公式LINE


GWの学習の重要性&コツ:公式LINE(4/29配信)

第5回【GWの学習の重要性&コツ】

待ちに待ったGW。

「思った通りに勉強できている!」受験生もいれば、

「なんか上手くいかない」と不調の受験生もいるはず。

今回は「GWの大事さ」と「勉強のコツ」をお伝えします!

何時間分の差がつくか

改めて強調しておきたいのは「自分が休んでいる間にライバルは前に進んでいる」ということ。

具体的に数字があるとイメージしやすいので、簡単な計算をしてみましょう。

今年のGW休みは土日合わせて6日間。

6日間毎日10時間勉強した人と、毎日3時間しか勉強しなかった人では合計で

(10 – 3)時間/日 × 6日 = 42時間

もの差になります。

「毎日10時間も勉強している人なんて、そんなにいないでしょ」と思ってませんか?

1日10時間は大学受験生にとっては当たり前の勉強時間なので、既にそれくらい勉強している人は全国に大勢います。

「1日10時間勉強するのは当たり前」という感覚を早く身につけてくださいね。

ちなみに42時間の勉強時間を埋めるためには、1日11時間勉強を42日間続ける必要があります。

差をつけられるのは一瞬でも、差を埋めるのはかなり大変ですね。

1日の使い方を考えてみよう!朝が1番大事

休みの日の勉強を充実させたいなら、まずは1日の時間の使い方を考えることから始めましょう。

いわゆる時間割を作ってみるといいですね。

何時から何時までは英語で、
そこから10分休憩して、
次は何時まで数学で、

といった感じで学校の時間割と同じように作って試してみましょう。

休日の勉強を成功させる秘訣は

「朝、何時に勉強を始めるか」

に尽きます。

最低でも学校の1時間目と同じ時間には勉強を始めましょう。

できれば、それより1時間2時間早い時刻から始めるのがおすすめです。

「昼から頑張る」と思っているうちに夕方になってしまうのが休日の恐ろしい所。

休日こそ必ず朝から勉強しましょう。

勉強していない時間にしていることを把握しよう!

自分が1日に何時間スマホを見ているか把握してますか?

勉強時間を増やすよりも、勉強してない時間を減らすイメージを持つのが、勉強時間を伸ばすコツです。

休日の勉強をしてない時間が何に消えているのか、確認しましょう。

InstagramやYouTubeを見ているのか、
ゲームをしているのか、
ただただボーっとしているのか、
寝ているのか、

などなど。

ぜひ何に時間を使っているか調べておきましょう。

反省のために数値目標を!

来週はGWの勉強の反省をお送りする予定です。

反省するために、数値目標は必須。

  • 作った計画の90%は実行する
  • 毎日最低でも10時間は勉強する
  • 毎朝8時から勉強する

など、どんな目標でもいいので、数字を使って表現する癖をつけましょう。

数字を使っていれば、反省もしやすくなります。

まとめ

今回は「GWの重要性と過ごし方のコツ」というテーマでした!

次回は「GWの勉強の反省回」です!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら