日本史勉強法


【共通テスト日本史】9割・満点を取りたい人が絶対やるべき2つのこと

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

皆さんこんにちは!共通テスト日本史の対策は進んでいますか?

「共通テスト日本史で絶対に満点を取りたい!」

「9割を取りたいのにいつも4,5問ミスをしちゃう…」

今回はこんなことを思っている皆さんに向けて、共通テスト日本史で9割・満点を取るためにやるべき2つのことをご紹介いたします。

この記事は既に模試や予想問題などで、共通テスト日本史で8割を取ることできる人向けの記事です。8割をまだ取れないという人はこちらの記事を参考にしてみてください。

*この記事は第1回、第2回試行調査と市販の予想問題集の内容を元に作成されています。

9割を取るための勉強と満点を取るための勉強は同じ

まず皆さんに伝えておきたいことが、「共通テスト日本史で9割を取るための勉強と満点を取るための勉強の中身は同じ」ということです。本番で9割を取る人は満点を狙った勉強をした結果、いくつかミスをしてしまい9割になったという人がほとんど。

ここから先は満点を取るための勉強法を解説していきますが、9割を取りたい人も基本的には満点を目指すつもりで、その内容を参考に勉強するようにしてください。

共通テスト日本史で満点を取るための時間配分と解く順番

勉強風景

まずは共通テスト日本史で満点を取るための時間配分について話します。共通テスト日本史は既に8割を取る実力の皆さんならお分かりの通り、国語や数学といった教科と比べてそれほど時間が厳しい科目ではありません。ですので基本的にはどの問題もじっくりと問題文・資料・選択肢を読み込んでから答えを選ぶようにしましょう。

答えに自信が持てない問題もいくつか出てくると思いますが、その場合はとりあえずマークをしておいて、全ての問題を解き終わった後に戻ってきましょう。この時大事なのが「分からない問題もとりあえずマークしておく」こと。

マークせずに次の問題に移ると、次の問題を一個前の問題の部分にマークするという事故が起きてしまい、その後のマークがずれて大幅に点数が下がってしまいます。非常にもったいないため、分からない問題も必ず選択肢のどれかをマークしておくようにしましょう。

問題を解く順番に関しては、満点を取るにはいずれにせよ全ての問題を解かないといけないので、マークミスを防ぐためにも大問1から順番に解くのがオススメです。

共通テスト日本史で満点を取るために対策すべきこと

勉強風景続いて共通テスト日本史で満点を取るために対策すべき2つのことをご紹介します。共通テスト日本史で満点を取るためにするべきことはこの2つ!

  • 文化史・旧国名を覚える!
  • 予想問題・センター過去問を解きまくる!

以下で具体的な内容を解説します。

文化史・旧国名を覚えよう

既に8割を取ることが出来る皆さんは通史も終わっていて、ある程度基本的な単語は覚えられていると思います。満点を取るためにはもちろん引き続き基本的な単語を覚えていくことが大切なのですが、その際に忘れがちになるのが「文化史・旧国名」です。

文化史は毎年必ずでる

共通テストでは必ず文化史問題が数問出ます。代表的な文化財に関しては、写真や名称を見たらいつの時代に誰が作ったのかを判断できるように資料集などで必ず見比べておきましょう。

試行調査では旧国名について聞かれた

旧国名に関しては全てを覚えろという訳ではないですが、今まで勉強してきた中でよく聞いたことがあるなという国名に関しては、それが今の都道府県でいうとどこに当てはまるのかを分かるようになっておきましょう。実際試行調査では旧国名の知識が必要になる問題が出されています。

資料読み取り+知識問題

安芸という旧国名は「安芸の宮島」で有名ですよね。このように聞いたことのある有名な旧国名に関しては、それがどこにあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

予想問題とセンター過去問をひたすら解こう

知識を暗記するのと同時並行でやっておいて欲しいのが問題演習です。知識を覚えるのはインプットの作業ですが、暗記した知識を問題を解いてアウトプットすることで、抜けていた知識やあいまいな知識が明確になります。

問題演習をするには、やはり共通テストの形式に近い予想問題集を使うのが一番オススメです。予想問題集の中でも特にオススメなのが「Z会共通テスト実戦模試(11)日本史」

Amazonで詳細を見る

この問題集はZ会オリジナル模試(4回分)に加え、平成30年度試行調査を掲載しています。オリジナル模試で実戦力を養成したあとに、試行調査を用いて実力を確認するとよいでしょう。解答には共通テストを突破するために必要な重要事項が書かれた丁寧な解説が乗っているのがグッド!

問題を解いたあとは「間違えた問題」だけでなく、「自信がなかったけど正解した問題」も必ず解説を読み、ついでに教科書や資料集でその問題の周辺知識を確認するようにしましょう。こうやって地道に自分に足りない知識を補強していくことで、知識の穴がなくなり本番で確実に満点を取ることに繋がります。

センター過去問も満点狙いの対策に使える

共通テストとセンターでは問題の傾向が変わってしまうため、予想問題集よりはオススメ度が下がりますが、センター過去問も共通テスト日本史対策に使えます。その理由は、センター過去問は共通テストでよく出る「資料読み取り問題」の対策には向いていませんが、自分に抜けている知識を確認するのにはもってこいだから。

Amazonで詳細を見る

センター過去問は基本的にはどの出版社のものを使っても構いませんが、必ず解説が充実しているかはチェックしましょう。問題を解いたあとは「分からなかった問題」と「自信が無かった問題」の解説をよく読み、教科書と資料集でその問題の関連箇所をチェックすることを忘れないこと!

まとめ

共通テスト日本史でどうすれば満点を取れるようになるか分かりましたか?共通テスト日本史は国語と違ってしっかりと対策すれば必ず満点が取れるようになる科目です。努力した成果が必ず点数として表れるので、他の科目の勉強も忙しいでしょうが日本史もしっかりと勉強するようにしてください!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!