公式LINE


受験生の冬休みをイメージしよう :公式LINE(12/16配信)

第38回【受験生の冬休みをイメージしよう】

「受験生の冬休み」をイメージしたことはありますか?

来年、もしくは再来年の同じ時期に「どれくらい勉強するものか」イメージできれば、自分も頑張らなければと思うきっかけになることもあるはず。

受験生の勉強時間の紹介も兼ねて、この冬の勉強についてアドバイスをしていきます!

受験勉強のスタートは早ければ早いほど有利

何回か前の配信でもお伝えしましたが、完全にゼロから勉強を始めて、365日で合格に必要な勉強をするためには、以下の勉強時間が必要になります。

私立文系:6時間~10時間/日
私立理系:7時間~14時間/日
国公立文系:11時間~18時間/日
国公立理系:15時間~25時間/日

最低ラインの1日6時間ですら、

「毎日そんなに勉強したくない」
「そんなにできる気がしない」

と思う人がほとんどだと思うので、合格するためには、できるだけ早めに勉強をスタートするしかありません。

1年生から始めれば3年使えますが、3年生から始めれば1年しか使えません。

来年以降の勉強計画にゆとりを作るためにも、今年の冬休みからしっかりと準備を始めていきましょう!

模試の判定ごとのおすすめ勉強時間

受験生向けに「安心して志望校に合格するため」におすすめしている勉強時間はこちら。

A判定:毎日8~10時間
B判定:毎日10~12時間
C~D判定:毎日12~14時間
E判定:毎日12~14時間以上

短い方の勉強時間は文系私立志望、長い方は理系国立志望向けです。

多くの現役生はC判定以下なので、「学校+自習」で12時間以上勉強しなければ、安心できる所までは届かないことになります。

これを1年間でクリアするのであれば、自習に必要な時間は平日6h、休日12hですが、

2年間かけてクリアするのであれば、平日は3h、休日6hでもOKです。

3年かけられればもっと楽になることが分かりますよね。

みなさんは今、学校の授業時間と自習時間を合わせてどのくらい勉強していますか?

高2のみなさんは現時点でも「受験までの残り期間」は1年と少しだけなので、最低でも10時間勉強できる状態を目指して、早いうちにトレーニングを積んでほしい所です。

高2の冬休みの勉強時間については、以下の動画でも解説しています!

この冬は勉強体力トレーニングを

冬休みは1日10時間勉強にチャレンジしましょう。

受験生の冬休みは、クリスマスもお正月も休まずに10時間以上勉強している人だらけ。

この冬休みに、その感覚を少しだけでも味わっておきましょう。

最初から毎日10時間は難しいですが、冬休み中に「10時間勉強を5日間」だけでもできれば高1高2としてはかなり頑張った方です。

10時間勉強してみることで、1日の学習スケジュールの立て方や、生活リズムの整え方が分かります。

なかなか勉強時間を伸ばすことができない人は、こちらの動画も参考にしてください。

高1、2のうちに1日10時間の勉強に体を慣らして、スタートダッシュで差をつけましょう!

まとめ

今回は「受験生の冬休みの勉強」を解説しました!

次回は「完璧よりも前に進むことを優先しよう」というテーマで解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加 保護者の方はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

保護者の方向け!公式メールマガジン

STRUX無料体験

大学受験は複雑で、子どものために何から始めればいいのか、何をやってあげればいいのかわからない……

そんな方向けに、「とりあえずこれさえ読めば大学受験がすべてわかる!」というメール講座がスタート!毎日送られるメールを読むだけで、受験に向けて保護者がやるべきことがすべてわかります。

メール講座の詳細を見る

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら