれば、受験世界史でも効率よく得点をあげることができるのです。ということは、なによりも大事なのは「歴史の流れをつかむ」こと。

世界史の学習手順は「通史→単語暗記→演習」!

上の流れを見てください。このように、まず世界史の全体像をつかみ、そこに用語を関連づけて覚えていくことで、効率よく暗記ができるだけではなく、入試でよく問われるテーマ理解もかんたんになります!

この流れにそって、ここから実際に勉強法を紹介していきます。

Step.01 世界史の基礎・通史を完成させる勉強法

世界史の通史インプット

世界史は通史の理解が命!

 世界史ニガテの人がおちいりがちなのが、「単語は覚えているけど、どの時代のことか忘れた……」なんてこと。それは、「通史」が理解できていないから。世界史の流れである「通史」は、受験世界史のいわば骨組み。単語を覚えるよりなにより先に、通史の全体像把握→概略理解の順で取り組み、通史をマスターしましょう。ここでは、「どの国で」「どの王朝で」「何が起こった」など、教科書太字レベルの語句だけおさえていれば十分です。

概略理解

全体像把握

概略理解(通史の完成)

教科書について

おすすめ参考書

 Step.02 通史に単語を関連付けていく勉強法

単語を覚えていく作業

通史の骨組みに単語を肉付け。

 通史をひととおり完成させれば、世界史をマスターする骨組みはできあがり。次は、その骨組みの適切な場所に、重要語句を肉付けしていくステップです。通史の学習ではおさえられなかったけれど、重要度の高い用語もあります。一問一答の教材などを使って、用語をおさえていきましょう。

単語暗記

勉強法

用語集・資料集について

おすすめアプリ

文化史

勉強法

Step.03 基礎を得点につなげる演習勉強法

満点!

最後の仕上げ!志望校むけの対策。

通史も単語も覚えた!という人は、最後の総仕上げ。志望校によって、「選択式の問題」「単語を答える問題」「論述問題」など、出される問題が大きく異なります。あなたの志望校の出題形式に合わせて、必要な分野の演習を重ねていきましょう!志望校に合わせた演習をすることではじめて、合格が確実なものとなります。

志望校別演習

選択式・単語解答演習

論述演習

おすすめ問題集

世界史センター試験勉強法

傾向分析

レベル別カリキュラム

ステップごとのカリキュラム

受験世界史の「攻略本」!

これまで紹介した記事は、世界史の勉強法に関する「説明書」。ここから紹介するカリキュラム記事では、じっさいに「どの時期に」「どの参考書を」「どういうペースで」進めればいいのか?を解説します。いわば、受験世界史の「攻略本。」この記事さえ読めば成績があがる・志望校にちかづく!というレベルまでかみくだいて、ていねいに紹介しています。

通史完成

マンガ

「世界史が大のニガテ……」「通史がいつもぐちゃぐちゃになっちゃう……」というひとは、まずここから始めましょう!

通史全体像把握

通史概略理解・完成

単語暗記

穴埋めノート

「まだ通史に不安がある」という人は、穴埋めノートを使って通史の整理と単語暗記を並行して進めましょう!

一問一答

「通史はおおかた押さえた!」「難関次第を受験する」という人は、一問一答を繰り返し使って単語を定着させましょう。

演習

論述が志望校で出される場合は「単語演習」「論述演習」の両方、そうでない場合は「単語演習」のみ取り組みましょう。

単語演習

通史全体像把握

ほかの科目の勉強法がわからないときは

ほかの科目の勉強法もチェック!