公式LINE


夏休みのラストスパート:公式LINE(08/20配信)

第28回【夏休みのラストスパート】

夏休みも残り1週間ほど。

今回は夏休みのラストスパートについて解説していきます。

いつもより少しだけ無理をしてみよう

夏休みの勉強が順調に進んだ人もいれば、そうでもない人もいらっしゃるでしょう。

実際、受験生の多くは「予定していたよりも進まなかった」と感じているはず。

そこで夏休み最後の1週間はラストスパートと思って、普段よりも「ほんの少し」多めに勉強をしてみましょう。

普段の勉強時間が8時間の人は、8時間+1時間で9時間勉強に、
10時間勉強をしている人は10時間+30分の勉強時間に、

という風にいつもよりも少しだけ(30分~1時間程度)多めに勉強をしてみましょう。

このとき2時間3時間と伸ばす必要はありません。

健康を害するほどの無理になってしまうと元も子もないので、いつもより少しだけ背伸びした状態を目指してみてください。

限界のラインを低く見積もっている可能性

自分にはこれ以上は頑張れない!と思っている人の中には、「意外とやってみたら、+1時間くらいは余裕だった」という人もかなりいます。

自分の周りに毎日10時間勉強をしているのが自分だけだと、それ以上勉強をしようとは思いませんが、

周りの皆が毎日12時間勉強していると、むしろ10時間しか勉強していなくて大丈夫かなと思ってしまうものです。

自分の限界のラインを「周りの環境」のせいで低く見積もっている可能性は誰にだってあるので、少し無理をしてみて、本当に限界のラインなのかは確認しておくといいでしょう。

習慣化は「少しキツい→慣れる」の繰り返し

勉強時間に限らず、何事も習慣化をしようと思うと「少しキツい」「少し辛い」状態から「慣れた」状態になることを繰り返していくしかありません。

もしかしたらあなたも最初は、1時間だけでも勉強するのが辛かったのではないですか?

それが今ではどれくらい勉強できるようになりましたか?

ほんの少しだけ無理をしてみれば、その勉強時間に体が慣れる可能性もあるので、限界を決めつけずにチャレンジをしてみましょう。

最終的には追い込まなければならないことも

共通テストの本番を終えてみると、目標としていた点数より低く、そこからラスト1か月は、かなり無理をせざるを得ない状況になることもよくあります。

実際に、

1月までは10時間しか勉強していなかったけど、最後の1か月は毎日14時間くらい勉強していた

というのも「あるある」です。

夏休みの段階で、少し無理をして「これくらいならどうにか勉強できる」という自信をつけておくことが出来れば、最終時期も弱音を吐かず努力し続けることが出来るでしょう。

また、これ以上頑張ると体が持たなそうだなという限界も見つけておくと、受験直前に無理をし過ぎて体調を崩してしまうこともなくなるので、限界を見つけておくのは大切なことです。

まとめ

今回は「夏休みのラストスパート」をしてみよう!という回でした。

30分から1時間程度いつもより多めに勉強してみてはいかがでしょうか。

普段から12~14時間とかなりハードに勉強している人はほどほどに試してみてください。

次回は「夏休みの勉強の反省回」です!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!