生物勉強法

【生物・生物基礎】完全版勉強法!点数が取れる勉強法を伝授!

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

合格力判定レポート

「生物の勉強、何から始めればいいのかわからない……」ほかの理系科目ともちょっと違う、生物の勉強法に悩んでいる人も多いことでしょう。生物って暗記なの?どうやって勉強すればいいの?そんな生物の勉強法をイチからお伝えします。

  • 紙画像
  • 案件
    生物の勉強法を教えてください。

さきさき笑う表情
ミドリムシ~ミドリムシ~あ~
……?
さきさき笑う表情
ミドリムシになりたいの~(^_-)-☆
……
さきさき喜ぶ表情
……あれ、とおるくん!いるなら言ってよ~(^_-)-☆
いや、うん、「とおるくん」はやめろ?大丈夫か?
さきさき喜ぶ表情
もう、生物わかんなすぎてミドリムシになっちゃう~(^_-)-☆
……?

さきさきのように、生物の勉強で悩んでいる人は多いはず!あなたもこんな不安、ありませんか?

  • 生物の授業、ぶっちゃけ寝てる……
  • 生物、苦手すぎてつらい。
  • 学校のテストで点が取れない……
  • 生物で入試を受けるんだけど、なにもわからない……
  • 生物の勉強をしたいけど、なにをすればいいのかわからない……
さきさきやる気
そうそう!そういうことが言いたかったの(^_-)-☆
今日は顔文字多いな。ぜんぜんわからないぞ。

こんな不安を解消するためには、これから紹介する勉強法で進めていく必要があります。

さきさき泣く表情
でも、生物もなんだけど、英語や数学とかもまだまだやばくて~(´・ω・`)
英語や数学にまだ不安を感じている人や、まだ高校1年生、2年生前半だという人は、英語・数学を優先して進めていこう!生物をやりすぎないように注意だ!
さきさき笑う表情
おっけー(^_-)-☆
……さっそく始めていこう!

まずは全体像から!生物勉強法

まず、生物を勉強するときの大原則を押さえてほしい。
さきさき慌てる表情
だいげんそく?だいちょうきん?
大原則だ。さきさきも、この大原則が押さえられていないかもしれないぞ。
さきさき慌てる表情
そんなあ!

生物の勉強は、「必ず」このステップで進めていきましょう。

さきさき通常の顔
みたことある!
たしかに、いままでほかの科目でも似たような流れを扱ってきたな。大原則は同じだ!

それだけ、何事も基礎からはじめていくことがとても大事なんです。生物はほかの物理や数学などの理系科目と比べても暗記分野が多く、そのぶん「それぞれの単語を覚える」だけでなく、「それぞれの単語がどうつながっているのか」「どういう仕組みになっているのか」が理解できていないと、入試本番で得点に結びつけることが難しくなります。

さきさき慌てる表情
ひい~!
しかも、それぞれの分野の関連性が低いから、どの分野の単語なのか?わかっていないととても大変だ!だからこそ、基礎からきちんと積み上げていくことがとても大事なんだ!

生物教科書理解

これは言うまでもなく、教科書レベルの知識を理解していくことです。

学校の授業やスタディサプリを使って、教科書レベルの知識を理解していこう!
さきさき喜ぶ表情
単語をおぼえればいいのね!
いや、というより、単語の意味しくみを理解することを最優先にしよう!

たとえば、「ミトコンドリア!」「インスリン!」などを覚えようとするのではなく、「呼吸をする仕組みは?」「酵素ってなに?インスリンってどういう働き?」ということに気をつけましょう。「ミトコンドリア」「インスリン」などの単語それぞれは、問題を解いていく中で覚えることができますが、それぞれの仕組みはなかなかおぼえられません。逆にはじめに仕組みを覚えておけば、知識を紐づけながら覚えることができるので、単語も覚えやすくなります

詳しくはこちらの記事を参考にしてくれ!
生物の勉強の基本は「教科書理解」!この記事では、そんな「教科書理解」について、詳しいやり方を紹介。続きを読む≫

生物基本問題演習

さきさき通常の顔
授業受けたからけっこう解けるんじゃない?

という考え方は、はっきりいって、

甘い!甘すぎる!

授業はあくまで「聞く」だけで、実際に問題を解けるようにはならないんですね。

さきさき慌てる表情
そんなあ!
そのかわり、授業では基本的な考え方をきちんと身につけているから、そのあときちんと勉強をしていけば点数が取れるようになるぞ!
さきさき喜ぶ表情
ほんと!?

そのためのファーストステップが、この「基本問題演習」。学校配布の問題集や「基礎問題精講」「重要問題集」などで、実際の問題に取り組みながら覚えていることを確認していきます。

この「問題演習」を通してはじめて、得点に結びついてくるんだ!

詳しくは、こちらの記事を参照してください。

受験生物の基礎がわかった!ひととおり教科書を見た!そんなあなたはさっそく定石理解!定石をふまえた問題演習を行うことで、センターから2次試験までに対応できる得点力が身につきます!さっそくこの記事を読んでトライ!続きを読む≫

生物入試問題演習

さきさき怒る表情
入試問題演習ってことは、さっきのより難しいの???????やだ!!!!!!
落ち着け。

さきさきの言う通り、さらに入試に近い問題を解いていきます。ここまでたどり着いたら、入試問題レベルにも太刀打ちできる学力がついてきます。

教科書の知識をつけるだけでは、過去問では点数が取れません。この記事では、本番で実力を最大限発揮できる「入試問題演習」のコツをお伝えします。これさえできれば、あなたも受験生物では怖いものなし!続きを読む≫
このあと、志望校の過去問を解いて問題形式に慣れていけばOKだ。
さきさきやる気
がんばる!

生物の勉強はこう進める!学習の手順

あなたのレベルにあわせて、どのレベルから進めばいいのか?がわかります!各レベルについているチェックリストを参考にしてください!

さきさき喜ぶ表情
よーし、がんばる~(^_-)-☆
ちょっとまった、ひとつ説明し忘れていたぞ。
さきさき泣く表情
えーせっかくやるきになってたのに~(´・ω・`)
これから紹介するカリキュラムは、「インプット」と「アウトプット」にわかれているぞ。各レベルで必ず「インプット」→「アウトプット」の順で進めてくれ。
さきさき通常の顔
いんぷっと?あうとぷっと?
難しく考える必要はない!さっきも「初めに仕組みを理解しろ!」といっただろう?
さきさき通常の顔
うん(´・ω・`)
インプットが「仕組みを理解する」、アウトプットが「それを得点化する」だと考えてくれ!

レベル1~3(教科書理解・基本問題演習)

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 学校のテストで半分くらいしか取れない!
  • 学校の授業についていけない!
  • 生物の苦手意識が大きい!
  • 生物の基礎が不安……
1から3は同じ参考書・教材を使うぞ!ここでしっかり生物の基礎を叩き込むんだ!

勉強法の手順

さきさき慌てる表情
どうやればいいの?

このレベルでは、映像授業や入門書を通して、教科書レベルの基礎知識を手に入れ、それを実際に身につけるところまで進むことができます。そのために大切なことは、

単元ごとに理解を進める!
わかるまで解説を聞くor読む!
問題を解くときは、わからない問題に時間をかけすぎない!

の3つ!

生物や生物基礎は、単元ごと(遺伝・器官など)のつながりがほかの科目ほど強くなく、忘れやすいんだ。だから、ある単元でわからないことがあれば、わかるまで解説を読んだり聞いたりして、その単元の学習をする中で理解してしまおう!
さきさき慌てる表情
それはわかるけど、どうして時間をかけすぎたらだめなの?
わからない問題は、その問題を解くための知識が身についていない問題なんだ!演習をするときは、精一杯答えを絞り出すよりも、10分くらいで潔く答えを見て、解答を完璧に理解することのほうが重要!
さきさき笑う表情
なるほどね!

もっと詳しい勉強法については、以下のリンクを参考にしてみてください!どのくらいの時間をかけて、どういったステップでやっていくのか?すべてわかります!

インプット
生物の教科書理解の勉強法を紹介。この記事を読むことで、問題演習をするための基礎が確立し、入試対策もスムーズに行えます。これから生物の勉強を始める人必見。続きを読む≫
アウトプット
この記事では生物の得点がのびない...という人向けに、問題集とその使い方を解説します。問題を解くときのコツをつかんで、生物を得意にしましょう。続きを読む≫

レベル4(基本~入試問題演習)

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 学校のテストは余裕!
  • 模試やセンター試験で8割以上を目指したい!
  • 生物を入試レベルまでもっていきたい!

ここからは、入試レベルにだんだんと近づいていく演習をすすめていきます。

勉強法の手順

ここでポイントになるのはこれだ!
まずは自力で問題を解く!
わかるまで解説を聞くor読む!
問題を解くときは、わからない問題に時間をかけすぎない!

の3つ。

さきさき通常の顔
あれ?さっきと似てる~(´・ω・`)
そう!生物の勉強は、どのレベルにおいても基本的に「インプット→アウトプット」の繰り返しだ。

それぞれのレベルで、「知識を身につける」→「実際に解いてみる」を繰り返していくことで、着実に成長していくことができます。

もちろん、ポイントは押さえながら勉強することが大事だ!くわしくはこのカリキュラム記事を見てくれ!
インプット
生物の教科書理解の勉強法を紹介。この記事を読むことで、問題演習をするための基礎が確立し、入試対策もスムーズに行えます。これから生物の勉強を始める人必見。続きを読む≫
インプットは引き続きスタディサプリを使うぞ!
アウトプット
今回は「重要問題集」の使い方を紹介。「典型問題なら解けるけど、応用問題だと解けない」という悩みをお持ちの方にぴったり。この参考書をやればもう怖いものなし!続きを読む≫

レベル5(入試問題演習)

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 生物で差をつけたい!
  • 旧帝大などの超難関国公立や、私大医学部を目指している!

生物の中でも、最難関レベル。上のチェックリストにあてはまる人は取り組みましょう。

逆にこのレベルは、全員取り組むものでもないぞ!センター試験や一般私大・国公立を受験する人は、レベル4までで十分だ!ほかの科目とのバランスも考えながら取り組んでくれ!

勉強法の手順

ここでポイントになるのはこれだ!
まずは自力で問題を解く!
わかるまで解説を聞くor読む!
問題を解くときは、わからない問題に時間をかけすぎない!

の3つ。

さきさき通常の顔
おなじじゃーん(´・ω・`)
いうまでもないな。詳しい内容はこっちだ。
インプット
インプットは引き続きスタディサプリで、レベルが高いものを使うぞ!
アウトプット
国公立などの難関大学は、どの科目でも最高レベルが求められます。そんな大学を生物で受験するあなたは、このカリキュラムを突破しよう!続きを読む≫

生物・生物基礎センター試験のいろは

さきさきやる気
よし、がんばれそう!
それはよかった。最後に、センター試験についても触れておこう。
呼びましたか?
マルオもセンター試験、生物基礎を受けるんだったな。
そうですね。
じゃあ、聞いておいてくれ。
はい。

センター試験!特別な対策をしないといけないんじゃないのかな……と思うかもしれませんが、実はやるべきことは前のコーナーで紹介したこととほぼ同じ。センター試験の2か月くらい前までは、基礎や2次試験の対策に力を入れましょう。

国公立受験を考えている人は、センター試験の対策が必要だ!
私立志望はどうすればいいんですか?
センター利用受験をするかによっても変わってくるが、国公立の人ほどする必要はない!まったく入試で使わないのであれば、特別な対策をしなくても大丈夫だ!

センター試験対策でのポイントは2つ!

1. 出題される問題の種類をおさえる!

生物のセンター試験特有の出題(実験の手順や結果を考察する問題、表形式の選択肢問題など)があります。どういう配点で、どういった問題が出されるのか?必ず押さえておきましょう。

2. 解くスピードに注意する!

生物のセンター試験では1つの大問にかけられる時間は10分もありません。生物基礎でも、もう1つの基礎科目も解くことを考えると、同じくらいですね。この時間内にどれだけ点数をとれるかが、ひとつポイントになってきます。

そのためにも、過去問演習で慣れることが大事なんだ!必ず時間を計って解こう!

センター試験については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

センター生物

生物勉強法のまとめ

まとめだ!
何より英数が優先!
生物もやばいけど、英数もやばい!そんな人はそちらが優先!生物は高2後半やこう3からでもOK!
教科書理解→基本問題演習→入試問題演習→過去問演習
インプット→アウトプットが大原則!必ず守ろう!
わかるまで解説を読み切る!
単元ごとにしっかり理解をしていこう!理解がおろそかだと先に進んで苦しんでしまう!
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加