東大生の合格体験記

オンオフの切り替えを大切にして、地方高校から見事東大理科1類に合格!

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「お前なら東大に行ける」ー受験勉強中に不安になり、学校の先生に市村さんが言われた言葉。優しく手厚いサポートをしてくれる高校の先生とともに受験を進めた市村さん。勉強に疲れたら兄弟と話したりスマホゲームなどで息抜きをしたりして、上手にオンオフの切り替えをしていた彼に、受験勉強について聞きました!

市村さんの基本情報はこちら!

  • 名前
  • 市村さん
  • 大学・科類
  • 東京大学理科1類
  • 出身高校
  • 岡山朝日高校
  • 高校偏差値
  • 68
  • 現役時・浪人時通塾なし
  • 部活
  • サッカー 軽音(ドラムやボーカル)
  • 趣味
  • 音楽を聴くこと(B’z エアロスミスなど)

 

橋本塾長

市村さんは、岡山朝日高校出身ということですが、どんな高校でしたか?

相談者のシルエット(男)

僕の高校は、よくある典型的な地方の公立進学校で、文武両道を目指す高校でした。特別に演習クラスなどがあったわけでもないです。でも、生徒を気にかけてくれる素敵な先生が多かったですね。

橋本塾長

いい学校ですね!東大には毎年どのくらいの人が進学するんですか?

相談者のシルエット(男)

僕たちの代は20人くらいで多い年だったんですけど、毎年だいたい10人くらいです。

サポートを手厚くしてくださる先生方とのコミュニケーションを大切にしていた

橋本塾長

そんな市村さんが東大をはじめて意識したのはいつ頃ですか?

相談者のシルエット(男)

そうですね…たしか浪人の夏ごろです。

橋本塾長

浪人してからなんですね!何かきっかけがあったんですか?

相談者のシルエット(男)

先生からの後押しがあったことが一番大きいですかね。現役時は京都大学を目指していたんですけど、浪人の夏で成績が上がってきて「東大も狙えるぞ」と言ってもらえてそこではじめて東大を目指しましたね。

橋本塾長

そうなんですね!先生というのは塾の先生ですか?

相談者のシルエット(男)

いや、学校の先生ですね。僕は現役と浪人どちらも塾には通っていないんですよね。僕は昔から塾には通いたくなくて、学校終わったのに学校のようなことを塾でしなくてはいけないのが、嫌だったんですよね。あと、学校の先生が浪人時代も熱心にサポートしてくれたので塾に通うことはなかったです。

橋本塾長

なるほど。学校の先生たちは、具体的にどのようなサポートをしてくれたんですか?

相談者のシルエット(男)

質問があれば、放課後に聞きに行ったら教えてくれていました。特に数学については、毎週過去問を印刷して解き、先生に採点してもらっていました。また、受験について不安になるたびに、先生に相談すると「お前ならいける」と言ってくださって、それが自信になりました。

橋本塾長

生徒に寄り添ってくれる先生が多かったんですね。先生と深い関係を築いていたようですが、どのように先生と関係を築いたんですか?

相談者のシルエット(男)

先生がみんないい人だったので、臆さずにコミュニケーションを取っていました。僕の高校の先生はみんな生徒思いだったんですけど、きっとどこの先生も生徒思いなはずです。自分から話しかけて、顔を覚えてもらえるようにすればいいと思います。

橋本塾長

たしかに、学校の先生に認知してもらっておくことでいろいろ手助けしてもらえるから、受験に有利に働きますね!

勉強の進め方は、基礎から始めて多くの過去問演習を解いた

橋本塾長

勉強の進め方で、工夫したことなどはありましたか?

相談者のシルエット(男)

現役時は、高3の11月末まで、受験勉強を特にしていなかったので工夫もあまりないですね。浪人時は、現役で落ちたのは数学が原因だと分かっていたので、数学をメインに1年間やっていこうと決めていました。だから、3~6月までは高校の先生がして下さる授業で扱う問題のみで基礎を固めて、夏から赤本を始めました。

橋本塾長

浪人時も高校の先生が授業をしてくれていたんですか?

相談者のシルエット(男)

そうなんですよ。僕たちの代だった先生たちが、浪人時も授業をして下さっていました。有難かったです。

橋本塾長

本当に手厚いサポートだったんですね。苦手だという数学はどれくらい勉強したんですか?

相談者のシルエット(男)

もともと数学は「嫌いではないけど点が取れない」という科目だったので、これを解消するには時間をかけるのみだ、と思っていました。だから、夏の間に赤本で20年分ぐらい東大の過去問を解いたのを覚えています。そうするとだんだん不思議と解けるようになってきましたし、それだけやりきれば数学でやり残したことはないと思えましたね。

橋本塾長

たくさん過去問を解いたんですね。そういう勉強の方針も含めた勉強計画はどのように決めていたんですか?

相談者のシルエット(男)

毎日の勉強内容はけっこう気分で決めていたんですけど…この科目のこの分野がだめだなと思ったらそれを勉強する、という感じでした。

橋本塾長

何を優先的に勉強していくかは自分で決めていたんですか?

相談者のシルエット(男)

そうですね、先生と相談しながら、最後は自分の中で優先順位を決めていました。

息抜きも大切にしつつ、自信の源は自分の努力

橋本塾長

市村さんは、勉強の息抜きには何をしていたんですか?

相談者のシルエット(男)

現役時代はカラオケに行くことが息抜きでした。また、双子の兄と一緒の勉強部屋だったので、話したりたまに外でキャッチボールしたりしていました。
浪人時代は、スマホゲームですね。

橋本塾長

ゲームですか!

相談者のシルエット(男)

こんなにやっていいのかと思うくらい、夜な夜なゲームしてました。センター前日も真夜中までやっていたことは、よくやったなと自分でも思いますね(笑)。

橋本塾長

センター前日も!それはすごいですね(笑)。そういった話を聞いていると、市村さんは「気持ちにゆとりを持って受験に臨んでいらっしゃるな」という印象なんですけど、自信の源とかってありますか?

相談者のシルエット(男)

現役の時は根拠のない自信だったんですけど、模試の判定で「絶対合格は無理」というわけでもなかったので、そこまで心配してなかったです。あとそもそも、浪人を1年くらいはしてもいいとは思っていました。
浪人時代の余裕は、頑張った自信があったからです。勉強ができるようになると楽しいと思うようになって、楽しく受験勉強が出来ていました。

橋本塾長

ありがとうございます。それでは最後に、これから東大を目指す受験生に一言お願いします。

相談者のシルエット(男)

受験勉強において不安を感じないということはまずないです。すごく不安に襲われて、メンタルやられるかもしれないですけど、やるしかないです。不合格になって、別の大学に行ったり、浪人することになったりという、当初想定していたものとは別の道に行くことになっても、それでも後に幸せになったのなら、受験に成功としたと言えるのではと思います。受験に落ちたとしても、成功することはできます。受験の結果の受け止め方として、くよくよしないで欲しいです。
たまには息抜きで、音楽聞いたりカラオケ行ったりしてくださいね。

まとめ

現役時も浪人時も、塾に通わなかった市村さんは、学校の先生の手厚いサポートのもと、受験勉強を進めました。その中では、カラオケやスマホゲームといった息抜きも大切にしつつ、頑張って勉強したという自信が持てるまで過去問などに取り組んでいました。最後に市村さんが述べてくれたように、受験に不安はつきものです。しかし、やるしかないのです。後悔しないように勉強をし続けることで、後の成功にもつながるでしょう。みなさんも悔いのないように勉強をしてくださいね。

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!