世界史勉強法

【共通テスト世界史】設問&出題範囲を分析。出題パターンはこの4つだ!

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

共通テスト世界史の問題には4つのパターンがあることをご存知ですか?共通テスト世界史の問題傾向をしっかりと理解し、その傾向に合わせた勉強をして本番で高得点を狙いましょう。

赤髪先生!共通テスト世界史の勉強って何をすれば良いですんか?
おっ珍しく勉強する気になったのか。共通テスト世界史の問題はどんな感じかは知っているのかい?
まったく知りません!
よし、じゃあまずは共通テスト世界史ではどんな問題が出されるのかを知ることから始めよう!

*この記事は第1回、第2回試行調査と市販の予想問題集の内容を元に作成されています。

共通テスト世界史の設問構成と出題範囲

共通テスト世界史はセンター世界史と同じく、大問数は4であったり6であったりと毎年変わります。配点はほとんどが1問3点です。各大問では「戦争」「文化の繁栄」といったひとつのテーマに沿った全時代にまたがる問題が出題。

ちなみに第2回試行調査ではこのような設問構成でした。

大問 テーマ 配点 1 人の移動と交易 24 2 政治思想 23 3 美術品と交易品 18 4 国家間の関係 17 5 経済・統計 18

出題範囲に関しては、特定の時代や地域が聞かれやすいといったことはないため、どの地域・時代もバランスよく勉強する必要があります。

各問題をもう少し細かく見ていこう。

共通テスト世界史では全部で35個程度の問題が出されますが、その問題は大きく分けて次の4つに分類することができます。

  • 正誤問題
  • 穴埋め問題
  • 史資料問題
  • 時代並び替え問題

正誤問題は2種類ある

共通テスト世界史の問題の大部分を占めるのがこの「正誤問題」ですが、2つのパターンに分けることができます。

パターン1:「正しい(適当な)ものを選べ」「誤っているものを選べ」

正誤問題

このようにある出来事や用語に対して、正しい(適当な)選択肢を選ばせる問題が1つ目のパターンです。基本的な世界史の知識しか問われず、共通テスト世界史の中で最も簡単な問題のひとつといえます。

全然分からないや…
さては教科書で太字になっている重要単語を覚えてないな!
ギクっ

パターン2:正誤組合せ問題

正誤問題のもうひとつのパターンが「正誤組合せ問題」です。例えばこんな問題が出ます。

正誤組み合わせ問題

こちらも基本的な世界史の知識があれば解けますが、bの選択肢でいうと「法顕」「中国からインド」「仏国記」のうち一箇所でも間違いがあれば、その選択肢は「誤」になるので難易度は若干高めです。

問題を解くときに「ある単語と他の単語の内容が混ざってしまって間違える」ということが良く起こるので気をつけましょう。

穴埋め問題

「穴埋め問題」は文章中にある空欄に当てはまる内容を答えさせる問題です。例えばこんな問題が出ます。

穴埋め問題

このタイプの問題も基本的な世界史の知識があれば解くことができます。共通テスト世界史ではあまりない6択問題などが出されることが特徴です。

6択だと勘で当てるのは難しそうだな。
共通テストまではまだ時間がある。頑張って実力で解けるようになろう!

史資料問題は共通テストから増加

センターと共通テストの違いのひとつが「史資料を使った問題の増加」です。

センター世界史と共通テスト世界史の詳しい違いはこの記事をチェック!

史資料とは「地図・写真・グラフ」などのことで、たとえばこんな問題が出たりします。

史資料を使った問題

こちらはセンター世界史でも良く出ていた「地図上の場所と地名・国名の組み合わせを選ばせる」問題です。このタイプの問題を苦手とする人は多いですが、その理由は普段の勉強では、ついつい地名だけを覚えて場所を覚えていないということが起こりがちだから。

共通テストではこの地図問題が出る可能性が非常に高いので、日頃から地名(国名)と場所を一緒に暗記しておきましょう。

資料問題には他にもこんな問題があります。

史資料を使った問題

共通テストではこういったグラフや表から情報を読み取ることを要求する問題も良く出ます。そんなに複雑なグラフは出ないので、じっくりと資料を見れば解答に必要な情報を読み取れるはずです。

時代並び替え問題は苦手な人が多い

時代並び替え問題

地図問題と同じく苦手な人が多いのが、この「時代並び替え問題」で全体のうちの1、2問をこれが占めます。この問題は歴史の流れを覚えていれば解けるのですが、単語だけを暗記するような勉強をしていると解くことができません。

対策としては「出来事どうしの繋がりを意識しながら勉強する」ことが挙げられます。

共通テスト世界史の対策

共通テスト世界史の問題パターンが分かったら、次は共通テスト世界史の対策方法について解説します。

先ほど問題パターンを4つ紹介しましたが、結局どの問題も基本的な知識世界史の知識が身についていれば解くことが出来ます。

グラフ問題とかは特別な対策をしなくても良いんですか?
読み取りが難しいグラフや表は基本的に出ないから対策は不要だ!

ですので、基本的には教科書で太字に書かれている単語を覚えていくのが1番良い対策になります。その際に大事なのが「基本的な知識の内容と出来事の原因や影響」、また「出来事同士の繋がり」といったことに重点を置いて勉強すること。

出来事の原因や結果を常に意識することで、その出来事が実は他の出来事と繋がっていたということが分かり、出来事どうしがドンドン結びついていきます。こうやって勉強していくと、出来事が他の出来事と関連づけられているので記憶に残りやすくなり、また時代並び替え問題も解けるようになります。

地名・国名の地図上の位置を確認するのも忘れないこと!

まとめ

共通テスト世界史には4パターンの問題があるけど、どの問題でも大事になってくるのは結局「基本的な世界史の知識」なんですね。
その通りだ!具体的な知識の覚え方は以下の記事で詳しく解説しているからチェックしてくれ!

共通テスト世界史で8割を取る方法はこちら!

共通テスト世界史で満点を取る方法はこちら!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!