古文勉強法


古典敬語勉強法|敬語ができないのは致命的!点を落とさなくなる勉強法

敬語といえば、古文の勉強でも悩む人が多い分野。「敬語がたくさんありすぎて何が何だかわからない」、「敬意の対象がわからない」、そんな悩みはありませんか?

今回の記事では、そんな悩める人に向けて、「敬語が何か」というところから「読解問題で敬語が理解できる」までの勉強法を紹介しています。

赤神さん、学校で「敬語」を習ったんですが、覚えられる気がしません!!なんで敬語なんか覚えなくちゃいけないんですか!?
マルオ君、実は古典は「敬語」ができれば1/3はもう完成っていってもいい教科なんだ。古文では「単語」「助動詞」「敬語」の3つがちゃんとできていれば、合格点は十分にとれるぞ。
なるほど、だから敬語ができれば、1/3はクリアってことなんですね!じゃあ「敬語がちゃんとできる」ってどういうことなんですか?
マルオ君が最初に言ってくれた、「敬意の対象の把握」や「識別」といったことが初見の文章でできるようになることだ!今日はそのための勉強法を教えるぞ!

古文の敬語にはどんな種類がある?

敬語には3つの種類があります。

  • 1)尊敬語
  • 2)謙譲語
  • 3)丁寧語

の3つです。

それぞれ、

尊敬語とは、「動作の主体へ敬意が払われる敬語」 例)「おはす」、「たまふ」など

謙譲語とは、「動作の客体へ敬意が払われる敬語」 例)「申す」、「奉る」など

丁寧語とは、「読み手(読者)または聞き手へ敬意が払われる敬語」 例)「侍る」、「候ふ」

このような役割を持っています。

「~へ敬意が払われる」とはどういうことですか?

敬語は、それぞれ

「~から~への敬意」

というように、敬意を払う、払われる、の関係性があります。

尊敬語の場合は「書き手(話し手)→動作をする人」に敬意が払われ、謙譲語の場合は「書き手(話し手)→動作の対象の人」に敬意が払われるという関係です。

例を見てみましょう。

・尊敬語の「のたまふ」
例)「源氏が惟光にのたまふ」
(訳:光源氏が惟光におっしゃる)

この「のたまふ」は、「のたまふ」という動作をした光源氏に敬意が向けられています。

・謙譲語の「申す」
例)「惟光が源氏に申す」
(訳:惟光が源氏に申し上げる)

この「申す」は、惟光の「申す」という動作の対象である光源氏に敬意が向けられています。

このように尊敬語と謙譲語は、物語の実際の登場人物達に、敬意が向けられています。

しかしもう一つの丁寧語は尊敬語・謙譲語と違って、「読み手(読者)」または「聞き手」に敬意が向けられます。

例を見てみましょう。

・丁寧語の「申す」
例)「北山になむ、なにがし寺といふところに、かしこき行なひ人はべる。」
(源氏物語・若紫) (訳:北山にある、何とかいう寺というところに、優秀な人がおります。)

この「はべる」は、「発言者」からこの発言の相手である「聞き手」に敬意が向けられています。

・丁寧語の「候ふ」
例)いどめでたく候ふ。
(訳:大変立派にございます。)

この「候ふ」は、「筆者」からこの文を読んでいる「読者」に対して敬意が向けられています。

「読者」や「聞き手」に敬意が向いているんだね

 

この記事でも、私は「~です」「~ます」といった口調で書いています。これは読者の皆さんに対して丁寧に喋ろうというつもりで書いているのです。

このように敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があり、それぞれ敬意が払われる対象が異なるという特徴があります。

初見の問題で、しっかりと「敬意の対象は誰か?」ということを理解しなければなりません。

続いては「敬語の種類」「この発言をしているのは誰なのか?」「この発言・動作は誰に対して行っているのか?」を判断できるようになる方法を紹介します。

敬語は覚えただけでは意味がない!敬語の種類と対象の判断方法

「これは尊敬語、これは謙譲語..」というように敬語をただ覚えるだけでは、意味はありません。

実際の文章では、

・発言している人物から「誰に向けての敬語なのか?」を特定する

といったことや、逆に

・使われている敬語をもとに、「発言をしている人物」を特定する

などの作業が求められます。

ポイントはこの二つ。

①敬語の種類を見極める

②敬語が使われている文脈を理解する

一つずつ解説していきましょう。

敬語の種類を見極める

まず敬語についての問題を解くには、敬語の種類を見極めることが必要です。

使われている敬語が「どの種類の敬語なのか?」を理解することで、
発言者や動作の対象者を知ることができます。

「おはす」「召す」などの基本的な敬語を覚えることは大前提ですが、

  • 「奉る」のような尊敬語にも謙譲語にもなる敬語
  • 「奏す」、「啓す」など特定の人物に使われる敬語(「奏す」は天皇、上皇にのみ使われる謙譲語、「啓す」は皇后、皇太子にのみに使われる謙譲語)

など特殊な敬語にも注意しなければなりません。以下に主要敬語の一覧表を載せたので参考にしてみてください。
"仕ふ  す" 呼ぶ 受く 与ふ "食ふ 飲む" 乗る 着る 寝 思ふ 見る 聞く 言ふ "行く 来" "あり をり" 普通語 召す "たまふ たぶ つかはす" "召す 奉る 参る 聞こしめす" 召す 奉る 召す 奉る 参る 大殿ごもる おぼす おぼしめす 御覧ず(サ変) 聞こしめす "仰す(下2) のたまふ" "おはす(サ変) おはします" "おはす(サ変) おはします います いますがり(ラ変)" 尊敬語 仕まつる 賜る "奉る 参る 参らす(下2)" うけたまはる "聞こゆ(下2) 聞こえさす(下2) 申す 奏す(サ変) 啓す(サ変)" 参る まかる "はべり(ラ変) さぶらふ" 謙譲語 "はべり(ラ変) さぶらふ" 丁寧語

2-2.文脈を理解する

尊敬語、謙譲語、丁寧語のうちどれなのかが分かれば、次は実際に敬意の対象が誰に向いているのか、の判断をします。

先程挙げた「奏す」、「啓す」など特別な敬語なら判断はすぐできるのですが、普通はそうはいきません。問題文の話の内容、つまり文脈を理解してないと判断はできないわけです。

以下の例文を見てみましょう。

「消息たびたび聞こえて、迎えに奉れ給へど、見返りだになし。」
(源氏物語 夕霧の巻)

上の文章は、「手紙をたびたび差し上げて、迎えに参上させなさるが、お返事さえない」

という訳になります。これでは主語、目的語が分からないので、「誰が」「誰に」に向けて手紙を差し上げたり、迎えに参上させているのかを理解する必要があります。

この物語は、大将殿(夫)が別の女性に心を移したことに衝撃を受けた、三条殿(妻)が子供たちを連れて、実家に帰るというストーリーです。もしその物語の流れを理解していなかったら、「誰が」「誰に」を補うことはできません。

なぜなら、「大将殿(夫)」、「三条殿(妻)」のどちらの動作にも尊敬語が使われており、敬語の種類だけでは動作の主体や対象者などが分からないのです。

そのため、物語のストーリー=文脈を理解する必要があるのです。

では文脈はいかに理解すればよいのでしょうか?

ズバリ、必要なことは

Step1.古典単語・古典文法知識(敬語以外も含む)のインプット

Step2.読解問題の演習

のふたつ。なぜ読解も必要なのかというと、

知識のインプットをするだけで、実際に読解問題を解かなければ、「文脈の把握」という流れはできないから。

しかし一方で、

やみくもに読解問題をやっていても、知識がなければほとんど不正解で自分が、どこが弱いのかが分かりません。

しっかり敬語や文法などの知識を覚えてから、問題を解くことが大事なんですね。
その通りだ。以下の記事を参考に知識のインプットと読解演習を行ってくれ!

知識のインプット

読解演習

古文の敬語を覚えるのにオススメの参考書

ここからは敬語の知識をインプットするのにオススメの参考書をご紹介します。

古文敬語のオススメ参考書:古典文法基礎ドリル

Amazonで詳細を見る

この参考書は構成としては、1単元ごとに

  • ①単元の詳しい説明
  • ②おさらい(例題の文の現代語訳など)
  • ②問題を解いて定着させる

という形になっていて、敬語以外の文法知識も一緒に勉強することができます。レイアウトが分かりやすく非常に見やすい参考書です。

この参考書の具体的な使い方はこの記事をチェックしてみてください。

まとめ

最後に今日やったことをまとめましょう。

①敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語がある。「誰から誰へ敬意が払われているのか」をりかいすることが 重要。

②敬語を身に着けるには、敬語や単語といった知識のインプットと読解演習が必要!

敬語の知識を身につければ、古文が一気に読めるようになるから頑張ろう!

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!