公式LINE


夏休みまでに勉強体力をつけるコツ3選:公式LINE(07/02配信)

第21回【夏休みまでに勉強体力をつけるコツ3選】

7月になってあと3週間くらいで夏休みですね。

受験生にとって夏休みは受験の天王山。

この時期はそんな夏休みにしっかり毎日勉強しきるための「準備期間」だと思いましょう。

準備期間では「勉強体力」をつけておくことが1番大事です。

今回は「勉強体力」について解説していきます。

最初から毎日10時間勉強できる人はいない→少しずつ成長しよう

最初に知っておくべきなのは「最初から毎日10時間勉強できる人はいない」ということ。

逆にほとんどの人は少しずつ勉強時間を増やしていけば10時間くらいなら勉強できるようになります。

普段あまり勉強できていない人が「夏休みから毎日10時間頑張りさえすれば、挽回できる」と考えるのは楽観的すぎますし、

逆に「私が毎日10時間勉強するなんてありえない」と最初から諦めるのももったいないです。

【勉強体力をつけるコツ1:平日の勉強時間を少しずつ伸ばす】

具体的に勉強時間を伸ばすコツについて解説していきます。

まずは平日の勉強時間を「毎週1時間ずつ」や「毎週30分ずつ」と「目標を決めて」少しずつ伸ばしていきましょう。

例えば、

1週目:1時間
2週目:2時間
3週目:3時間
4週目:4時間

といった具合です。大事なのは「一気に」勉強時間を伸ばそうとはしないことです。

最終的に、平日は「5~6時間」程度、自習できるようになっていれば、夏休みの毎日10時間以上勉強が楽にこなせるはずです。

勉強体力をつけるコツ2:休日に学校と同じスケジュールで過ごす

夏休みに勉強時間を確保するためには、休日の練習も大事です。

休日は「学校の時間割」と同じスケジュールで過ごせるように挑戦してみましょう。

特に大事なのは「朝」と「昼食後」です。

朝のスタートが遅れると1日の勉強のスイッチが入りにくいですし、昼食後は休憩が長くなりすぎてしまう傾向が強いです。

この2つのタイミングは特に学校の時間割に合わせて、勉強をスタートさせるだけでも休日の勉強時間も確保できるようになってくるはずです。

休日の勉強時間も最初は5~6時間くらいから始めて、最終的には10~12時間くらい出来るようにしておくといいですね。

勉強体力をつけるコツ3:勉強時間ゼロの日をなくす

勉強時間ゼロの日をなくすことも、夏休みに向けた準備として大事です。

夏休みのような長期休暇には「1日休んでもまだ明日明後日挽回できる」と楽観的に考えてしまうことが多くなります。

しかし実際には、その1日分を取り返せる人はほとんどいません。

1日でも勉強時間ゼロの日があると、ライバルたちには「10時間の差をつけられている」という感覚を持って勉強する必要があります。

夏休み前から「勉強時間ゼロ」の日をなくしていく練習をしましょう。

具体的には、疲れていても、忙しくても、やる気が出なくても毎日30分だけは勉強するようにしてください。

疲れている日でも試しに30分だけ勉強してみれば、「そこから2~3時間勉強が続く」ということもよくあります。

まとめ

今回は「勉強体力をつけるコツ」について解説しました!

次回は「学校と塾の講習」について解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!