2021年度大学入試の変更点

2021年度・大学入試共通テスト社会の変更点について

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

入試改革によってセンター試験から共通テストに変わることで様々な変化が起こっています。共通テスト社会は配点や問題構成などに大きな変化はありませんが、出題される問題に多少変化が出てきているので確実に押さえて対策をしましょう。
この記事では共通テスト社会の変更点と対策を紹介します。

*2020年3月現在の情報です。共通テストの出願・出題の詳細については2020年6月30日までに発表されます。
*2018年実施の共通テストプレテストをもとに分析しています

共通テストの社会における変更概要

共通テスト社会は問題構成や配点などはセンター試験と比べ大きな変化はありません。
求められるレベルも変わりませんが、出題傾向に多少の変化が出てきているので必ず押さえておきましょう。
前もって確認しておくことで日頃の勉強から意識して対策することができます。

共通テストの社会における変更点の詳細について

共通テスト社会の出題傾向は資料問題や図表、地図を利用した問題が増えるでしょう。
入試改革によって「思考力、読解力」をより強く問うため資料の読み取りを意識した問題構成になっています。

例えば、「日本史の問題で資料から何のことを述べているか読み取り、その出来事について答える」という問題や、「地理でみたことのない資料・図表が出て、それについて答える」「世界史で地理のようなデータをもとに答える」という問題が出ます。

2024年から記述問題導入の可能性あり

現在は全てマークシート式の問題ですが、2024年から記述式問題の導入が検討されています。
全体的に検討段階なところが多いため、社会はあまり変更点はないとたかをくくらず常に情報収集を行うようにしましょう。

共通テスト社会の対策について

あまり変更はないので、特別な対策法はありません。
図表問題が増えるため、これまで以上に様々な図表問題に目を通すことは重要になってきます。
しかし、だからといって全ての問題を覚えようとする必要はありません。
「なぜこのようなデータになるのか?」「この地図の時代はどういう時代だったか?」と、習った知識を紐付けていくことが非常に重要になります。

単語をただ覚えるだけでなく、資料集などを使ってその単語についての背景などを深く理解することで、時代の流れが結びつきデータや図表の問題が多く出てきたとしても正確に対処することができるでしょう。

基本を入れたらセンター過去問で演習と共通テスト予想模試やテキストに触れて対策をしておきましょう。

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせた参考書リスト・勉強計画を作成しています!入試の変更点を踏まえた対策法とあなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!