大学受験の歩き方 定期配信コンテンツー合格力判定レポートー

合格力判定vol.3|東京理科大学基礎工学部志望のS・Iさんの合格力を判定

この『学習塾STRUX 合格判定レポート』では「STRUX大学受験マガジンLINE@」で応募があった方の中から、学力分析を行い、「あなたの合格力判定」を行います。
またあなたの第一志望合格に向けた「あなたが今後やるべき参考書リスト」「これからあなたにとって必要な勉強時間」など、これから「どんな勉強を」「どのくらい」やればいいのかまでも合わせて紹介!!
学習塾STRUXのレーダーチャート分析をもとに「あなたの合格力」を徹底分析!!

それでは早速合格力診断を始めていきましょう。

今回の診断希望者は東京理科大学基礎工学部志望のS・Iさん

今回の診断希望者:東京理科大学基礎工学部志望のS・Iさん

  • 名前
  • S・I
  • 第一志望
  • 東京理科大学基礎工学部
  • 高校・学年
  • U高校・3年生
  • 受験科目
  • 英語・数学・生物
  • 勉強時間
  • 平日:3時間/休日 2時間
  • 模試の成績
  • 進研模試:偏差値53

東京理科大学基礎工学部志望のS・Iさんの診断結果

では、S・Iさんの「模試の成績」「平日、休日の勉強時間」「今使っている参考書」をもとに合格力を判定していきましょう!こちらが合格力判定レポートです!

S・Iさんの合格力判定レポートを解説

オレンジ色が東京理科大学基礎工学部で求められる学力で、青がS・Iさんの現状の学力です。

まず英語のレーダーチャート分析を見ると、基礎から演習を積んでいく必要がありますね。特に「英単語」「英文法」の勉強を早急にスタートして、英文解釈・英文読解に入るための基礎知力をつけていく必要があります。

次の数学も基礎から進めていく必要がありますね。現在は『青チャート』を使って勉強しているとのことですが、少しレベルがあっていないように感じます。まずは『スタディサプリ』などを使って基礎事項のインプットから始めることをおすすめします。

最後に生物ですが、早めから重要事項のインプットの勉強をしたほうが良さそうですね。レーダーチャートを見る限り、それほど学習が遅れているわけではありませんが、東京理科大学の生物は私大の中でもかなりレベルが高いですから、なるべく早いうちから取り組んでいったほうがいいですね。。

そしてレーダーチャート分析を行うことで明らかになった学力状況をもとに、あなたのやるべき参考書と必要な勉強時間をリストアップしました。

それをもとに算出されたあなたの総勉強時間から、S・Iさんの合格力を判定しました。

毎日の勉強時間で約10時間と出たS・Iさんの合格力はD判定です。現状の学習状況だと合格は厳しいかもしれません。しかし『あなたのやるべき参考書リスト』でやるべき勉強が明確になった分、勉強時間を増やして確実にこなすことができれば、合格も見えてくるでしょう。

レポート見てみていかがですか?
自分に必要な勉強時間ってすごく多いですね。でも今後どの参考書を使って勉強すればいいのか、明確になったので、やる気が出ました。。ちょっと大変かもしれないですけど、諦めずに頑張ろうかなって思います。
そう言ってくれると嬉しいです。こちらの年間計画に沿って、受験まで残り1年間、頑張っていきましょう。
はい。ありがとうございました。

本日の合格力判定レポートはここまでです。

S・Iさんのように、『私も合格力判定してもらいたい』という人は是非、合格力判定レポートにお申し込みください。

今回のようなレーダーチャート分析、年間計画、あなたのやるべき参考書などに加えて、「やるべき参考書の使い方マニュアル」、「第一志望校の分析レポート」も含めた「リッチ」な合格判定レポートをお届け!

こちらの合格力判定レポートよりも詳細な学力分析、あなた専用の勉強スケジュールの作成が行えます。
合格力判定レポートのお申し込みは下の申し込みフォームにご登録ください。

お申込みフォーム

学年 (必須)
高校1年高校2年高校3年既卒その他

高校での順位 (必須)
上位20%中間60%下位20%

ここでいただいた情報はすべて、『大学受験オンライン戦略会議』を運営する『学習塾STRUX』の業務においてのみ、使用させていただきます。

 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら