公式LINE


GWの反省会・休憩を制する:公式LINE(05/07配信)

第13回【GWの反省会・休憩を制する】

GWもついに終わってしまいました。

そろそろ体育祭や定期テストが近づいている学校も多いと思いますが、今回はGWの勉強の反省をしましょう。

反省は数字を使って行おう

前回「数値目標」を使えば、反省しやすいという話をしました。

実際に「数字」を使っていきましょう。

全員に確認してもらいたいのはこの2つ。

  • 各科目・各教材の合計勉強時間は?
  • 同じく進んだ問題数、ページ数は?

大体でも良いので、確認してください。

この数字を使ってさらに、

  • 各教材の1時間あたりに進む量
  • 平均の計画実行率(当初の目標とも比較を)

を計算してみましょう。

1時間あたりに進む量が分かれば、週間計画や年間計画を修正する際に参考になります。

新しい参考書に進む度に同じ計算が出来るといいですね。

また平均の計画実行率が100%を切る場合は、最初からある程度目標を高めに設定して、それをこなすつもりで勉強する必要があることも分かります。

もちろん勉強に慣れていけば、1時間に進む量も増えていきますし、計画の実行率も高くなっていきますが、現時点での情報を元にあなたの計画を見直してみてください。

計画通りに勉強を実行するためには、実際に勉強したい量の

「計画実行率の逆数」× 100 倍

を目標値に設定しておくと100%実行できることになります。

さらに毎日の「勉強を始めた時刻」別に計画実行率を計算してみるのもおすすめ。

朝から勉強を始めた日の方が実行率は高くなっていませんか?要チェックです。

休憩時間の過ごし方

真面目に反省したら「もっと勉強しておけば」と思うはず。

ですので勉強時間を伸ばすために「休憩時間を制するコツ」を3つお伝えします。

コツ1:時間割を作る

度々解説していますが、時間割は必須。

出来るだけ学校と似たような形式で勉強時間と休憩時間がキッチリ決まっているものを作ってください。

「ちょっとだけ休憩」というような「時間の決まっていない休憩」をなくすためです。

コツ2:休憩時間にすることを決める

休憩中に何をするか決めていますか?

「何も考えずに10分間、気の向くままに過ごす」のような休憩時間の使い方をしている人の方が多いはず。

「~~していたら、いつの間にか10分以上経過していた」

こういうことが多い人は休憩中の行動を決めましょう。

おすすめはこんな感じです。

  • いつも決まったルートを散歩する
  • いつも決まった曲を2回聞く
  • ただただ無心で目を閉じてじっとする

ポイントは「続きが気にならないもの」「選択の必要のないもの」にしておくこと。

そうすると時間の管理をしやすくなります。

コツ3:休憩後に使う教材を準備してから休む

休憩後に使う物を準備してから休憩すると、「よし、やろう!」と思ったモチベーションの1番高いタイミングですぐに勉強を始めることができます。

具体的には

  • 次に使わない参考書やノート、文房具などを全て机の上から片づける
  • 次に使う参考書、ノートなどの該当ページを開く
  • 休憩する

こんな感じで「要らない物は全て片付けて」「要る物は開いた状態」にしてから休憩にしましょう。

まとめ

今回は「GWの反省と休憩時間のコツ」を解説しました!

参考にしてみてください!

次回は「模試・定期テストの復習法」について解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!