地理の参考書使い方


【共通テスト地理】最新版オススメ参考書・予想問題集3選!これさえやれば大丈夫

共通テスト地理対策のための問題集はもう買いましたか?皆さんの中には「地理の対策をこれから始めるけど、オススメの参考書はどれ?」「予想問題集をいろんな出版社が出してるけど、どれがオススメなの?」といった悩みを抱えている方もいるのでは無いでしょうか?

この記事ではそんな方に向けて、現在出版されている共通テスト地理の問題集の中から、厳選したオススメの問題集を3冊ご紹介します。

*この記事は第1回、第2回試行調査と市販の予想問題集の内容を元に作成されています。

共通テスト地理のオススメ問題集

それでは早速オススメ問題集を見ていきましょう。流れとしてはまず初めに「系統地理」「地誌」の勉強をするための問題集を2冊紹介し、その次に共通テストの予想問題集を1冊紹介します。

「系統地理」と「地誌」の勉強が終わってない人は最初に紹介した2冊の参考書のうち、自分に合っていそうだなと思うものを1冊やって、その後に予想問題集をやりましょう。

「系統地理」と「地誌」の勉強が終わっている人は、最初から予想問題集を解いてしまって大丈夫です。

共通テスト地理のオススメ問題集その1:共通テスト地理B集中講義

Amazonで詳細を見る

「共通テスト地理B集中講義」の基本情報

この参考書はセンター過去問の出題傾向の分析にもとづき、テーマと学習項目をランクづけしてくれています。テーマごとに演習問題が付いているので、そこで覚えた知識をアウトプットして知識を確認・定着させることが可能です。

別冊として受験生が間違いやすい問題を掲載した、直前チェックに便利な「必携一問一答問題集」が付いているのもポイント!

コンパクトに情報がまとまっているから、地理の勉強にあまり時間をかけたくない人や、地理が苦手という人にオススメだ!

「共通テスト地理B集中講義」の使い方

この参考書は1テーマ6〜8ページで計40テーマで構成されています。基本的にはテーマを1から順番に勉強していきましょう。

書かれている内容を読んで知識をインプットした後は、各テーマに付いているチャレンジテストを解いて、必ず知識のアウトプットを行いましょう。

参考書を読んでいて「詳しいデータが知りたい」「実際の写真、地図を見たい」となったら、教科書・資料集・地図帳を使って調べてみるのも良い勉強になります。

共通テスト地理のオススメ問題集その2:短期攻略大学入学共通テスト地理B

Amazonで詳細を見る

「短期攻略大学入学共通テスト地理B」の基本情報

この参考書も共通テスト対応の短期完成型問題集で、毎日2テーマずつやると1ヶ月で「基礎から共通テストレベル」までを身につけることができる構成になっています。

基本的な内容は先ほどの「共通テスト地理B集中講義」とほとんど同じですが、話のレベルが「共通テスト地理B集中講義」よりも若干高いので、「地理がある程度できるという人」や、「共通テスト地理で高得点を取りたい人」にオススメです。

「短期攻略大学入学共通テスト地理B」の使い方

この参考書の使い方も、「まずはテーマの内容をよく読んだら付属の問題を解く」ということを各テーマで繰り返すだけです。参考書を読んでいて詳しいデータなどが知りたくなったら、資料集などで確認しましょう。

共通テスト地理のオススメ問題集その3:Z会共通テスト実戦模試(13)地理

Amazonで詳細を見る

「Z会共通テスト実戦模試(13)地理」の基本情報

これはZ会が出している共通テスト地理の予想問題集です。この参考書はオリジナル問題が4つも載っていて解説も丁寧なので、いくつかある共通テスト予想問題集の中でも特にオススメ!

「Z会共通テスト実戦模試(13)地理」の使い方

予想問題集を使うときは問題を解くことよりも、解説を読むことの方が重要です。問題を解いたら答え合わせをして、「答えを間違えてしまった問題」と「答えに自信がなかった問題」の解説を読んで、問題が解けない原因が

  • 単なる知識不足
  • 知識はあったが、答えにうまく結びつけられなかった

のどちらのパターンなのかをしっかり分析しましょう。

「単なる知識不足」なら先ほど紹介した参考書や資料集で、間違えた問題で出されていた範囲の読み直しを行いましょう。

「知識はあったが、答えに結びつけられなかった」なら、解説に書かれている「答えにたどり着くまでの考え方」をしっかりと読んで、次似たような問題が出たら対処できるようにしましょう。

最初は思うように点数が取れないかもしれませんが、間違えた原因を毎回しっかりと確認することで、オリジナル問題をすべて解き終わるころには、本番でも十分に通用する力が身につきます。

まとめ

今回紹介した参考書はこの3つです。「系統地理」と「地誌」の勉強が終わってない人は1番目か2番目の参考書のうち、自分に合っていそうだなと思うものを1冊と、予想問題集をやりましょう。

「系統地理」と「地誌」の勉強が終わっている人は、最初から予想問題集を解いてしまって大丈夫です。

  • 共通テスト地理B集中講義
  • 短期攻略大学入学共通テスト地理B
  • Z会共通テスト実戦模試(13)地理

共通テスト地理の解き方のコツはこちら!

共通テスト地理で8割をとる勉強法はこちら!

共通テスト地理で9割・満点をとる勉強法はこちら!

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!