2021年度大学入試の変更点


2021年度共通テスト国語の入試制度について

2021年度は共通テストをはじめとして、多くの大学で入試制度が変わります。今回は共通テストの国語に関する変更点をご紹介しましょう。

共通テスト国語における変更点の概要について

  • 変更規模

共通テスト国語における変更点の詳細について

国語に関しては、配点や大門の数などは従来通り。大問4つで200点満点です。

ただし全体的な問題の出題傾向が変わります。出題される文章のテーマが多様化するのでしっかり確認しておきましょう。

具体的な変更点は以下の通りです!

より実用的な文章が出題される

従来通り小説や論文に加え、より実用的な文章が出題されます。

例えば、1回目のプレテストでは「高校の生徒会規約に関する文章」、2回目のプレテストでは「著作権法についてのポスター」というテーマが出題されました。

これまでよりも実生活に近い形の設問が出されるということ。様々なテーマの文章を読み解きながら、そこからいかに多方面から情報を読み取れるかが重要視されます。

評論では限られた文章から多くの情報を把握する必要がある

評論に関しては「法律の条文」「掲示物の文章読解」なども加わり、こちらもテーマが多様化。

いずれも説明文が短めのため、限られた情報の中から要点を正確に読み取る必要があります。根拠の部分も出典が散らばっているため、上手に処理していきましょう。

具体的には下記のような問題が出題される予定です。

小説では詩歌に関する知識も覚えておくと得

小説も基本的には評論と同じように本文の読み取りですが、詩やエッセイの読み取りが出題される可能性もあるので、念のため詩歌の表現技法なども覚えておくといいでしょう。

ただし確実に出題されるわけでないので、そこまで念入りに行う必要はありません。

出題されるとしたら以下のような感じです。

古文・漢文の問題文が少し変わる

範囲としては、これまでにはなかった「漢文が示す故事成語」に関する出題が増えます。

出題形式も少し変化し、「文章の解釈について生徒同士がやり取りしている」形のものが追加される予定です。

形式自体は新しいですが、前後の生徒の会話がヒントになる可能性もあるのでそこまで難易度が上がるというわけでもなさそうですね。

具体的には以下のような形です。

複数マークや0マークが登場する可能性もある

これまでのセンター試験では、1題につき解答は1つだけでした。しかし共通テストでは「複数解答パターン」「正解がなければ0をマークする」という形になる可能性もあります。

これは確定情報ではないので今後変わる可能性はありますが、いずれにしてもヤマ勘ではなくしっかりと根拠を持って解答することが求められてきそうです。

まずは現行のセンター試験対策に則り勉強しよう!

以上のように文章テーマが増えますが、基本的にやることは「文章の読み取り」です。いきなり分野が削られたり配点が変わるといったことはありません。慌てずに現行のセンター試験対策を中心に勉強していきましょう!

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせた参考書リスト・勉強計画を作成しています!入試の変更点を踏まえた対策法とあなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!