公式LINE


学校ありの生活リズム&過去問スタートの時期を意識しよう:公式LINE(09/03配信)

第30回【学校ありの生活リズム&過去問スタートの時期を意識しよう】

9月に入って学校は始まりましたか?

学校がない状態での受験勉強が続いたはずなので、学校が始まった今、改めて毎日の過ごし方を整理し直すのがおすすめです。

そのためのヒントを解説していきます!

生活リズムの乱れはないか

たびたび「朝から勉強しよう」と伝えてますが、それでも夏休みは夜型の生活をしていた方が一定数いらっしゃるはず。

そんな方は9月に入ってから

眠い目をこすりつつ学校へ行く
→帰ってきて疲れているから仮眠する
→夜中遅くまで勉強する
→次の日も眠い

の繰り返しになっていませんか?

帰ってきてから仮眠を取っていると、夜寝るのが遅くなってリズムが戻らないもの。

仮眠を取るなら、学校の昼休みなどの明るい時間に15分程度がおすすめです。

リズムを取り戻すためにも、まずは1~2週間程度は起きる時間と寝る時間を固定して過ごしてみましょう。

遅くとも11月からは滑り止めの過去問を意識したペースを

合格から逆算したときに、遅くとも11月頭からは滑り止めの過去問を始めておきたい所。これは大学受験の常識です。

早い人は9、10月から始めています。

そのため11月以降は新しい参考書の1周目を進める暇はありません。

出来れば参考書や問題集の2周目までは、10月末時点でキリの良い所までは進めておきたい所。

3周目が残っている分には、過去問と並行して進められますが、

2周目は学力が大きく伸びている段階なので、過去問を解いてもその得点が参考になりませんし、

2周目は負荷が大きい(=時間がかかる)ので、どうしても過去問の演習量が少なくなりがちです。

今のペースで「10月末までに各参考書の2周目が終わる所まで進みそうか」チェックしてください。

それも踏まえてスキマ時間を無駄にしていないか

このペースを意識して計算をすると、スキマ時間すら1秒たりとも無駄に出来ない人も多いはず。

学校の休み時間、登下校の時間、その他ちょっとした休憩時間なども勉強できるようになると、1日に勉強できる量が大きく伸びるはずです。

単語や一問一答、リスニング系はスキマ時間も上手く使っていきましょう。

また学校の授業も「全授業」が必要なわけではないはず。

たとえば「英作文が受験では出題されないけど授業はある」とか「古典が受験では必要ないけど授業はある」とか。

学校の先生とも相談して、受験で使う科目に集中できるなら集中してしまえばOKです。

ただし、内職をするときにはちゃんと相談してからにしてくださいね。

こういったスキマ時間も含めて、1週間の時間割を見直してみてください。

もちろん朝起きたところから夜寝るところまでの勉強の計画を、これまで通りに丁寧に立てるようにしましょう。

計画の立て方は「アーカイブ」と入力して過去配信を参考にしてください。

まとめ

今回は「学校ありの生活リズム&過去問スタートの時期を意識しよう」について説明しました!

生活リズムを整え、スキマ時間を上手く活用して効率的に勉強を進めていきましょう。

過去問演習から逆算すると遅くとも10月末には、各参考書の2周目まで終わらせておくのがおすすめです。

次回は「模試の成績で一喜一憂しないこと」をテーマに解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!