公式LINE


受験生にクリスマス年末年始はありません:公式LINE(12/24配信)

第46回【受験生にクリスマス年末年始はありません】

冬休みに入った受験生も多いはず。

冬休み以降は本当に最後の追いこみのシーズンです。

クリスマスと年末年始はしっかり勉強

世間は正にクリスマスの時期だと思いますが、こんな時期にも最大限の勉強時間を確保できるように時間を調整しましょう。

もちろん年末年始も一般的にはご家庭の用事などイベントが重なる時期なのは分かっていますが、これもできるだけ最低限に押さえて勉強しましょう。

今の時期の10時間は、高3春の10時間なんかよりも圧倒的に勉強効率が良くなっているので、差がつきやすい10時間です。

あと数点という所で合格に届かなかった人で

「この時期に勉強しておけば、もしかしたら受かったかもしれない」

と思う方は毎年いらっしゃいます。

悔しい思いをしないようにしたい所です。

家族とも話し合っておく

クリスマス、年末年始は家族行事だったり宗教行事だったりしますから、各ご家庭で考え方は違うもの。

事前に短時間で良いので、ご家族とも話し合っておきましょう。

「私は出来るだけ勉強に集中したい」という旨を伝えておかないと、

「たまには息抜きさせてあげたい」という保護者さんの愛が、ギクシャクする原因になってしまうことがあります。

余計なことでストレスを抱えないためにも、勉強に集中するためにも、コミュニケーション不足には注意しておきましょう。

体調管理も大事

逆にとにかく追い込みまくって、クリスマスや大晦日は「企画的に」徹夜で勉強なんてことをする人もチラホラいますが、あまりおすすめはしません。

体調管理が第一だからです。

体調も勉強時間もキープするためには、冬休みだろうが、何だろうが、毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝るのが大事。

睡眠だけでなく、「手洗いうがい」や「食事」にも気をつかってください。

寒くて乾燥する時期なので、温度や湿度も出来るだけ気を配って、元気な状態で勉強を続けましょう。

外に出るのも大事

受験が近づいてきて追い込まれているのは、どんなに健康な人でもストレスを感じます。

特に、これから1週間~2週間は学校や図書館など普段勉強に使っている場所が使えないことも多く、家にこもりっきりで勉強する人も出てくるはず。

勉強に集中するのは良いことですが、こもりっきりで1週間も2週間も日を浴びていないと、それも健康に良くありません。

1日1回数十分でいいので、日を浴びるようにしてください。

それだけでも精神的な健康も守られるはずです。

まとめ

今回は「クリスマスと年末年始の勉強の注意点」を解説しました!

次回は「本番に向けての調整」について解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら