古典勉強法~古文編~

このページでは、古典のなかでも「古文」について、勉強法記事をまとめています。このページで紹介するステップにそって勉強法を実践すれば、受験で古典をつかうひとならだれでも必要となる、受験古文の基礎が身に付きます!

 古文学習の全体像を知る!

五重塔の画像
受験古文は「現代語訳」がカギ!

受験古文で得点するためには、「初めて見た古文の問題を」「すばやく、正確に理解する」ことが必要になります。そのためには何よりもまず、「ひとつひとつの文がどういう意味なのか」をつかむことが不可欠です。つまり、現代語訳さえ完璧に・かつすばやくできれば、受験古文において怖いものはありません。そのためにも、英語と同じく、まずは「古文単語」「古文文法」をメインとした基礎の勉強から始めることがなにより大事。この基礎を完璧にしたら、読解の練習にはいっていくことになります。

苦手意識のある人も多い古文ですが、実はラクして点数をUPできる代表的な科目です。単語や文法をきちんと押さえてさえいれば、確実に得点に結びつけることができます。これから、ひとつひとつのステップごとに読んでほしい記事を紹介していきます!

Step.01 古文の基礎を固める勉強法

古文の基礎、どうやって勉強すればいいの?
英語と同じ!まずは「単語」「文法」から

古文の勉強で多くの人がかかえる悩みが、「単語を覚えられない……」「助動詞がわからない……」ということ。こんな状態でいきなり文章を読まされて、ニガテ意識が強い、なんてことも少なくありません。それもそのはず、単語や文法がわからないのに、文章の意味なんてわかるはずはありません。まずは、これから紹介する記事で単語や文法など、古文の「基礎の基礎」の勉強法を理解しましょう。

古文単語

勉強法

おすすめ単語帳

古典文法

勉強法総論

勉強法各論

文学史

※文学史は、出題される大学が限られています。必ず自分の志望校の過去問をチェックし、毎年必ず出題されているようなら、この記事を読んで対策してみましょう。

勉強法

Step.02 基礎を得点につなげる勉強法

わかった!
基礎さえできれば、読解は取れる!

 単語や文法を完璧にしたあなたに、もう怖いものはありません。冒頭でも書いた通り、古文の読解は、解釈を問うたり内容を問うたりと、正確な現代語訳さえできればとける問題がほとんど。志望校の過去問やほかの大学で実際に出題された問題を通して、品詞分解・現代語訳の訓練を繰り返すことが、上達のための王道です。これから紹介する勉強法記事や参考書・問題集を活用して、得点に結びつけましょう!

読解

勉強法

※古典マンガの記事では、マンガを通した頻出作品のストーリー理解・古文の時代背景や古典常識の理解を目指す勉強法を紹介しています。「基礎はわかったけどどうしても読めない!」「訳はできるけど理解できない!」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ参考書

おすすめ問題集

古文センター試験勉強法

 レベル別カリキュラム

手順に従って勉強を進めよう!

「勉強法はわかった!あとは勉強をするだけ!」とはいっても、「実際どの参考書を使えばいいの?」「どのくらい時間をかけたほうがいいの?」など悩みは尽きません。ここで紹介する「レベル別カリキュラム」では、手に入れた勉強法を実際にどのように使っていくか、ステップごとに解説しています。

わたしはどのカリキュラムからやればいい?チェックリスト

基本知識

古文常識

古文単語

古典文法

古文読解

ほかの科目の勉強法がわからないときは

ほかの科目の勉強法もチェック!