塾・予備校

【大学受験】勉強効率が倍になる?!合否を分ける正しい受験計画の立て方!

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

みなさんは、定期テストや資格試験で勉強計画を1度は立てたことがありますよね。 しかし、多くの人は計画通りに勉強をすすめることができずに、挫折してしまったり、勉強が嫌いになってしまったりしたかと思います。 特に受験勉強では、今までの定期テストや資格試験とは違って長期間の計画を立てる必要があります。 いままでの間違った計画の立て方を改めて、正しい立て方で勉強効率をあげましょう! 今回は大学受験における勉強計画の立てからを解説していこうと思います。

今回は、大学受験における計画の立て方について解説していきたいと思う!
赤神くんの得意分野ね!
ああ、勉強計画をうまく立てられるかどうかで、勉強効率をあげられたり、志望校に合格できる可能性も変わったりするんだ!
確かにそうね!私も受験を経験しているからよくわかるわ!
じゃあ、今回は大学受験における計画の立て方と重要性について解説してくぞ!

何で大学受験で計画を立てるの?立て方とメリット!

計画計画とはよく耳にするものの、なぜ計画を立てなくてはならないのか、計画を立てるとどんなメリットがあるのかを理解している人は少ないと思います。ここでは、なぜ計画を立てる必要があるのかを明らかにし、その立て方とメリットを紹介していきます。

まずは、計画をなぜ立てるのか。計画を立てるとどんないいことがあるのかについて解説していくぞ!

計画を立てることは大学受験のスタートライン

勉強計画は大学受験をする上で、とても重要な役割を果たすわ!
ココにテキストを入れて下さい。
まずは、計画を立てずに勉強するとどうなってしまうのか見ていこう!

大学受験で計画を立てないのは、ゴールのないマラソンを走るのと同じ?

あーーーーー!あとどのくらい勉強すればいいんだーー!
マルオじゃないか!どうしたんだそんな奇声を発して。
あががびゼンゼー、もう大学受験なんてやめてしまいたいです。
なにから手をつけていいかも、なにをやれば成績が伸びるのかも全く目処がつきません……。
もしかして、計画を立てずに勉強してないか?!
ケイカク……?旅行にでも行くんですか?
はぁ……。

このように勉強計画を立てずにがむしゃらに勉強してしまっている受験生は、実はすごく多いんです。皆さんはゴールのないマラソンを走れますか?大学受験はよくマラソンに例えられます。計画を立てずに勉強するということは、マラソンで『何km走ればいいか決まっているけど、初めは言わないから。その距離走りきったときに教えるからとりあえず走って!』と言われて走るのと同じです。これでは、合格までの距離もわかりませんし、どのようなペース配分で勉強したらいいのかもわからなくて不安ではないでしょうか。

たしかに、不安でしょうがないぞ!でも計画を立ててどんないいことがあるんですか?そんな時間があったら勉強をした方が良くないですか?
落ち着け……。

大学受験で計画を立てるメリットとは?

上で計画がないとどうなってしまうのかはわかってもらえたと思う!そこで次に計画の立てるメリットについてまとめていくぞ!
お願いしますっ!!

大学受験をする上で、勉強計画を立てることで得られるメリットたくさんあります。ここでは、そのなかから主に3つ紹介しますね。

  • 大学受験までにやるべきことが明確になる。
  • 自分の現在地を知ることができる。
  • 毎日の学習に迷いがなくなる。
なるほど、計画立てるとこんないいことがあるんですね!!
これでマルオの悩みはなくなることがわかっただろう!
ん……。でも実際に立てていくのにやっちゃいけないこととかないんですか?
いい質問だな、それについてはこれからしっかり解説していくぞ!

大学受験で志望校を決めずに計画を立てるのは危険!

多くの受験生は今の自分の学力から『足し算』して合格を目指そうとしてしまうんだ!

計画を立てるときに『何となくこのくらいやれば学力がつくだろう』『とりあえず参考書を終わらせるために計画を立てよう』などと思って計画を立ててしまう高校生は意外と多いです。そんな立て方をしてしまうと危険なことになってしまいます。なぜなら、計画とは志望校に合格するためには、いつ何をやるべきかゴールから考えなければならないからです。つまり、計画は『逆算』して立てなければなりません。

ぼくはてっきり難しい参考書をやればいいと思ってましたよ!
そうだと思った……。ちなみに大学によって出題傾向が違うから志望校を必ず分析してから計画に落とし込む必要があるぞ!
えっ!最高レベルまで勉強すればいいんじゃないんですか?
受験勉強は時間との戦いだ!何が必要で何から勉強すべきか分析は必須だぞ!
また赤神先生のことだから僕のことを脅してるだけじゃないですか〜

志望校の傾向把握しよう

出題傾向がどのくらい違うのか英語を例にグラフにまとめたから自分の目で確認してみろ!

よく比較される東京大学と京都大学を例に見てみましょう

赤神先生、脅しじゃなかったんですね……。アハハハハ……。

上のグラフにあったように東京大学では全体的に高いレベルの英語力が求められる一方で、京都大学では、英文解釈で非常に高いレベルが求められます。そのため、英文解釈に力を入れる必要があることがわかります。

ひとえに難関大学といっても大学や学部によって細かい部分は大きく変わるんだ!

自分の学力はどんな状態

よーし!志望校から考えて計画を立てていくぞ!まずは……。
マルオ、今の自分の実力は把握しているのか?
あ、中学レベルから始めようと思ってました!
さっきも言ったが、大学受験は時間との戦いだ!志望校が決まって傾向も掴めたら、模試の結果などを参考にして今の自分の実力を知ることが大切だ!

大学受験の計画を立てる上で、志望校の出題傾向を把握することは必須ですが、勉強を効率的に進めていくためには、自分の現在地を正確に把握する必要もあります。現在地を知ることで初めて志望校との距離が見え、自分がやるべき勉強がわかってくるのです。

なるほど!スタート地点とゴール地点をきちんと理解している必要があるんですね!

大学受験で計画倒れしないための、計画の立て方5つのポイント!

ここからは、計画を立てたのにいつもうまくいかなくなってします人にために、計画倒れしないためのポイントを紹介していこうと思う!

point1.自分がやるべき勉強量を知ろう!

自分が志望校に合格するためにはどのくらいの勉強量が必要なのか把握しましょう。具体的なやり方は、このSTRUX大学受験マガジンの『志望校別対策』から各大学に必要な参考書リストが乗っているのでこの記事を見終わったらチェックしましょう。

勉強量についてはこのサイトを参考にして把握することができるね!

point2.1年を通したペース配分

受験まで1年以上時間がある場合は、いつどんな時期にどの参考書を完成させておきたいか考えて、いつまでに終わらせるか計画を立てましょう。

人間は『自分の実力以上にできる』と思ってしまう生き物だから、あまり詰めすぎた計画にならないように配慮しよう!

point3.学校と休日の勉強時間配分

休日は現役生にとっては長時間勉強ができる貴重な日です。休日では平日とは異なるスケジュールの立て方をしてみましょう。例えば、一週間の復習は休日にまとめて行うようにしたり、演習量を増やしたりして自分なりの習慣をつけてみましょう。

僕は平日に知識を入れて、休日に覚えられているのか確認しようかな!

point4.長期休暇を最大限利用するには?

夏休みや冬休みは、現役生の成績がグンっと伸びる大きな要因になります。つまり、長期休暇を制することができれば合格できる力を養えると言っても過言ではありません。長期休暇を最大限利用するには、何時から何時まではどこで何をやるか明確にスケジュールを立てて習慣化してしまうことです。

ただし、今までの積み重ねをしないで長期休暇だけ勉強しても成績は伸びないぞ!!

point5.科目の特徴を把握して取り組む時期を決める!

科目によって、点数が伸びやすい科目と、時間をかけなければ点数に結びつかないものとがあります。それらの科目の性質を理解せずに勉強してしまうと、大学受験の日までに十分な力がつかない状態で受験することになってしまいます。例えば、暗記科目と言われる「世界史」では単語を覚えるとすぐに点数に直結します。逆に英語や数学では基礎力がつくまでに多くの時間がかかってしまうため、コツコツ勉強し続ける必要があります。多くの受験生は安心感をもとめて夏休みに点数が上がりやすい暗記科目に手を出してしまうため注意が必要です。

科目によって、伸び方が違うのか!適切なタイミングを見つけて勉強していかないといけないんだね!

大学受験で迷わず突き進むための3つの計画!

ここからは、大学受験で迷わず勉強するための3つの計画を紹介していくぞ!

受験までの全体像がわかる年間計画

大学受験の全体像を明確にして道筋を立てるのが「年間計画」になります。年間計画を立てることで、どの時期にどんな力をつければいいのかが段階的にわかるようになり、自分がどこに向かって勉強しているのかが可視化されます。

なるほど、自分が向かう方向性がわかるんだね!

やる気とモチベーションを保つ週間計画

2つ目の計画が週間計画です。週間計画は1週間単位でやることがまとまっているので、モチベーションが続きやすく、勉強の継続に役立ちます。

1週間という期間がモチベーションを保つためのポイントだな!

何やるか迷わない1日計画

1日計画では、習慣計画で明らかになったやるべきことを、その日に簡単にまとめましょう。その日の予定に合わせて、調整することで焦ることなく淡々とやるべき勉強をこなすことができます。

その日の勉強を始める前に簡単に立てられると良さそうだね!

大学受験に失敗する人の3つ計画の立て方と特徴

ここからは私も計画について話していくわね!まず受験生がやってしまいがちな間違った計画の立て方を解説していくわ!
サッチーさん!お願いします!

やってはいけないことその1:自分のレベルに合わない計画!

受験生にかかわらず、人は実力以上に自分ができると思ってしまうもの。そのため、無理な計画を立ててしまいがちです。例えば、基礎固めができていないにもかかわらず、いきなり難関大学レベルの参考書に取り組んでしまったり、睡眠時間を削ってたくさんの時間勉強しようとしてしまったりします。

勉強は自分の力にあったものをしないと何の意味もなくなってしまうわ!
一つずつ積み重ねていくことが重要なんですね!

そのため、自分の現在地を模試などを参考にして自分にはなんの力が足りないのか正確に把握することが重要です。また、模試を確認する場合には、点数やABC判定だけを参考にするのではなく、どこの問いでどうやって間違えてしまったのかまで確認して分析しましょう

やってはいけないことその2:細かく計画を立てすぎる!

計画はあくまでも大学受験の全体像を明らかにしたり、ペース管理をするもので、絶対的な指標ではありません。そのため、事細かに計画を立ててしまうことは、計画倒れしてしまう可能性も高く、時間をかけた割にいい計画ではないことが非常に多いです。

この日にどんな参考書をどのくらいやるのか、何時間その勉強に当てるのかくらいざっくりしていて問題ないわ!
19時から20時まで古文、20時から20時半までお風呂、20時半から21時になんて細かく立てても実行できなさそう……。

計画は実行可能なものでなければ意味がありません。実行できない計画を立てているのにもかかわらず、計画通りにできなかったために落ち込むなんてことにだけはならないようにしましょう。

やってはいけないことその3:はじめに立てた計画を見直さない!

計画通りに勉強したにもかかわらず点数が伸びないことは、受験勉強していてよくあります。また、最初に立てた計画の勉強量を実際にこなせないということや、その逆も起こり得ます。そのため、2~3ヶ月に1度は計画の見直しをしてみましょう。

立てた計画が、なかなか進まない場合にはすぐに確認すべきよ!

計画を立て直すか検討する際は、模試の結果を見たときに、自分が勉強した分野で得点できているかどうかで判断することがおすすめです。

勉強したのに得点できていない場合は、ペースや勉強法に問題はなかった確認する必要があるんだね!

やってはいけないことその4:その日に終わらなかった勉強を次の日にまとめてやろうとする。

あー、今日の勉強が終わらなかったから、明日にまとめてやろう!
マルオ君!!その勉強の仕方はとても危険よ!
えっ!なんでですか、明日まとめてやれば明後日からは計画通りになるじゃないないですか!

このように考えてしまう受験生はとても多いです。しかし、この勉強の仕方は生活リズムを崩してしまう原因になります。万が一勉強を先延ばしにしてしまった場合は、なぜその日に勉強ができなかったのかを考えて繰り返しそのような事態にならないように対策を打ちましょう

明日やろーはばかやろー。
……。

東大生に聞いた!大学受験で計画を立てる重要性!

ここからは、現役東大生に計画の重要性について聞いたことをまとめていくわ!

計画の必要性にはいつ気づいた?

高校入学時、東大には行きたいけれど、どうやって勉強していいかわかりませんでした。「東大に行くなら勉強しないといけないんだろうな」「何をどの時期にやればいいんだろうか」とは思っていましたが、何からどう勉強進めればいいのかは具体的なイメージは持っていませんでした。そこで、当時通っていた塾の講師の方に相談し、教えてもらって勉強法や計画にのっとって勉強を進めていきました。すると、成績が順調に伸びていったので、計画的に勉強することは必要だなと実感しました。

計画を立てる重要性を教えて?

計画を立てる重要性は、3つあると思っています。

1.やらなくていい勉強をやらなくてすむ

大学受験において、時間は有限なので、限られた時間でいかに効率よく勉強して行くかは重要です。また、多くの高校生は1年生から受験勉強を頑張ることができていません。ですので、計画を立てることはやるべきことを絞るという面でも重要だと思います。

2.勉強のやるべき順番が明確になる

成績を上げる上で、やってはいけない勉強法の一つとして、勉強する順番を間違えてしまうということがあげられます。成績がなかなか伸びない受験生は、十分な基礎力をつける前に問題演習に取り組んでしまったり、自分の実力にあっていない参考書に取り組んでしまったりしてしまいます。実際に僕の知人には、早い段階から難しい問題ばかり解いていて、結局志望校に合格することができなかった人がいました。高校の偏差値が高く基礎学力がついていても誤った順番で勉強してしまうと成績を伸ばすことができません。そのため、自分のレベルから合格までの階段を敷くためにも、計画は重要であると言えますね。

3.何やればいいのかが明確になる。

計画を立てることの魅力は、何をやればいいのかが明確になることです。前にあげたメリットと重複してしまうかもしれませんが、計画を立てることで、いつまでに何の勉強をしなくてはならないのかを明確にすることができます。やることが明確になれば毎日の勉強に迷うことなく取り組むことができ安心して受験勉強に励むことができます

東大生も計画は当たり前のように立てていたんだな!
よーし、僕も気合い入れて計画立てるぞっっ!!!!

合格に導く計画を立ててくれる学習塾STRUX

これまで計画の重要性について解説してきたが、『計画を実際に立てるのは難しい!』って人は結構いるんじゃないか?
そうね、受験生の中には『計画まで自分で考えられない!』『勉強することに専念したい!』と感じる人も多そうよ!
そこで紹介したい塾が『学習塾STRUX』なんだ!

学習塾STRUXは一般的な塾・予備校とは異なります。生徒さんの学力状況に合わせて、志望校に合格できる力をつけるために必要な参考書や勉強法を提案します。また、生徒一人ひとりに担当トレーナーがついて、勉強計画も立案してくれるので、迷うことなく大学受験に望むことができます。さらに、『Studyplus』というサービスを活用して生徒の勉強状況を管理したり、勉強をしていてわからないところがあればいつでも質問を送ることができる体制が整っています。

下に学習塾STRUXの無料体験に申し込めるリンクを貼っておくから、気になったらチェックしてちょうだい!

まとめ

今回押さえておいてほしいポイントをまとめておいたぞ!
  • 勉強計画を立てるときは『現在の自分の学力』と『志望校に必要な学力』の差を把握しよう。
  • 勉強計画を立てることで、自分がやるべき勉強が明確になる。
  • 勉強計画は、2~3ヶ月に一度見直そう。
  • その日にできなかった勉強を次の日にまとめてやらないようにしよう。

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る