公式LINE


学校の授業の予習&復習方法:公式LINE(4/15配信)

第3回【学校の授業の予習&復習方法】

今回は「予習と復習をしましょう!」と言われている人向けの配信。

「予習と復習が大事なのは分かっているけど、何をどうやるの?」

と思ったことはありませんか?

学校授業の予習と復習の方法を解説するので、参考にしてくださいね!

授業予習の基本

予習の具体的な手順は以下の通り。

教科書の該当範囲を読む or 映像授業を見る
問題をできる範囲で解く

最初に、次に習う単元を教科書で読んだり、映像授業で見たりしてインプットしましょう。

文法や数学の新単元は、教科書よりも映像授業の「スタディサプリ」や「TryIT」の方が分かりやすいことも多いので試してみてください。

国語や英語の読解は、映像授業では勉強できないので、教科書を読みましょう。

慣れてきたら、辞書や文法書を使って調べものができるとgood。

問題集やプリント、板書メインで進めている場合も、教科書や参考書が渡されていることが多いので、該当範囲を同様に予習しましょう。

問題付きのテキストを使っている場合は、事前に問題を解くのもおすすめです。

予習段階では解けないことも多いですが、その場合も目を通すだけはしておきたいですね。

ちなみに予習を全科目「完璧」にやるのは時間的にキツイのが普通。

優先度を意識して、できる範囲で取り組むのが大事です。

優先度が高いのは

高1:英、数、古典
高2:英、数、古典(文系)、理科(理系)

なので、意識してみてください。

1番重要なのは、「分からない部分をハッキリさせること」。

分からない部分がハッキリしていれば、授業中に解決しやすくなります。

授業復習の基本

復習は「演習量」と「ペース」が最も重要。

基本的には問題集を使って演習量を確保しましょう。

学校で渡された問題集に解説がついていない場合は、解説付きの別の参考書でも全然OK。

ストマガでおすすめを紹介しているので、参考にしてください。

https://daigakujukensenryaku.com/category/kamokubetsusenryaku/

「授業のペースで解き進めること」ができていれば問題ありません。

テスト週間になるまでに1周終えていて、テスト勉強として2周目、3周目をするのがベストです。

解説を読んでも分からない場合は、早めに先生や勉強の得意な友達に質問をして解決しましょう。

時短のコツ

予習と復習の方法について解説しましたが、部活などがあると忙しくてなかなか全ての科目に手が回らないこともあるはず。

そんな時は「教科書ガイド」の利用を検討しましょう。

古典、英語などは訳が載っているので、効率よく勉強できます。

ただし辞書で「調べる」癖がないと後で苦労するので、全部をガイド任せにしないように注意してくださいね。

まとめ

今回は「学校授業の予習・復習方法」を解説しました!

次回は「高1高2が受けるべき模試」を解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら