公式LINE


受験までに何時間勉強が必要?:公式LINE(11/25配信)

第35回【受験までに何時間勉強が必要?】

「受験までに何時間くらい勉強が必要なんだろう…」
「今の勉強ペースで大丈夫なのかな?」

と思ったことのある人は多いはず。

今回は大学受験までに「合計何時間の勉強が必要か」の目安を解説します!

最低2000時間、最大9000時間

学習塾STRUXが無料体験などでお渡ししている参考書リストから計算すると、高校レベルの知識が完全にゼロの状態から受験勉強を始めた場合、

私立文系:2200時間~3600時間
私立理系:2600時間~5100時間
国公立文系:4000時間~6600時間
国公立理系:5300時間~9000時間

くらい勉強が必要になります。

このままだとイメージがわきにくいので、仮に受験勉強を1年間と仮定して365日で割り算して1日あたりの勉強時間に直すと

私立文系:6時間~10時間/日
私立理系:7時間~14時間/日
国公立文系:11時間~18時間/日
国公立理系:15時間~25時間/日

となります。

毎日6時間なら学校があっても土日に帳尻合わせすれば、十分確保できる時間に収まっていますが、毎日15時間となるとかなり厳しいですし、25時間は物理的に不可能ですよね。

ここでの計算は完全にゼロからのスタートを仮定した計算だったので、実際の所はこの計算よりは短い勉強時間になりますが、それでも簡単でないことが分かるはず。

高校の授業なども踏まえれば、1年間本気で勉強すれば、間に合う大学が多いですが、早めに勉強をスタートした方がいいのは間違いありません。

2年間使えるのであれば上の計算のさらに半分で済むので、かなり楽になるのはイメージできますよね。

早めに受験勉強を始めるメリット1

早めに勉強をスタートするメリットをあと2つほど紹介しますね。

1つ目は「学校の授業を100%吸収できる」ということ。

もし授業を100%理解できていないのであれば、足りない分は自習しないといけないので、余分な勉強時間が必要になります。

授業が分からない→授業を聞かなくなる→余計分からなくなる→さらに聞かなくなる

というループに陥ることもあるので、高1高2のうちは理解不足の「穴埋め作業」を最優先で進めましょう。

早めに受験勉強を始めるメリット2

2つ目は志望校を上げられる可能性も出てくるということ。

早くから勉強すれば、最終的なゴール地点が高くなるのはあたりまえです。

高1から始めれば、想定よりもワンランク上の大学を目指せる人も多いですし、逆に言えば、スタートが遅ければ志望校を下げなければならないこともあります。

1日の勉強時間を減らすのは簡単ですが、増やすのには限界があるからですね。

10時間から5時間に減らすのは誰でもできますが、10時間を15時間にするのは不可能です。

まとめ

今回は「受験までに必要な勉強時間」を解説しました!

「あのとき、もっと勉強していれば」と思うことはあっても、その逆はないので、早めのスタートが重要です。

後から勉強のペースを落とすのは簡単なので早めに始めて損はありません。

こちらもぜひ参考に!

次回は「共通テスト同日模試のメリットや準備」を解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加 保護者の方はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

保護者の方向け!公式メールマガジン

STRUX無料体験

大学受験は複雑で、子どものために何から始めればいいのか、何をやってあげればいいのかわからない……

そんな方向けに、「とりあえずこれさえ読めば大学受験がすべてわかる!」というメール講座がスタート!毎日送られるメールを読むだけで、受験に向けて保護者がやるべきことがすべてわかります。

メール講座の詳細を見る

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら