塾・予備校

高2から塾に通うと受験で有利!高校2年生向けおすすめ予備校活用法

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「高校2年生になって受験の話題が出始めたけど、いつ頃塾に通わせるべきなのかな…?」

「まだ周りに塾や予備校に通っている人はいないから、うちの子はまだいいかな?」

と考えていませんか?

部活を引退する高校3年生の時期に塾・予備校に通わせるのが一般的なので、その頃に塾を探そうと考える人は多いです。

しかし、受験のことを考えれば「なるべく早くから」塾に通わせるべきです。

大学受験で出題される範囲は膨大なので、高校3年生から始めると大変です。

さらに慣れない受験勉強で体調を崩したりモチベーションが上がらないなど、高3からスムーズに受験勉強を始められる人はあまりいません。

逆に、東大など難関校を目指す学生であれば、高校入学時から受験を意識して勉強しています。

受験勉強は前倒しで行うことが重要なのです。

そして前倒しで受験勉強を進める上で、高2から塾に通わせることができれば志望校合格により近付くことができるのです。

定期テストで良い点を取っておけば推薦で早期に受験を終わらせられたり、より偏差値の高い志望校を選べるなど、受験期の選択肢が大きく広がります。

下記では、高校2年生から塾・予備校に通うメリットや選び方などを紹介します。

高2の今こそ塾・予備校を活用すべき3つの理由

受験勉強って高校3年生から始めればいいんじゃないですか?

確かにマルオみたいに「高2から塾や予備校に通って勉強するのは早いのでは?」と思ってしまうのも仕方ありません。

しかし、高校2年生から塾・予備校に通っていれば受験期に突入した時に学力の土台が出来るので、より難易度の高い大学を視野に入れられます。

周りの学生とも差も付けられたり、早いうちから高1の復習ができたりするので受験期の勉強の質が大きく変わります。

高2から勉強するメリットって凄いんですね…!

下記では、高校2年生から塾・予備校に通うメリットを紹介します。

高2から塾で学ぶことで、勉強を習慣化できる

受験期から勉強を始めようとしても、今まで勉強をしてこなかったためになかなか勉強に集中することができません。こうならないためにも、早くから勉強習慣を身に付けることが重要です。

高校2年生から塾・予備校で学ぶことで、早期に勉強の習慣化がしやすくなります。

勉強が習慣化することで勉強することが当たり前になり、どんどん学力が上がります。

さらに、受験期で1日中勉強したとしてもさほど苦ではないので、最後まで集中して勉強出来ます。

高校2年生は高1範囲に戻って復習できるチャンス

高校2年生から塾や予備校に通えば、受験シーズンに突入する前に高1の範囲を復習できます。

高3から勉強を始めると、最初は高校1・2年生の復習に追われることになります。

復習に追われることでどんどん周りと差を付けられ、最終的に試験本番に勉強が間に合わなくなる恐れもあります。

しかし、高2から復習を終えることで、高3から志望校対策や過去問などより質の高い勉強に取り組めます。

高校2年生から塾や予備校に通うことで、高1の復習も早期から取り組めるのです。

高2から受験勉強の情報を集めて、余裕を持って勉強できる

高校2年生から受験を意識して予習から受験に関する情報を集められるため、余裕を持って勉強できます。

高2から志望校を決めておけば、志望校合格のための勉強に集中できるため、余計な勉強に時間を割くことが無くなります。

高校3年生から始める人は多いですが、計画的に受験勉強が進むことはほとんどありません。さらに、志望校が決まっていないと勉強する目的やゴールが曖昧になるため、計画的に勉強ができなくなります。

慌てて勉強しないように事前に受験を意識した情報収集や勉強をしましょう。

高2から塾・予備校に通うことで、早期に志望校対策や必要な学力を知ることが出来るぞ!

高校2年生向け・塾予備校を選ぶポイント

上記のように高校2年生から塾や予備校に通うと周りと比べて有利に受験を進められます。

しかし、高2から塾に通えばどこでもいいという訳ではありません。

塾・予備校によって特徴は変わりますし、学力向上に大きな差が出てきます。

では、塾・予備校はどのように選べば宜しいのでしょうか?

下記では、高2から通うべき塾・予備校の選び方を紹介する!

1. 毎日の勉強習慣面まで見てくれる塾

たとえ、塾や予備校に通っていたとしても、塾以外で全く勉強していなければ意味がありません。

大学受験のほとんどが自学自習の時間になるので、毎日の勉強する習慣を身に付けることが重要なのですが、塾や予備校によってはほとんど勉強習慣が身に付かない恐れがあるのです。

せっかく塾に通ってても勉強しなかったら意味ないですよね…

そこで、毎日の勉強習慣面まで見てくれる塾がオススメです。

具体的には毎日の勉強内容を指定し、勉強の進み具合を管理してくれる塾のことです。

塾によっては毎日の勉強内容を報告するので、強制的にサボらず勉強する環境に置かれます。

今まで塾や予備校に通っている生徒の中でも

「授業は受けられるけど、毎日何を勉強すればいいかわからない」

「塾以外だとなかなか勉強する気が起きないんだよな…」

という悩みを持っている生徒もいるでしょう。

しかし、毎日の勉強習慣面まで管理する塾を選べば、今日やる勉強内容が明確になるので、目の前の勉強内容だけに集中することが出来ます。

計画に基づいてやる内容や勉強習慣を管理するので着実に学力を上げることが出来るのです。

ただし、授業だけ提供する塾や予備校が多いからここまで管理してくれる環境はなかなかないな。

2. 身についていない範囲、復習の仕方を適切に分析して教えてくれる塾

テスト勉強や苦手な科目やわからない箇所の質問対応を丁重にしてくれる塾を選びましょう。

これは塾・予備校で授業を受けるだけでなく、学校の定期テストの相談や苦手科目に関する質問を別途受けられるかどうかの話です。

特にオンライン塾・予備校では、質問対応が手薄なことが多いです。

授業動画を提供するだけで、個別にわからなかった箇所の質問を受け付けない塾・予備校もあります。

ただし、オンライン塾・予備校が全部悪いという訳ではありません。

  • 24時間体制で質問受付
  • ライブ授業でその場で質問をコメントが出来る

など、塾・予備校によってサポート体制の違いがあるので事前に把握しておきましょう。

直接通うタイプの塾・予備校でも、講師が忙しい場合があるから注意しよう!

3. 高2時点で受験勉強も考えたカリキュラムを提供してくれる塾

高校2年生の時点で受験勉強を視野に入れたカリキュラムを提供してくれる塾がオススメです。

「高校3年生から受験に向けたカリキュラムをすればいいのでは?」

と考える人もいるでしょう。

しかし、塾や予備校に通うなら、高校2年生から志望校を決めてなるべく早めに入試対策を行うべきです。

大学によって試験の傾向は大きく変わります。

特に国公立や難関私立になると、教科書の範囲を超えた応用問題や記述式の問題も増えるので、学校で習わないような知識を得る必要があるのです。理系学部を志望する場合も、膨大な範囲を勉強する必要があるため2年間かけて受験勉強に取り組むほうが良いのです。

志望校の合格実績があるか?志望校の傾向を把握した上でカリキュラムを提供してくれるか?など志望校に強いか確認した上で塾を選びましょう。

ここで高2で通うべき塾・予備校の選び方のおさらいだ!
  • 毎日の勉強習慣面まで見てくれる塾
  • テスト勉強や苦手の質問対応を丁寧にしてくれる塾
  • 高1時点で受験勉強も考えたカリキュラムを提供してくれる塾

高2生の塾・予備校にぴったり!習慣づくりと弱点分析をする「学習塾STRUX」

これまでの内容で、高校2年生から通うべき塾の選ぶ基準を紹介しました。

しかし、授業を提供するだけで、上記ように個別にサポートしてくれる塾や予備校はなかなかありません。

「毎日の勉強習慣面を管理」

「身についていない範囲、復習の仕方を適切に分析して教えてくれる塾」

「高2時点で受験勉強も考えたカリキュラムを提供してくれる塾」

『学習塾STRUX』は、上記の3つの条件が全て該当しています。

『学習塾STRUX』は、授業を提供するのではなく、生徒一人一人に合わせて自学自習を管理する塾です。

「得意・苦手科目」「現在の学力」「志望校」など、生徒に合わせた最適な学習計画を提供。学習計画に基づき「いつ」「どの参考書」「どのくらい」行えばいいのかアドバイスしてもらえます。

まず年間計画を立て、月間目標と週間計画を作成することで、毎日の勉強内容まで明確にします。学習トレーナーと頻繁に毎日の勉強の進捗と学習計画を見直すことで、志望校合格の為の最短ルートで勉強出来るのです。

高校1年の復習や身に付いていない範囲まで考慮して学習計画を立ててくれるぞ!

多くの塾や予備校は、一人一人の毎日の勉強内容、勉強法、参考書の指定やそれをいつまでにどれぐらいやればいいのかまでは見てくれません。他の塾では、一度作った勉強計画は最後まで同じであることが多いですが、学習塾STRUXでは進捗に合わせて改良します。

学習塾STRUXは、生徒の悪いクセを発見し、参考書の注目する場所や、復習のタイミングなど、より個人に特化して勉強効率を細かく改善してくれるのです。

学習塾STRUXは「全科目トータルで勉強を管理するコーチング型の塾」なので、このようなサポートを通じて、高校2年生のうちから身につけておきたい勉強習慣の定着や、苦手範囲の解消を行い、受験勉強を見据えた指導をすることができるのです。

ただ、ここで紹介したことはほんの一握り。もっと詳しく知りたい!という方はぜひ、無料体験を受講してみることをおすすめします。

いきなり無料体験かあ……

そう思う人も多いかもしれません。しかし、これはどこの塾にも言えることですが、実際に見てみて、講師からの話を聞いてみないことには、「自分のスタイルに合った塾か」ということはわかりません。

学習塾STRUXの無料体験では、塾のサービス説明はもちろん、実際に志望校と学力の差を分析し、実行できる週間計画・年間計画を作っていきます。

授業はすべて1対1なので、体験内で実際に自分にあった「勉強習慣の付け方」「勉強方法」などを知ることができます。

無料体験だけの利用もOKです。お気軽にご活用ください!


勉強のやり方がわからない!でもう迷わない。難関大トレーナーが2人3脚で徹底指導の学習塾STRUX無料体験はこちら!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!