公式LINE


模試・定期テストの復習法:公式LINE(05/14配信)

第14回【模試・定期テストの復習法】

GWあたり模試を受けたり、もうすぐ定期テストがある人もいる時期だと思います。

今回はそんなテストや模試の復習法に関して、解説します!

模試・定期テストを復習しないのはあり得ない!

「模試や定期テストを復習するより、参考書を進めたい」という方が、ときどきいますが、復習をしないということだけは絶対にやってはならないことを覚えておきましょう。

テストは参考書や問題集を使った学習よりも1段階集中力が高い状態で受けているはず。

そこで間違えたものを勉強すれば、普通に問題集で間違えたものと比べて定着率は圧倒的に高いです。

また問題集とは違って1度間違えた部分を意識的に選んで学習することが可能な点も重要です。

模試は受けた段階で既に1周目が終わった問題集のようなものですから、復習が2周目。確実に成績アップに繋がる2周目を捨てるのはもったいないですよね。

以降、問題形式別に復習法をまとめてみたので、参考にしてください。

復習法一覧はこちら↓

英国の読解系問題の復習法

英国の読解系の問題に関しては、大事なのは解説を全て読むだけでなく、自分で不明後などを調べること、そして調べたことを全て覚えることです。

調べたものを全てノートにまとめる必要はありません。付箋や電子辞書の履歴機能などを上手く使って、まとめに使っている時間は出来るだけカットするのが効率的です。

それでも時間のかかる作業であることは間違いないですが、やるべきことをやり続けていれば、徐々に復習にかかる時間は短くなります。

文法問題や暗記系問題の復習法

英国の文法問題や、理社の暗記をしていれば解けるような問題に関しては、不正解選択肢のどこが間違っているかを意識しないと、次に同じ問題が出てきたときに正解することができません。

間違った問題に関しては、その内容の周辺も暗記出来ていない可能性が高いので、教科書や資料集で周辺知識まで含めて確認し、それらを覚えていきましょう。

これも全てノートにまとめる必要はありません。

計算系問題の復習法

数学や理科の計算が必要な問題に関しては、解説を全て読み込み、理解した後に「解説を閉じて」解き直すのが1番です。

分かったつもりを防いだり、計算力をつけたり、という効果があります。

記述問題は記述まで再現できるか確認することが必須です。

発展的には類題も探して解いておけば、その問題に関しては完璧と言っていいでしょう。

考察系問題の復習法

社会や生物では、「教科書には載っていない資料や実験に関する問題」が出題され、「思考力」が問われることがあります。

こういった考察系の問題に関しては、まず解説を全て読み込み理解しましょう。

理解できなかった場合は先生に質問もアリです。

このタイプの問題も教科書や資料集で周辺知識で覚えていなかったことがないかチェックは必須です。

最後に自分の力だけで記述できるようになっているかチェックして終わりです。

まとめ

今回は「模試・定期テストの復習法」について解説しました!

参考にしてみてくださいね!

次回は「過去問の重要性と早めに購入する利点」について解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加 保護者の方はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

保護者の方向け!公式メールマガジン

STRUX無料体験

大学受験は複雑で、子どものために何から始めればいいのか、何をやってあげればいいのかわからない……

そんな方向けに、「とりあえずこれさえ読めば大学受験がすべてわかる!」というメール講座がスタート!毎日送られるメールを読むだけで、受験に向けて保護者がやるべきことがすべてわかります。

メール講座の詳細を見る

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら