2021年度大学入試の変更点

立教大学 2021年度入試の変更点と対策

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

立教大学は積極的に入試改革を進めている大学の一つです。2021年度の入試は大学全体で大きく変更点があるので、志願する人は当記事を見て対策を進めましょう。

*2020年4月現在の情報です。共通テストの出願・出題の詳細については2020年6月30日までに発表されます。
*この記事で言う「2021年度入試」はすべて「2020年度に実施される、2021年度入学者向けの入試」を指します。
*一般選抜入試の情報を中心にまとめています。総合型選抜、学校推薦型選抜については各大学のホームページを参照ください。

立教大学の変更概要

  • 入試の変更規模
  • 変更がある学部
  • 全て

全体的に非常に大きな変更点がいくつかあるので、立教大学を受験される人は必ずチェックしましょう。

立教大学の入試変更点詳細

入試変更点は大きく分けて二つあります。

学部独自の英語試験を廃止

「英語」科目はこれまで実施していた学部独自の試験を廃止し、英語外部試験を全面的に導入。大学入学共通テストの「英語」も利用可能です。

英語外部試験の最低スコアの設定が無くなっているので、スコアさえあれば誰でも出願出来ます。更に2年間で最も得点が高い回のスコアを提出(試験実施月から2年以内のスコアが有効)するので、受験機会が増えるような制度が導入されています。

利用できる英語外部試験は以下の8種と「大学入学共通テスト」です。何種類かスコアを持っていても、複数のスコアで最も良いものを出願できます。

  • ケンブリッジ英語検定
  • 実用英語技能検定
  • GTEC
  • IELTS
  • TEAP
  • TEAP CBT
  • TOEFL iBT
  • CBT(コンピュータ上で受験する英検)

※文学部のみ、本学独自の英語試験で受験できる試験日あり。

個別学部日程を廃止(文学部を除く)

文学部以外は個別学部試験を廃止し、一般入試は全学部日程を5試験日実施。更に同じ学部・学科(専修)を複数回受験出来るので、受験機会は最大5回に増加することになったのです。

選択科目によって受験日が制限されますが、一般的な「英語」「国語」「日本史」で受験するとすれば最大4日程、文学部なら5日程の受験が出来ます。

また、「英語」は英語外部試験のスコアまたは大学入学共通テストの英語得点を活用。本学独自試験の他の2科目と合計した3科目の総点で合否を判定します。

日程が増える分、立教大学内でチャレンジできる回数が増えただけでなく、他の大学と一緒に受験しやすくなったのです。

※文学部のみ、本学独自の「英語」、「国語」、「選択科目」の 3科目による試験日あり。
※同一試験日での複数学科への出願は不可。

立教大学の入試変更の対策

赤神普通の顔
ここからは立教大学の入試変更の対策方法を教えるぞ!

外部試験をなるべく複数回受ける

英検などの外部試験はなるべく複数回受けましょう。

何度も受験できる外部試験のスコアによって受験本番の有利度が変わるため、立教大学が第一志望校ならば英検の対策を行い良いスコアをとっておいたり、共通テストで失敗しないようリスニングの勉強を早めにしたりなど対策を取る必要があります。

このためにも、英語を最優先で仕上げる意識を持ち、外部試験をいくつか受験しておくようにしましょう。

なるべく早くから英語の勉強を進めた方が有利

立教大学を意識している高校1~2年の人もなるべく早くから英語の勉強を進めるべきです。

立教大学の入試傾向を分析して受験する人の多くは外部試験のスコアによって受験を有利に進めている場合も少なくありません。試験本番で一発逆転を狙うよりも2年間の中で最も良いスコアを狙った方が効率的です。

英語の外部試験のスコアは2年分使えますから、早いうちから英語の勉強に取り組んだ人が断然有利なシステムになったと言っていいでしょう。

受験機会も増えたりと受験生によって非常に良い入試改革が進められている大学です。GMARCHレベルを目指す学生や英語が得意な学生は立教大学受験を視野に入れるといいでしょう。

立教大学ホームページで非常にわかりやすく2021年度の入試変更点についてまとめられているので、こちらも参考にしてみて下さい。

立教大学_2021年度入試
(https://www.rikkyo.ac.jp/admissions/news/2019/mknpps00000120ty-att/2021change2.pdf)

あなたの志望校に沿った
勉強計画を作成します

学習塾STRUXでは、第1志望校の傾向に合わせた参考書リスト・勉強計画を作成しています!入試の変更点を踏まえた対策法とあなたの今の学力にあった勉強計画を知るには、学習塾STRUXの無料体験をご活用ください。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!