世界史勉強法

世界史用語集|世界史が得意になる!世界史用語集の使い方

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

「用語集を使うように!」と先生から言われて、使っている人いますよね?でも、その用語集、「正しく」使えていますか?用語集を間違って使っている受験生は多いです。間違ったまま使ってしまうと、大変勉強時間を無駄にしてしまいます。この記事では、用語集を正しく使って、世界史を得意にするための「用語集の使い方」を紹介。これを読んで、無駄なく用語集を使いこなしましょう!

世界史を得意にするための用語集の使い方がわかります。

  • 紙画像
  • 案件
    用語集ってどうやって使えばいいんですか?

バフマン朝、マーチャーシュ1世……。
マルオ君、何ブツブツ言ってるんだ?
フッフッフ……赤神さん!知らないんですか、「バフマン朝」はイスラーム王朝、「マーチャーシュ1世(在1458~90)」はハンガリーの王様です!用語集にちゃんと載っていますよ!!(載っている教科書の数はどちらも1種類だけど)
マルオ君、まさか用語集に書いてある単語を全部覚えようとしているのか??
当たり前じゃないですか!ましてや僕が目指しているのは早稲田大学ですよ!全部覚えないと!!

※早慶などの難関私大は、教科書に載っていないような単語を出題してくる場合がある。

マルオ君、それは大きな勘違いだ。こんなことしちゃっていないか??これらは全部「やってはいけない勉強法」だ。
  • 用語集に載っている単語を全て覚えようとしている。
  • 用語集を単語帳代わりに使用している。
  • 用語集を使っていない。
ゲッ、そうなんですか!?
そうなんだ。用語集は間違った使い方をしている人が結構多い。間違ってしまうと、「時間を無駄にする」「本番で得点できない」といった事態になってしまうんだ。
ええ!?勉強しているのに!?
そうなんだ。というわけで今回は「正しい用語集の使い方」を解説していくぞ。
おねがいしま~す。

ペン画像戦略01
用語集って何?用語集って必要?

今回は用語集の解説です。世界史の用語集は、こういったものがあります。

ぼくは山川出版のやつを使ってます!

世界史の用語集の基本的な構成は、下の図のようになっています。

用語集の基本構成

単語が羅列されていてなんだか気がめいりそう……。

こんな印象をもつ人もいるかもしれません。それでも用語集が使うよう勧められているのは、この二つの理由があるからです。

①頻出度が分かるから

用語の隣には数字が書かれています。これは「この単語が何種類の教科書に載っているか」を示しています。この数字が高ければ高いほど、大学受験の世界史においては重要な単語となります。もちろん、入試で問われることが多いのも、この数字が高い単語ですつまり、用語集は重要単語を教えてくれるわけです。

数字が大きいほどよく出題されるんだね!

②用語の解説が載っているから

単語の詳しい解説は、「なんでこの戦争が起こったのか?」「この制度って具体的にどんな内容だったの?」といったことを説明してくれています。授業の説明や、問題集の解説でよく分からなかった内容を理解するのにピッタリです。

用語集は重要な単語と詳しい解説を教えてくれる!

しかしいざ用語集を使おうとすると、

「どうやって使えばいいの?」

「頻出数字のいくつぐらいまで覚えないといけないの?」

といった悩みが出てくると思います。次の章では、「用語集の正しい使い方」を解説していきます。

ペン画像戦略02
この使い方はNG!やってはいけない用語集の使い方

マルオ君は用語集をどんなふうに使っているんだ?
こんな感じで使ってます。

【マルオの用語集の使い方】

  • 用語集の重要そうな説明に蛍光ペンで線を引きまくる。
  • 用語集で暗記を行う。(一問一答などは使わない)
  • 用語集に載っている単語を全て覚えようとしている。
マルオ君、残念ながらこれらは全て「やってはいけない用語集の使い方」だ!
(ダシにされた……)赤神さん、なんでこの使い方がダメなんですか?
結論から言うと、「効率が悪い」「覚えにくい」「目的を間違っている」こんな感じだな。詳しく説明していくぞ。

1-1.正しい用語集の使い方

これから正しい用語集の使い方を説明していきます。まず、用語集は世界史の「辞書」として使いましょう

「辞書として」ってどういうこと??

たとえば、英語の授業で分からない単語があれば、英和辞典で意味を調べますよね?

それと同じように世界史でも「この法律ってどういう内容なのかな?」「この戦争ってどんな内容だったのかな?」というような疑問を解決するのが、「用語集」です。

意味、内容が分からない、内容をもっと知りたい用語が出てきた➡用語集で確認

注意点として、「用語集で暗記しようとしない」ことが大切です。

えっ、世界史って暗記しちゃだめなの?
あくまで「用語集で」暗記してはいけないというだけだ。

用語集で暗記しようとしてはいけない理由は2つあります。

① 用語集は「覚える作業」に向いていない。

用語集は、そもそも暗記する作業に向いている教材ではありません。

なにっ!

問題形式でもなければ(一部例外はあります)、書き込み式でもないので、暗記するという目的には向いていないのです。

英語で文法事項をマスターするなら、

  • ① 文法事項を理解する
  • ② 文法問題集で知識を定着させる
  • ③ 長文や英作文で文法事項を使えるようになる

この流れになります。これを世界史に置き換えてみましょう。

たとえば「オリエント史」をマスターするなら、

  • ① 教科書、用語集、資料集でオリエント史の内容を理解する
  • ② 一問一答などで「アケメネス朝」などの単語の知識を定着させる
  • ③ 論述問題などで知識を使えるようになる

こういった流れになります。

用語集は、暗記のための教材ではなくて、「理解する」部分で使うんだね!

その通りです。あくまで用語集は、教科書などでは理解しきれなかった部分を、補うための補助教材なのです。(ここでの「理解する」の意味は、どんな出来事がなんで起こったか、といった大まかな歴史の流れを知ることを指します。)

決して、暗記のための教材ではありません。蛍光ペンなどで線を引いている人は要注意!線を引いて覚えた気になってしまいがちです。

覚えた気になってしまうのはキケンだ!

必ず「知識を定着させる」勉強は、一問一答などの教材を使いましょう。以下の記事も参考にしてください。

世界史 単語暗記カリキュラム 一問一答編(山川一問一答)

② 情報を分散させない

また、暗記が重要になる科目は、「情報の場所を一つの場所にまとめること」が大事。

試験中に、

「あっ、この問題、用語集で覚えたような…でもノートばかり見ていたから覚えてない!」

こんなことになってはいませんか?世界史はただでさえ暗記量が多い科目です。試験中はたえずその知識を頭から引っ張りだしていく必要があります。

そのため、情報はできるだけ、一つの場所にまとめてシンプルに覚えた方がいいのです。

あまりにも多くの教材を使ったり、色々な教材に蛍光ペンで線を引っ張って暗記したりしてしまうとかえって混乱してしまいます。

いろんな教材で暗記しようとするとかえって覚えられない!

用語集の記述内容を覚えたいなら、普段使っているノートなどにその記述をメモするようにしましょう。

1-2. 用語集はどこまで覚えればいい?

用語集で一番多い悩みはこの問題でしょう。

「早慶に受かるなら①(用語の隣にある数字)まで覚えないといけない」

「赤字の用語だけ覚えてれば十分」

などと、巷ではとやかく言われていますが、一つだけ言えるのは、

「全部の単語を覚える必要はまったくない」

ということ。

じゃあどれくらい覚えればいいんですか?
残念ながら、場合によるとしか言えない。

さきほども述べた通り、用語集は、「よくわからない単語」を調べるためのもの。

用語集に載っているからといって、その単語を覚えるべき理由にはならないのです。

教科書や問題集に出てきた時に、その単語を「覚えるべき単語」としてみなしましょう。

数字が④や⑤でも、よく出題されるような単語はしっかり覚えるべきですし、①や②の単語はまず覚えなくていいでしょう。

確かに、早慶の入試問題では、①や②の単語は出ることはあります。

しかし、そのような問題はみんなできないので、差がつくことはありません実際に差がつくのは、④や⑤の単語についての深い理解を必要とする問題なのです。

用語集に載っているからといって、すべてを覚える必要はないんですね!
そうだ!難しい単語を覚えたところで差はつかないぞ!

あくまで用語集は、「意味を調べるための教材」として使いましょう。

ペン画像戦略03
おすすめの用語集は?

いやあ、ぼくってかなり間違った使い方をしていたんですね。反省します。
そうだな。間違った用語集の使い方は、「暗記できない」「時間を無駄にする」とデメリットが盛りだくさんだ。「あくまで「辞書」として」使うように。
はーい。でも画面の向こうにいる子は、「どの用語集を使えばいいのかな?」と思っている人もいるんじゃないでしょうか。
画面の向こう……?何を言ってるんだ、マルオ君。まあ、確かに用語集はたくさん種類があるな。簡単にそれぞれの特徴を紹介して、今回の解説を終わりにしよう。

世界史用語集(山川出版社)

世界史用語集(山川出版社)|Amazon

言わずと知れた用語集の鉄板。教科書順に単語が掲載されています。解説も充実しているのでとりあえずこれを買っておけば、大丈夫でしょう。

【こんな人におすすめ】

・はずれを避けたい!

・鉄板のものがほしい!

世界史用語集ちゃーと&わーど(駿台文庫)

世界史用語集ちゃーと&わーど(駿台文庫)|Amazon

この用語集の特徴は、図表が充実していること。各時代の流れを整理した表や、地図が載っています。その代わり収録語数は少なめです。

【こんな人におすすめ】

・単語と一緒に歴史の流れも理解しておきたい!

・地図もちゃんと頭に入れておきたい!!

必携世界史用語(実教出版)

必携世界史用語(実教出版)|Amazon

この用語集は収録語数が7700と多いです。(山川のものが5600)またセンター試験の頻出度の目印があり、センター試験のみで世界史を使うという人にもおすすめです。ただ収録語数が多い分、気がめいってしまうかもしれないので注意しましょう。

【こんな人におすすめ】

・センター試験だけ世界史を使う人

・慶応義塾大学法学部などの超マニアックな問題を出してくる大学を受ける人

自分にあった用語集を選ぼう!

まとめ

最後に今回の記事で学んだことを復習しましょう。

  • 用語集は辞書的役割で使おう。
  • 用語集で暗記しようとしないこと
  • 用語集に載っているからといってすべての単語を覚える必要はない。

用語集を正しく使って世界史の成績UP、そして得意にしてしまおう!
line@

イベント情報をLINEで先取り!

友だち追加

今回のイベントは参加できない……だけど今後日程があればぜひ参加したい!


そんなあなたのために、LINE@でイベント情報を先行公開しています!


サイト公開の1週間前から、先行申し込みが可能となります!人数限定のイベントでも、参加しやすくなります!


ほかのコンテンツも配信中!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!


登録はこちら!


友だち追加