公式LINE


受験直前のアドバイス1:公式LINE(2/11配信)

第53回【受験直前のアドバイス1】

私立受験が一通り終わり、結果も出てきているのではないでしょうか。

私立大受験が一部残っている方はまだまだ気を抜かずに、

国公立大受験がメインの人はラスト2週間追い込んでいきましょう!

今回も私立志望と、国公立志望に分けてアドバイスしていきます!

私立受験メインの人向け

合格した人、そうでない人、さまざまな状況にあると思います。

面接などの私立の2次試験がある人は、引き続きアーカイブ(前回配信)も参考に準備を進めていきましょう。

また私立専願で全落ちした人は辛いかもしれませんが、気持ちを切り替えて後期までしっかり勉強を続けてください。

やはり過去問演習メインで進めましょう。

後期までは3週間~1か月程度、時間がある人も多いはず。

後期の過去問演習は対策不足な人もかなり多いので、ここからライバルに差をつけることができます!

試験が終わったからと気を抜かずに、最後の試験まで緊張感を保って対策をしましょう。

国公立受験メインの人向け

国公立受験も含めてまだ受験が残っている人は、1校1校の結果も大事ですが、

「確実に反省点をつぶしていく方がもっと大事」

ということを意識してください。

例えば

  • 時間配分に改善すべき点はないか?
  • 弱点単元の補強を参考書でしているか?
  • 調べものや暗記をサボっていないか?
  • 同じミスをしないように対策できているか?
  • 体調管理は十分だったか?
  • 休憩時間の過ごし方は適切だったか?

などなど、ここまでの受験を振り返って改善できる所はないでしょうか?

試験本番、あるいは過去問演習1年分ごとにこれらの項目を反省し直して、改善する余地が少しでもあればどんどん改善していきましょう。

意識するだけでも、点数は変わってくるはずです。

ミスを減らすときのコツも、改めてチェックしてほしいので、アーカイブのリンクをこちらに貼っておきます。ぜひ参考にしてください。

最後まで計画的に

現役生も浪人生も、ここからまだ伸びます。

過去問の点数や、受験結果に一喜一憂せず、どうやったら1点でも上げられるかを意識して細かい所をコツコツ潰していきましょう。

最後の踏ん張りでしんどい時期ではありますが、ライバルもみんな同じ気持ちですからここでの過去問演習は最後まで手を抜かないように。

ちなみに国公立入試組は、来週が入試直前の「調整の1週間」になるので、それも頭に入れて、やり残したことのないように計画的に勉強を進めていってください。

まとめ

今回は「受験直前のアドバイス」をしました!

次回も引き続き「受験直前のアドバイス」をします!お楽しみに!

アーカイブ記事一覧はこちらから

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら