古文勉強法

古典敬語勉強法|敬語ができないのは致命的!点を落とさなくなる勉強法

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

敬語の勉強

敬語といえば、古文の勉強でも悩む人が多い分野。「敬語がたくさんありすぎて何が何だかわからない」、「敬意の対象がわからない」、そんな悩みがあるのではないでしょうか。今回の記事では、そんな悩める人に向けて、「敬語が何か」というところから「読解問題で敬語が理解できる」までの勉強法を紹介しています。

  • 紙画像
  • 案件
    敬語の勉強が分かりません。

赤神さん、学校で「敬語」を習ったんですが、覚えられる気もしないし、敬意の対象とかもさっぱり分かりません!!なんで敬語なんか覚えなくちゃいけないんですか!?ムキー!!
今日は「敬語」か。マルオ君、でも古典は「敬語」ができれば1/3はもう完成っていってもいい教科なんだ。
えっ、本当ですか!?
そうだ。古文では「単語」「助動詞」「敬語」のいずれか、または複数が絡む問題がよく出るんだ。選択式だろうが記述式だろうが、この3つがちゃんとできていれば、合格点は十分にとれる。
なるほど、だから敬語ができれば、1/3はクリアってことなんですね!じゃあ「敬語がちゃんとできる」ってどういうことなんですか?
マルオ君が最初に言ってくれた、「敬意の対象の把握」や「識別」といったことが初見の文章でできるようになることだ!
なるほど!じゃあ早速敬語の勉強法いってみましょう!
(なんかマルオくんに仕切られてるぞ…)

ペン画像戦略01
敬語にはどんな種類がある?

さて、これから敬語の勉強法について解説していきましょう。
まず敬語で重要なのは、

  • ①敬語を覚えること。
  • ②敬意の対象を見極めること。

の二つ。

覚えることと見極めることが重要だ!

この二つができるようになれば、敬語はまず大丈夫でしょう。
まずこの章では、①敬語を覚えることから解説していきましょう。

敬語には3つの種類があります。

  • 1)尊敬語
  • 2)謙譲語
  • 3)丁寧語

の3つです。

それぞれ、

尊敬語とは、「動作の主体へ敬意が向けられる敬語」 例)「おはす」、「たまふ」など

謙譲語とは、「動作の客体へ敬意が向けられる敬語」 例)「申す」、「奉る」など

丁寧語とは、「読み手(読者)または聞き手へ敬意が向けられる敬語」 例)「侍る」、「候ふ」

このような役割を持っています。

「~へ敬意が向けられる」とはどういうことでしょうか。

敬語は、それぞれ

「~から~への敬意」

というように、敬意を払う、払われる、の関係性があります。

尊敬語と謙譲語ではその関係性は、

というようになります。

例を見てみましょう。

・尊敬語の「のたまふ」
例)「源氏が惟光にのたまふ」
(訳:光源氏が惟光におっしゃる)

この「のたまふ」は、動作の主体である光源氏に敬意が向けられています。

・謙譲語の「申す」
例)「惟光が源氏に申す」
(訳:惟光が源氏に申し上げる)

この「申す」は、動作の客体である光源氏に敬意が向けられています。

尊敬語と謙譲語は、実際の登場人物達に、敬意が向けられていますね。

場面の中の人たちに敬意が向けられているんだね!

しかしもう一つの丁寧語は、「読み手(読者)」または「聞き手」に敬意が向けられています。

例を見てみましょう。

・丁寧語の「申す」
例)「北山になむ、なにがし寺といふところに、かしこき行なひ人はべる。」
(源氏物語・若紫) (訳:北山にある、何とかいう寺というところに、優秀な人がおります。)

この「はべる」は、発言者からこの発言の相手である「聞き手」に敬意が向けられています。

・丁寧語の「候ふ」
例)いどめでたく候ふ。
(訳:大変立派にございます。)

この「候ふ」は、筆者からこの文を読んでいる「読者」に対して敬意が向けられています。

「読者」や「聞き手」に敬意が向いているんだね

この記事でも、私は「~です」「~ます」といった口調で書いています。これは読者の皆さんに対して丁寧に喋ろうというつもりで書いているのです。

このように敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があり、それぞれ様々な単語があります。

しかし、実際にこれらの分類を知っただけでは意味がありません。
初見の問題で、しっかりと「敬意の対象は誰か?」ということを理解しなければなりません。

これらの知識を知っているだけでは問題は解けないぞ!

戦略2では、「敬語の問題」に対応するためのポイントを紹介していきます。

なるほど、敬語には3種類あって、それぞれ敬意の対象が違うんですね!
そうだ。実際の問題では、敬語の種類を判断して、「この発言をしているのは誰なのか?」「この発言・動作は誰に対して行っているのか?」ということを理解していく。
なんか難しそうですね。。。
>確かに敬語は受験生がつまずきやすいポイントの一つだ。しかし早慶の入試、センター試験でも敬語関連の問題は毎年出題されている。
それはやばいですね笑
次の戦略2では、具体的に敬語が絡む問題をどう解いていくのか?ということについて解説していくぞ!

ペン画像戦略02
敬語の単語を覚えただけでは意味はない!

戦略1では、敬語の種類について扱いました。
ただし「これは尊敬語、これは謙譲語..」というように敬語をただ覚えるだけでは、意味はありません。

実際の文章では、

・発言している人物から「誰に向けての敬語なのか?」を特定する

といったことや、逆に

・使われている敬語をもとに、「発言をしている人物」を特定する

などの作業が求められます。

敬語の対象や、発言者を特定していく!

ポイントは二つ。

①敬語の種類を見極める

②文脈を理解する

一つずつ解説していきましょう。

2-1.敬語の種類を見極める

まず敬語についての問題を解くには、敬語の種類を見極めることが必要です。

使われている敬語が「どの種類の敬語なのか?」を理解することで、
発言者や動作の対象者を知ることができるのです。

「おはす」「召す」などの基本的な敬語を覚えることは大前提ですが、

  • 「たまふ」のような尊敬語にも謙譲語にもなる敬語
  • 「奏す」、「啓す」など特定の人物に使われる敬語(「奏す」は天皇、上皇にのみ使われる謙譲語、「啓す」は皇后、皇太子にのみに使われる謙譲語)

など特殊な敬語にも注意しなければなりません。

特殊な敬語にも注意せよ!

2-2.文脈を理解する

尊敬語、謙譲語、丁寧語のうちどれなのかが分かれば、
次は実際に敬意の対象が誰に向いているのか、の判断をします。発言の主体や客体などをもとに判断をします。

先程挙げた「奏す」、「啓す」など特別な敬語なら判断はすぐできるのですが、普通はそうはいきません。問題文の話の内容、つまり文脈を理解してないと判断はできないわけです。

例文

「消息たびたび聞こえて、迎えに奉れ給へど、見返りだになし。」
(源氏物語 夕霧の巻)

以上の文章は、「手紙をたびたび差し上げて、迎えに参上させなさるが、お返事さえない」
という訳になります。これでは主語、目的語が分からないので、「誰が」「誰に」に向けて手紙を差し上げたり、迎えに参上させているのかを理解する必要があります。

この物語は、大将殿(夫)が別の女性に心を移したことに衝撃を受けた、三条殿(妻)が子供たちを連れて、実家に帰るというストーリーです。もしその物語の流れを理解していなかったら、「誰が」「誰に」を補うことはできません。

なぜなら、「大将殿(夫)」、「三条殿(妻)」のどちらの動作にも尊敬語が使われており、敬語の種類だけでは動作の主体や対象者などが分からないのです。

そのため、物語のストーリー=文脈を理解する必要があるのです。

文脈を理解せよ!

では文脈はいかに理解すればよいのでしょうか?

ズバリ、必要なことは

    Step1.古典単語・古典文法知識(敬語以外も含む)のインプット

    Step2.読解問題の演習

のふたつ。なぜ読解も必要なのかというと、

知識のインプットをするだけで、実際に読解問題を解かなければ、「文脈の把握」という流れはできないから。

しかし一方で、

やみくもに読解問題をやっていても、知識がなければほとんど不正解で自分が、どこが弱いのかが分かりません。

インプットも読解練習も必要だ!

戦略3ではこのStepについての勉強法を紹介します。

しっかり敬語の単語を覚えて、問題を解くことが大事なんですね。
その通りだ。実際敬語が苦手だと言っている受験生は、「敬語の単語をちゃんと覚えていない」、「問題演習量が少ない」のどちらかが圧倒的に少ない。
僕はどっちも少ないですね泣
….じゃあマルオくんは、しっかり次の説明を聞いてくれよ。
うぃっす。

ペン画像戦略03
敬語の問題が解けるようになる!勉強法

敬語の問題を解けるようになるには、敬語の知識をつけるのはもちろんですが、文脈を理解する力も必要なので、他の知識のインプットや問題演習が必要です。

この章では、

    Step1.古典単語・古典文法知識(敬語以外も含む)のインプット

    Step2.読解問題の演習

にわけて解説をしていきます。

お願いします!

3-1. Step1-古典単語・古典文法知識(敬語以外も含む)のインプット

敬語に関連する問題を解くには、敬語の知識がまず必要。

どんな敬語があるのか、その意味は何なのかということをまず知る必要があります。

さらに、文脈を読み解くためには、他の古典単語の知識も重要です。

ここでは、敬語の知識をどう入れるかに絞って説明していきます。

※他の文法知識は、下の記事を読んでください。

古典の文法の中で一番重要になってくるのが助動詞です。助動詞がわからないとなかなか古典が読めるようになりません。 しかし、助動詞は意味がいくつもあって複雑で、「どうやったら覚えられるの?」 ...... 続きを読む≫
古文助詞基本の勉強法
古文の助詞。この文法事項は、助動詞ほど目立たないけど意外に入試でよく問われる内容です。対策を怠ると思わぬ失点をくらってしまいます。けれど「助詞ってそもそもどんな時に使うの?」「助詞の何を覚えれ ...... 続きを読む≫

敬語の知識を入れるのにおススメなのはこの二つの教材。

古典文法ドリル(学研)|Amazon

助動詞の勉強法でも紹介した参考書。
構成としては、1単元ごとに

  • ①単元の詳しい説明
  • ②おさらい(例題の文の現代語訳など)
  • ②問題を解いて定着させる

という形になっています。5章が敬語のパートになっています。
青と白のレイアウトで、非常に見やすいです。

「基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル 改訂版(旺文社)」

「基礎からのジャンプアップノート 古典文法・演習ドリル 改訂版(旺文社)」

こちらも解説+問題で、知識を定着させやすい構成です。
自分に合いそうな方を選びましょう。

具体的なやり方

基本的に二つの教材どちらともやり方は変わりません。

(1)解説の部分を読む。

(2)問題を解く。

(3)間違えた問題を確認。

(4)解説で扱っている例文、及び間違えた問題の文を音読。
(特に例文は暗記するぐらいまで繰り返し読むこと)

至ってやることはシンプルです。
特にしっかりやってほしいのが(4)。

解説を読んで、すぐに問題を解けば正答率は当然高くなります。
その正答率を見て、「よーしもう大丈夫!」となってしまうとキケン

古典文法は、繰り返し見て覚えるのが鉄則。
その章で扱った内容をしっかり定着させましょう。

また古典文法は早めに習得したいもの。
どちらも問題量が多いわけではないので、1ヶ月で1周、2ヶ月目で間違った問題を中心に2,3周目ができるといいでしょう。

あれ、Step1は助詞の勉強法(リンク)と同じですね。
その通り。“古典文法のインプット勉強”、ということで基本的にやることは変わらない。
じゃあStep2も同じ内容ですか?
いや助詞とはちょっと違ってより「読解」を重視したものになっている。なぜかというと、文章の内容(ストーリーや登場人物)を理解してくことが、敬意の方向の把握に重要だからだ。
さっきの「文脈で理解する」という話ですか?
その通りだ。そして文脈の把握を練習するには、実際の読解問題を解くのが一番だ。Step2では、そのための読解問題の勉強法解説をしていくぞ!

3-2. Step2-読解問題の演習

敬語は文章の内容を理解することによる判断も非常に重要なので、読解問題の演習が重要です。

なので、

  • 演習問題を利用した敬語知識のアウトプット
  • 読解問題を通して敬語を読み解くのに慣れること

この2つの演習が必要になります。

ここでは、
①敬語知識をアウトプットする用の教材
②文章の中で敬語を読み解くのになれるための教材

を紹介します。

まずは、①敬語知識をアウトプットする用の教材です。

「基礎から学べる入試古典文法」

解説が詳しく載っている問題集です。Step1で身に着けた敬語の知識をアウトプットして、定着させましょう。

具体的なやり方

(1)問題を解く。

(2)間違えた問題の解説を読む。

(3)間違えた問題の音読。

こちらは助詞と同じくこの参考書がおすすめです。解き終わったら、「荻野文子の 新修 古典文法」などの辞書的な文法解説書を使って、知識を補強しましょう。

(1)~(3)の手順で繰り返し解いて、間違える問題がゼロになったら、②文章の中で敬語を読み解くのになれるための教材へ進みます。

文章の内容を理解する演習は、実際に読解問題を解いていくのが一番。

ここでは、そのためのおススメの教材を紹介します。

「マーク式基礎問題集 古文 -五訂版-(河合塾)」

シンプルなマーク問題集。敬語が絡む、もしくは使われている問題が数多く、収録されているのでおススメ。

「古文上達 基礎編 読解と演習45(Z会)」

記述や選択式などいろいろな問題が収録されている。まずは基礎編を行い、その後、「古文上達 読解と演習56」をやるのがおすすめです。

具体的なやり方

1)問題を解く。(書き込まずにコピーをとること)

2)答え合わせをする。何が原因で間違ったのかを分析。

3)敬語については、「誰から誰への敬意」なのかを全て確認。

4)全文音読。

注意点としては、

古文は一度解くと、どうしても頭に訳が残ってしまうということ。

なので知識がない状態で演習を行ってしまうと、読解の機会としても使えませんし、問題を解く意味がなくなってしまいます。

必ず、上記のStep1とStep2の①が終わってから取り組み、しっかりと自分の文法知識が使えるのかを確認しましょう。

やらなければならないことは分かったかな?
はい、まずは敬語の知識を入れる、次に知識のアウトプット、最後に読解練習ですね!
バッチリだ!敬語はかなり慣れが必要な分野なので、今いってくれた勉強をしないと、本番で失敗をしてしまう。
ううっ!
そうならないためにも今回教えたことをしっかりやってくれよ!
はい!

ペン画像
まとめ

最後に今日やったことをまとめましょう。

①敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語がある。「誰から誰へ敬意が払われているのか」をりかいすることが 重要。

②敬語を身に着けるには、インプット・アウトプット/読解が必要!

特に戦略3で紹介した内容をしっかり実践して周りの受験生に差をつけましょう!
line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加