塾・予備校

大学受験の予備校でかかる費用は?現役東大生が教える正しい予備校活用法

大学受験で予備校や塾に通うとしたら費用はどのくらいかかるんだろう……。と不安になることがありますよね。それもそのはずで、今や高校卒業をした人の大学などの進学率は50%を超えて、「就職を考えるにしても最低限大学には通わせてあげたい……」という親御さんは多いのです。また、それに伴い出てくるのは「予備校に必要な費用はいくらくらいするんだろう…。」「進学に協力してあげたいけど、予備校の費用が心配…。」などのお金に対する不安かと思います。さらに「高いお金を払うんだったら、いろいろ比較してから決めたい!」と考える方もいるかと思います。ですので、この記事ではそんなお悩みを解決するために大学受験の予備校でかかる費用はいくらなのか?予備校にはどんな活用法があるのかを徹底的に解説していきます!

赤神困る顔
大学受験の費用を考えることはたいへんだよなぁ……。
赤神くんどうしたの?しけた顔して??
赤神困る顔
生徒に向けた大学受験の塾の費用の資料作りをしているんだが、情報がまとまらなくて……。
あら、それならば最近私が受験の塾の費用をまとめたものがあるわ!
赤神喜んだ顔
ちょうどいい!今日は塾の費用についてまとめたものを教えてくれ!
わかったわ!じゃあ、今回はそれについて紹介していくわ!

大学受験の塾・予備校でかかる費用は、いつどんな講座を受けるかで決まる!

まず、大学受験で予備校や塾を活用する場合、費用は「いつ」「どんな」講座を受けるのかで結果が変わってくるわ

大学受験の塾は入る時期や授業によって、値段が変わってきます。まずは河合塾の講座を例に、時期や授業によってどのように変化していくのかについて見ていきましょう。

いつ受けるかでどのくらい費用が変わるのか

講座名①:個別指導講座

  • 講開始月:9月
  • 費用(一括の場合):208,320円
    費用(分割の場合):34,720円×6回
  • 受講開始月:10月
  • 費用(一括の場合):173,600円
    費用(分割の場合):34,720円×5回

講座名②:トップレベル(科目名)

  • 受講開始月:9月
  • 費用(一括の場合):95,400円
    費用(分割の場合):15,900円×6回
  • 受講開始月:10月
  • 費用(一括の場合):79,500円
    費用(分割の場合):15,900円×5回
赤神普通の顔
やはり遅い方が安いよな!
ええ!1回分の分割費用を得している計算ね!でもその分1ヶ月分通わないことになるから、どちらがいいかは人それぞれよ!

確かに遅く始めるほど費用は少なくなります。しかし、1ヶ月通わないということは1ヶ月分の授業を損していることになります。自分がどのように勉強するのか、しっかりと計画を立てた上で選ぶことがとても大切です

何を受けるかでどのくらい費用が変わるのか?

次は各コースの費用についてよ!下の表で確認してね!
  • 講座名:スタンダード(各科目)
  • 費用:95,400円
  • 講座名:個別指導講座
  • 費用:208,320円
  • 講座名:ONE WEX(各科目)
  • 費用:110,340円
  • 講座名:ONE WEX東大(各科目)
  • 費用:84,800円
  • 講座名:トップレベル国公立大(各科目)
  • 費用:81,600円
  • 講座名:アクティブアドバンスト(各科目)
  • 費用:89,100円
  • 講座名:ステップアップ英文法
  • 費用:17,000円
  • <参考:河合塾|https://www.kawai-juku.ac.jp/>

難易度が高い講座は、実力派の名だたる講師たちが真剣に考察して作っているぶん、値段が高くなっています。また、個別授業についても通常の講座よりもお金がかかる傾向にあるものとなっています。

難易度の高い講座は高い分得られることも多いわ!値段で決めるのではなく、自分の利益を考えて選びましょ

授業料以外にいろいろかかることも……費用を知る上で注意することは?

授業料以外にもかかってくるお金はたくさんあるわ!最後にそれらを見ていきましょう!

塾は授業料だけを払えばいいというわけではありません。塾に通う時には他にも様々なものがかかってきます。最後にそれらの金額を見ていきましょう。

赤神普通の顔
まず、塾に入るときには入塾料がかかるな!そして塾には講師以外にも影で支えてくれるチューターがいるからその人達に支払うお金も生じるな!

塾を考えるうえで最初にかかるものは入塾料です。このお金はどの塾でもかかる費用で、どんなにいい塾でも悪い塾でも払うものと考えてください。

そして、塾にいるチューター。この人たちもただ働きをしているわけではありません。なので、当然チューターにもお金は払わなければいけません。これがチューター料、担任指導料といわれるものです。

そして、当然、授業で使うテキストにもお金はかかるわ!だからテキスト代もしっかりと考えなければいけないわよ!

テキスト代も当然塾に通う時にはかかってきます。学校と違い、教科書はタダで配られるわけではありません。なので、テキスト代もかかる、ということも頭に入れといてください。

赤神困る顔
これ以外も塾によってはかかる可能性はあるな!これらを考えると塾に通うにはかなりのお金が必要になってくるな
そうね!授業料でさえ高いんだから、塾に通う時はかなりの出費になることは頭に入れといてね!「思ったより高くついてしまった……」とならないように気をつけて

大学受験にかかる予備校の費用を徹底分析!予備校の相場観とは?

次は大手予備校の費用を徹底的に比較してみましょ!
赤神普通の顔
わかった!欲しい情報としては、数学2コマ、英語2コマ、物理1コマの計5コマと、夏期講習6科目、冬期講習4科目の合計だから、それで計算してほしい!
確かに理系の生徒であればみんなそれくらい授業を受けるわね !

東進ハイスクールの価格表(税込み)

  • 入塾金
  • 32,400円
  • 担任指導費
  • 75,600円※1
  • 通常授業
  • 90分×20回
  • (通年)
  • 数学2講座,英語2講座,物理1講座 324,000円
  • 夏期講習
  • 90分×5回※2 6講座分 113,400円
  • 冬期講習
  • 90分×5回※2 4講座分 75,600円
  • 年間合計
  • 621,000円
  • ※時期やキャンペーン、受講内容によって入塾金や授業料などの費用は変わりますので詳細はHPにてご確認ください!
    ※1 4講座以上取った場合の値段です。3講座以下の場合、37800円になります。
    ※2 90分×10回の2講習講座もあります。その場合の値段は37800円になります。

東進ハイスクールの特徴は主に3つ挙げられます。

1つ目が、映像授業です。メディアでも有名な講師陣の授業を、地方の学生であっても受けることができます。また、映像授業ということもあってスケジュール管理は自分でできるので、授業を受け逃すことがありません。

赤神普通の顔
映像授業とはかなり最先端って感じがするな!

2つ目が担当講師制(チューター制度)です。この制度では、どうやって勉強を進めていけばいいのか、進路はどうしたほうがいいかなど勉強に関する質問だけではなく、勉強以外の相談にも対応してくれるシステムになっています

そして3つ目は、「グループ面談」です。このグループ面談では、勉強の振り返りをしたり、自分で勉強計画を立てる方法についてレクチャーしてくれたり、大学について知れたりします。この面談があることで、受験を広い目で見ることができるようになります

映像で授業を行う分、その他の部分でサポートしてくれる塾ね!モチベーションを下げない工夫をしてくれているわ!

河合塾の価格表(税込み)

  • 入塾金
  • 30,000円
  • 通常授業
  • 90分・週1回
  • (通年)
  • 数学2講座、英語2講座、物理1講座 平均140,000円※1
    計700,000円
  • 夏期講習
  • 90分×5回※2 6講座分 100,800円
  • 冬期講習
  • 90分×5回※2 4講座分 67,200円
  • 年間合計
  • 898,000円
  • ※1河合塾は講座によって値段は違います。1講座13万~15万円ほどです。
    ※時期やキャンペーン、受講内容によって入塾金や授業料などの費用は変わりますので詳細はHPにてご確認ください!

河合塾の特徴は、主に2つ挙げられます。

1つ目が、対面式で授業が行われることです。授業も受験生や成績を上げたい生徒たちが多く集まる中で行われるため、集中して講座を受けることができます。もちろんわからないところは直接質問ができるので、すぐに解決することもできます。

王道のやり方って感じね!先生が近くにいる分、わかりやすいのよね!

2つ目が、「担当チューター」制度です。先ほど、東進ハイスクールで解説した内容とほとんど変わりませんが、河合塾でも学生の悩みや相談に寄り添ってくれるチューターについてもらうことができます。また、保護者と生徒を対象としたイベントも開催されることがあるので、親子で受験に対する理解を深めることができます。大手の塾・予備校の中で河合塾は特に手厚いサポートが受けられます。

赤神普通の顔
親子で真剣に受験に向かいたいならば河合塾以上にいいところはないな

駿台予備学校の価格表(税込み)

  • 入塾金
  • 30,000円
  • 通常授業
  • 50分×3コマ×24回
  • (通年)
  • 数学2講座、英語2講座、物理1講座 844,000円
  • 夏期講習
  • 90分×5回※2 6講座分 124,800円
  • 冬期講習
  • 90分×5回※2 4講座分 83,200円
  • 年間合計
  • 1082000円
  • ※時期やキャンペーン、受講内容によって入塾金や授業料などの費用は変わりますので詳細はHPにてご確認ください!

駿台予備学校の特徴は、主に3つ挙げられます。

まず1つ目が、短い授業時間です。駿台予備学校では休憩までの1コマの授業が50分で行われます。これは他の塾や予備校に比べると非常に短く設定されており、生徒の集中力を保ったまま授業をすることができます

短期集中型の塾ね!飽きない工夫がされているのはとてもいいわ!

2つ目が、「担任制度」です。こちらも東進や河合塾と同じく、勉強以外の相談ができるようになっています。駿台予備学校の場合では、勉強内容については講師に、進路に関しては「クラスリーダー」というスタッフや「進路アドバイザー」という進路を専門に担当してくれるスタッフがいるので安心して相談することができます

赤神普通の顔
担任制度はどの塾でも王道のやり方だな!

そして3つ目が、講座の豊富さです。駿台予備学校には様々な進路に合わせてコースが用意されているため、自分の志望校にあったコースを選択することで効率的に成績を伸ばすことができます

自分のレベルに合わせて取り組むことができるのは本当にいいわね
赤神普通の顔
全体的に値段はかかるが、かなりいい塾だな!
短い時間で集中してやりたかったり、豊富な授業を受けたかったりする人にはオススメね

学習塾STRUXの価格表(税込み)

  • 入塾料
  • 54,000円
  • 授業料(スタンダートプラン)
  • 70,200円(月額)
  • 戦略トレーニング
  • 50分×週1回
  • 演習ゼミ
  • 60分×週1回
  • 課題
  • 月1回
  • 授業料(ライトプラン)
  • 48,600円
  • 戦略トレーニング
  • 50分×隔週1回
  • 演習ゼミ
  • 60分×週1回
  • 課題
  • 月1回
  • 合計
  • スタンダードプラン:896,400円
    ライトプラン:637,200円

学習塾STRUXでは、主に3つの特徴があげられます。

1つ目がオンラインでも1対1で面談ができることです。一般的な塾予備校とは違いオンラインで行うこともできるので、どこに住んでいても受講ができ、講師の質にも差がほとんどありません。また、質問は24時間送ることができるので悩んだらいつでも聞けます。

1対1で見てくれることでより自分に合った勉強ができるわね!

2つ目が、「いつ」「何を」「どのくらい」 取り組めばいいのかが明確になる勉強計画が立ててもらえることです。計画には2種類、受験まで何をすればいいのかがわかる『年間計画』と毎日何をしていけばいいのかが明確になる『週間計画』があります。これらを毎週ブラッシュアップさせながら常に合格に最適な勉強が提案されます

赤神普通の顔
自分オリジナルの勉強計画表はかなり嬉しいと思うぞ!

3つ目が、生徒専属の講師が受験までサポートしてくれることです。また各生徒に合わせてサポートする体制も整っています。部活が忙しい子やバイトをしている子、勉強習慣がない子など、様々な生徒の生活リズムを分析して、その生徒にあったサポートをしてくれます

サポートに関してはどの塾よりも信頼できるわね!
赤神普通の顔
他の塾とは使い方は違うぞ!どっちの塾がいいのかを考えて選んでいこう!

結局いくらくらいかかるの?

赤神普通の顔
有名な塾をまとめてみると、全然特徴も違うし面白いな!
そうよね!塾によって特徴は違うわ!好きな塾を見つけやすくなるようにまとめれたんじゃない?
赤神困る顔
ああ!だけど、どの塾も値段がかなり高いな……
そうね!ここまで高いのも塾の定めなのかもしれないわ……

塾に通うということは、かなりの出費になります。今回の例だとしても、どの大手塾でも90万円ちかくはありました。人によってはこれよりも授業を取る人は多いはずです。そうなると、100万円以上かかってしまうことも覚悟しなければいけません。

赤神困る顔
わかりやすい授業も魅力的だが、その分お金はかかってしまう……。本当に必要な授業かどうかを計算して通わないと、かけたお金が無駄になってしまうな……
本当にそうね!しっかりと両親と相談して、本当に必要な授業かどうかを考えてから、通うことをオススメするわ

さらに、今回紹介したのは映像授業や集団授業のため、「個別指導で受講したい!」という人はこれよりさらに高く、100万〜120万円かかるということも少なくないようです。個別指導の塾を考えている人は、より慎重に考えてから通うようにしましょう。

現役東大生に聞いた!大学受験で予備校にかけた費用は?

pattern1:都市部の塾で現役合格!

大学名:東京大学経済学部

  • 通っていた塾①
  • 東進ハイスクール
  • 通っていた塾・予備校のコース
  • 「勝利のストラテジー」「現代文トレーニング」「東大数学問題演習」など20講座と添削が受けられる講座を受講。
  • いつから通っていた?
  • 高校1年生
  • 通っていた期間
  • 2年2ヶ月
  • およそかかった費用
  • 合計50万円ほど
  • 通っていた塾②
  • 東進ハイスクール
  • 通っていた塾・予備校のコース
  • 東大特進コース 現代文・英語・古文・日本史・地理を受講
  • いつから通っていた?
  • 高校3年生4月
  • 通っていた期間
  • 10ヶ月
  • およそかかった費用
  • 授業料はかかっておらず、教材費に数万円。
塾・予備校で用意されているコースに入るのではなく、自分に必要な講座を取っていたタイプね!自分に必要なことがわかって入れば、その分効率よく学習が進められるわ!

pattern2:地方の塾で現役合格!

大学名:東京大学法学部

  • 通っていた塾
  • 東進衛星予備校(地元の大手塾がフランチャイズ展開)
  • 通っていた塾・予備校のコース
  • 映像授業の年8講座のコース+東大特進コース
  • いつから通っていた?
  • 高校1年生
  • 通っていた期間
  • 3年間
  • およそかかった費用
  • 年間4~50万円
フランチャイズ展開をしている塾・予備校では特待生制度がないことが多いが、東大特進コースにおいては、東大模試の得点によって特待生になれるぞ!特待生になれると教材費だけで講座が受けられるので、勉強ができれば塾・予備校に費用を抑えて通うことが可能だ!

pattern3:地方の塾で1浪で合格!

大学名:東京大学経済学部

  • 現役時代に通っていた塾①
  • 河合塾
  • 通っていた塾・予備校のコース
  • 東大英語/東大文系数学
  • いつから通っていた?
  • 英語:高校2年生の春から(高校3年生で東大コースに移行)
    数学:高校2年生の1月から(高校3年生で東大コースに移行)
  • 通っていた期間
  • 英語:2年間
    数学:1年1,2ヶ月
  • およそかかった費用
  • 60万円~100万円以内
  • 現役時代に通っていた塾②
  • 東進ハイスクール
  • 通っていた塾・予備校のコース
  • 東大特進コース 現代文、日本史の映像授業
  • いつから通っていた?
  • 現代文:高校2年生の秋
    日本史:高校3年生の夏
  • 通っていた期間
  • 現代文:1年2,3ヶ月
    日本史:7,8ヶ月
  • およそかかった費用
  • 授業料はかかっておらず、教材費に数万円。
  • 浪人時代に通っていた塾
  • 駿台予備学校
  • 浪人時代に通っていた塾・予備校のコース
  • スーパー東大文系
  • いつから通っていた?
  • 高校卒業時
  • 通っていた期間
  • 1年間
  • およそかかった費用
  • 通期で70万円ほど+講習費で20万円ほど
東大に進学するために必要なコースを選択し受講したタイプね!伸びるのに時間のかかる英語や数学は高校2年生のうちから塾・予備校で対策しているわ!

大学受験にどうせ費用をかけるならコスパよく塾・予備校を活用したい!その方法を現役東大生が解説!

お子様の大学受験で予備校に通わせてあげたい場合、費用がどのくらいかかるのか、高いお金を出すならコスパを良くしたい!というのが本音ですよね。
僕が受験生の頃はコスパよく塾を活用する方法はわからなかったな……。
確かに、料金の話ばかりで結局どうすればいいの?ということはありそうね!ならここからは塾をどのように使えば、費用を抑えつつ活用できるのかをまとめていきましょうか!

期間限定講座はどんな人が受けるべき?期間限定講座の費用対効果とは!?

赤神普通の顔
まず、期間限定講座はどのような人が受けるべきなんだ??
そうね!期間限定講座は自分の足りない部分を補う人が受けるべき講座よ

期間限定講座は長期休暇に主に行われます。まとまった時間を取れる長期休暇は自分の弱点を補うことができる丁度良い期間です。なので、この時期こそ自分のわからない部分を効率よく理解することが求められます。 だからこそ、期間限定の講習講座を活用することで自分の伸ばしたい科目、分野を効率よく勉強することができます

赤神決め顔
長期休暇はそのようなわからない部分を補うことが求められるということだな!
そう!だから受験生はしっかりと何を取るのかを選んで授業を受けることが
大切よ!

受験生の長期休暇は限られています。授業だけを受けていても自分の身にならないため、しっかりと自分で勉強する時間も取る必要があります。なので、講習は自分の弱点になるところだけをカバーして取っていくことが求められるのです。

自分がわかっている分野にお金を払っても仕方ないわ!どうしてもわからないと感じる講座にだけ通うことが一番効果的に勉強を行えるわよ!

塾・予備校に入る前にあることを決めておかないと損をする?損をしないために決めておくべきこととは?

赤神普通の顔
塾もただ通うだけでは意味はないよな!ここではどのような塾を選べばいいのかを考えよう!
塾に通う時に注意することは、「自己分析をしっかり行う」ことよ!

塾に通う前に、自分がどの科目が苦手なのかを理解することはとても大切です。自分の弱い部分を補い、強化するための塾だというのに何も考えずに通ってしまうと時間がかなりもったいなくなってしまいます。塾に通う時はしっかりと計画を立てて、自分のためになるようにしましょう。

赤神普通の顔
何も考えずに通うと本当に損するだけだ!しっかりと何を補うのかを考えて各教科を強化していこう

また、塾によっては科目の知識を補う以外のことをやってくれていることもあります。「自分が塾にどういうことを求めるのか?」「塾でどういうことをしてほしいか?」をきちんと考えた上で塾を選びましょう。

東大生はどうやってコスパよく塾・予備校を活用していたのか?現役東大生に直撃インタビュー!

塾・予備校に行っておいてよかったなと思うことは?

東京大学経済学部3年のMさんの場合

塾や予備校に行っていてよかったなと思うことは主に2つあります。まず1つ目が、勉強に集中できる環境が整うということですね。勉強する時に一番良くないと思っているのが、『勉強をしようと思ったのにできていない』ということです。僕自身、家ではなかなか集中できなかったので、塾・予備校が提供していた自習室が使えたのは大きかったです。また、勉強する場所があることで勉強ができない言い訳もできなくなりましたね!そして2つ目は、自分の学力が志望校に追いついていない場合、自分にあった講座が受講できれば、素早く遅れ分を取り戻すことができるということですかね。ただ、レベルの合わない講座を受けてしまうと何の力もつかないので、要注意ですね

どんな立ち位置で塾や予備校を使っていましたか?

受験において、勉強できるタイミングは以下の3つあると思っています。

  • 学校の授業
  • 塾・予備校
  • 自学自習

そして、受験勉強の内容も以下の3つに分けられるかなと思います。

  • 基礎知識のインプット
  • 問題演習でアウトプット
  • 過去問演習

僕は問題演習でのアウトプットを自学自習で行い、塾・予備校では基礎知識のインプット、過去問演習の勉強をしていました。僕の場合は、学校の授業をあまり聞いていなかったため、塾で基礎知識のインプットからやり直しました。

問題演習を自学自習で行なっていた理由は、問題を解いて反省点を見つける作業は自分1人で完結しますし、問題演習でみえた課題を塾で解決した方が、無駄がないと思っていたからですね。高いお金を払うので、塾・予備校の時間は塾・予備校でしかできないことをやるように意識していました。

おすすめの活用方法があったら教えてください!

まずは、通う塾・予備校で自分が求めている授業や指導がされているのかしっかり見極めることが大切ですね。ここの選択がうまくできなかっただけで、その後の伸びに大きく影響してしまいます。また、塾を見極めるためには、自分が塾で何を得たいのか、何のために塾に通うのかをはっきりさせる必要があると思います。自分にあった講座や授業を受けて成績を伸ばしましょう!

学習塾STRUXと他塾の費用比較


学習塾STRUXロゴ

赤神普通の顔
最後に学習塾STRUXと他の塾との費用を比較してみたい!
わかったわ!実際に確認してみましょう!

学習塾STRUXと他の塾との比較をしてみましょう。他の塾に通う際に生じる費用は最初の入学金に加え、授業を取ればとるほど、そして期間限定講習を取ればとるほど高くなり、100万円を越えることも考えられます。しかし、STRUXにかかる費用としては入学金と月謝のみになっています。また、受験に必要な科目すべてを見てもらえて個別授業であることも考えると月謝が4.5万~6.5万円のSTRUXは圧倒的な安さになっています。

科目数によって追加料金もかからないし、別途チューター代などもかからないから、安心できるわね。

まとめ

赤神普通の顔
四ノ宮さん、今回は助かった!おかげで資料をしっかりとまとめ上げることができた!
いいえ!こちらこそ、改めて確認出来ていい機会になったわ!高校生にとって塾をしっかり選ぶことは大切!もう一度しっかりと復習して、自分に合う塾をしっかりと選びましょ!
  • 大手予備校で費用は大きく変わらないが、受講するコースによって費用が大きく変わる!
  • 塾・予備校はしっかりと選ぶことが大切!何が足りなくて何が必要なのかを整理して、目的に合った塾選びをしよう!
  • みんなが行っているからではなく、どうして行くのかを考えよう!金銭面もしっかりと考えてよい塾生活を!

塾・予備校を選ぶ上で後悔しないためにはどうすればいいのか気になる人はこちらをチェック!

 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る