公式LINE


本番に向けて調整1:公式LINE(12/31配信)

第47回【本番に向けて調整1】

年末になりました。

年が明けたら1月からは共通テストも含めて本格的に受験が始まる方も多いはず。

少しずつ試験モードに調整していきましょう。

1週間前からは勉強しすぎにも注意

本番1週間前くらいからは「勉強のしすぎ」にも注意が必要です。

ちゃんと睡眠をとっていれば、1日10時間勉強くらいまでなら、次の日にも疲労が残ることはないはずですが、

本番前日まで13時間も14時間も勉強していては、疲れが残ったまま本番を迎えてしまいます。

受験当日から数えて1週間程度は体調の調整期間が入るものと思って、それでも納得の勉強量になるようにこれからの学習ペースを改めて計算し直してみてください。

特に、私立大受験が1週間以内に3校も4校もある人もいるはず。

その週は、ほとんど勉強できないものとしてカウントしておくのが無難です。

冬休みラストの追い込み

調整期間があとあと必要になることを考えると、今が共通テスト前ラストの追いこみの時期であることは間違いありません。

年末年始の忙しい時期ですが、少しでも周りの人より多く勉強するつもりで頑張って勉強していきましょう。

この時期は勉強に苦手意識がある人でも12時間以上勉強している人が増えてきている時期。

つまりサボったら差がつきやすい時期です。

最低でも10時間、出来れば12時間程度勉強する時間割を作って勉強をしてください。

本番と同じ時間で過ごす

過去問演習メインの学習を続けていると思いますが、本番が近づいてきたので、本番を想定して本番と同じ時刻で試験当日と同じ制限時間で過去問を解いてみる日も何日か作ってみましょう。

例えば共通テストであれば、Z会、駿台、河合塾から「パック」と呼ばれる共通テストの予想問題が全科目1回分収録されたものが売られています。

これを使って当日の時刻に合わせて解いてみるのがいいでしょう。

もちろん個別試験の場合も当日の時刻が分かっていれば、過去問で同じことができます。

「朝解いた科目は集中できなかった」のであれば、起きる時間や寝る時間が遅すぎるのかもしれません。

「最後の方の科目は集中が途切れた」のであれば、休憩時間の過ごし方や昼食についても適切なものを考え直してみるのがいいでしょう。

出来れば、本番までに3回程度は実際の時刻に合わせて練習しておくのがおすすめです。

何時に寝て、何時に起きて、どう休憩時間を過ごして、何をお昼に食べるのか、などは最低でも本番までに考えておきたい所です。

過去問で自分ルールを作る

共通テストの過去問演習に関しては最終期なので、受験当日に焦ることのないように「自分ルール」を作っていきましょう。

  • どの大問からどの順で解くのか
  • 各大問に使う時間の目安は何分か
  • 目安時間を超えそうなときはどうするか
  • 選択肢で迷ったときはどうするのか
  • どのタイミングで見直しをするのか

こういったことも考えて事前に決めておきましょう。

自分ルールに従って解いたせいで飛ばした問題も、もちろん復習は丁寧にしてくださいね!

まとめ

今回は「本番に向けての調整」について解説しました!

次回も「本番に向けた調整」について引き続き解説します!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら