公式LINE


部活が忙しくても頑張る時期:公式LINE(5/20配信)

第8回【部活が忙しくても頑張る時期】

5月も中盤になってきました。部活が一番大変な時期という人も多いのではないでしょうか。

この公式LINEに登録している皆さんなら「受験勉強は部活が終わってから」とは考えていないと思いますが、

それでも敢えて部活と勉強の両立について詳しく解説していきます!

今の時期、受験勉強を既に始めている人にとっては、ライバルに差をつけられるチャンスタイムです。

部活が終わってからで間に合う?

よく「部活終わってからでも勉強は間に合いますか?」と聞かれますが、これに関しては「間に合いません」とハッキリお答えすることがほとんどです。

厳密に言えば「間に合う」受験生もいるのですが、圧倒的に少数派。

「終わってからでは間に合わない」と思って、勉強は早めにスタートするのが無難でしょう。

部活が終わる時期は5月後半から6月中という方が多いですが、4月頭から毎日3時間学校とは別に勉強している受験生とゼロ時間の受験生を比べると

3時間×60日=180時間

の差が、4月5月だけでもつきます。

この180時間を取り戻そうと思ったら、他の受験生が3時間勉強する日には4時間、10時間勉強する日には11時間勉強をしても、180日かかります。

また部活が終わってすぐに本気モードになれる人は少ないので、実際には200時間以上の差がつくこともよくあります。

まだ受験勉強のスタートを切っていないのであれば、以下の動画を視聴するところから早速始めてみるといいでしょう。

部活がある人は朝とスキマ時間を上手く使おう

「でも部活が終わってから勉強だと、眠くて集中できない」

という人は、部活が始まるまでの時間を上手く使うしかありません。

具体的には「少しでも早起きして勉強時間を稼ぐ」とか「登下校の時間、学校の休み時間などのスキマ時間に勉強時間を稼ぐ」とか。

休み時間も1日に「10分 × 5~6回 = 50分~1時間」と、実はバカにならない時間になります。

もちろん部活がない日は全力で勉強したいところです。

スキマ時間を活用しつつ、できるだけ早く学校も合わせて1日10時間勉強できる体力をつけておくといいでしょう。

差を付けるか付けられるか・分厚い参考書でもコツコツと!

受験は同じ志望校を目指しているライバルに「差を付けるか」「差を付けられるか」で合否が決まります。

部活のせいで勉強をまだ頑張っていない受験生も多いこの時期は、真面目に勉強をしている皆さんにとっては差を付けるチャンスタイムです。

分厚い参考書を片手に「なかなか進まないな」と思えているだけでも、受験生としての第一歩は踏み出せているので、ライバルには差を付けられています。

1日1日の勉強時間や進んだページ数の差は小さくともコツコツと積み重ねれば大きな差になるので、チャンスタイムだと思って勉強しましょう!

まとめ

部活が大変でも頑張らないとな、と思えていれば嬉しいです。

大変でもコツコツ頑張ってみてください!

次回は「模試」について解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら