大学受験の歩き方 定期配信コンテンツー合格力判定レポートー

合格力判定vol.8|同志社大学商学部志望のR・Tさんの合格力を判定

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック
この『学習塾STRUX 合格判定レポート』では「STRUX大学受験マガジンLINE@」で応募があった方の中から、学力分析を行い、「あなたの合格力判定」を行います。
またあなたの第一志望合格に向けた「あなたが今後やるべき参考書リスト」「これからあなたにとって必要な勉強時間」など、これから「どんな勉強を」「どのくらい」やればいいのかまでも合わせて紹介!!
学習塾STRUXのレーダーチャート分析をもとに「あなたの合格力」を徹底分析!!

それでは早速合格力診断を始めていきましょう。

今回の診断希望者は同志社大学商学部のR・Tさん

今回の診断希望者:同志社大学商学部のR・Tさん

  • 名前
  • R・T
  • 第一志望
  • 同志社大学商学部
  • 高校・学年
  • M高校・3年生
  • 受験科目
  • 英語・国語・世界史
  • 勉強時間
  • 平日:2時間/休日:4時間
  • 模試の成績
  • 東進模試:偏差値47

同志社大学商学部志望のR・Tさんの診断結果

では、R・Tさんの「模試の成績」「平日、休日の勉強時間」「今使っている参考書」をもとに合格力を判定していきましょう!こちらが合格力判定レポートです!

R・Tさんの合格力判定レポートを解説

オレンジ色が同志社大学商学部で求められる学力で、青がR・Tさんの現状の学力です。

まず英語のレーダーチャート分析を見ると、現段階では英文解釈・長文読解を主に勉強していく必要があります。現段階ではまず単語と文法を同志社大学で求められるレベルまで仕上げてしまいましょう。その後は英文解釈・長文読解・英作文の対策を進めていくことで、同志社大学で求められる読解力を身につけていきましょう。

国語も早めに基礎を固めて演習を行なっていきたいですね。今後これから力を入れて勉強すべき分野は、まず古文単語と古文文法です。これらを完成させて基礎を固めることで、より効率の良い演習ができるようになっていきます。

最後に世界史です。同志社大学商学部のレーダーチャートとの差はまだ大きいですが、これから計画に従って勉強していくことで、対応できる力がつくと思います。まずはじめは通史理解を進めることが重要です。学校やスタディサプリを通して、通史理解・単語暗記を進めましょう。

そしてレーダーチャート分析を行うことで明らかになった学力状況をもとに、あなたのやるべき参考書と必要な勉強時間をリストアップしました。

それをもとに算出されたあなたの総勉強時間から、R・Tさんの合格力を判定しました。

毎日の勉強時間で約4.8時間と出たR・Tさんの合格力はB判定です。今のところ、勉強は順調に進んでいますね。ただ現状の勉強時間のままだと厳しい戦いになりそうです。年間計画で勉強すべき内容は明確になったので、勉強時間を増やして確実にこなすことができれば、合格はぐっと近づくでしょう。

今回の合格力判定レポートを見てみていかがですか?
自分が勉強していた分野はしっかり力がついていたことがわかったので、少し安心しました。あとやることが明確になったので、もう少し勉強時間を増やして合格できるように頑張っていきたいです。
そうですね、しっかり時間をかけて勉強していけば必ず合格できる力がつきますよ。これから頑張っていきましょう!
はい、頑張ります。ありがとうございました。

本日の合格力判定レポートはここまでです。

今までの合格力判定レポートを見たい人は、こちらをチェック。

R・Tさんのように『これから合格までの勉強計画を立てたい!!』という人はぜひ5月イベントにお越しください。
このイベントでは合格力判定レポート内で紹介したあなた専用の年間勉強計画の作成レーダーチャート分析を使った詳細な学力分析が行えます。より詳しいご案内は下の紹介ページをクリック!!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加