学習塾STRUX編集部連載

オンライン自習室って何?どう使うの?メリットと活用法を塾長が解説

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

こんばんは!

学習塾STRUX塾長で、ストマガを監修している、橋本拓磨です。

 
 
 

さて、ここ最近はずっと休校措置中の過ごし方……なんて話をしていましたが、気がつけばもう新学期目前。いつの間にか春休み期間になっていますね。

 
 

休校期間も長くなり、終日勉強する日が続けば続くほど「飽きてきた……」「疲れてきた……」という人も出てきているのではないでしょうか。でも普段勉強している図書館や学校、公民館は空いていないし、そもそも外出もあまりしたくないし……なかなか家で集中できず困っている!という人もいるのではないでしょうか。

 

そんな中、家にいながら自習室を使えるシステムが話題になっています。

 
 
 

それが、「オンライン自習室」という制度。

 

マルオ困った顔
オンラインで自習室?どういうこと?

 
 

今回はその「オンライン自習室」について、取り組みの事例と、実際に学習塾STRUXでやっている状況についてお伝えしたいと思います。

 
 
 

そもそもオンライン自習室とは?

オンライン自習室は、「Zoomなどのビデオ通話ツールに参加し、自分の勉強している様子を映す」システム。やっている場所によって細かく違いますが、自習室のように多くの人が参加して皆勉強をしている環境になっています。

オンライン自習室という制度自体は以前からいろいろな人が実施していたのですが、外出自粛や休校などの措置を受けてさらに注目されるようになっています。

学習塾STRUXでも昨年の夏頃から実施していたのですが、多くの人数がより効率的に使えるように制度を整えて、今年の3月からまた改めて運用しています。


 
 

オンライン自習室で本当に勉強に集中できるの?

マルオ困った顔
でもどうせ家で勉強するんでしょ?そんなに変わるもんなの?

 
 

たしかに、家で勉強するということ自体は変わらないので、勉強がほんとうにはかどるのか?というのは疑問に思うかもしれません。

ここではオンライン自習室のSTRUXでの活用事例を踏まえながら、「オンライン自習室で勉強ができるポイント」をまとめていきます。

 
 
 
 
 

オンライン自習室のポイント1:連帯感で「勉強しなきゃ」という雰囲気が生まれる

ひとつは純粋に、いろいろな人が同時に参加しているので「勉強しなきゃ」という雰囲気になるということです。

家で勉強をしているとどうしても、「ちょっと疲れたから休憩しよう」「ちょっと寝よう」とつい気が緩んでしまったり、スマホや漫画に手を伸ばしてしまったりするということが起こります。

 

しかし、オンライン自習室上では多くの人が画面越しに勉強しているわけですから、お互いに「見られている」意識があるわけです。

「見られている」と思いながら勉強することで、「やっぱりきちんと勉強しなきゃ」「あと少しだけ頑張ろう」という気持ちになります。

学習塾STRUXのオンライン自習室では僕がずっとこんな感じで見ていて、かつ僕自身も手元を映しているので……


 

「橋本に見られている……」という感覚のまま勉強をすすめることができます(いやですね〜)。

学習塾STRUXのオンライン自習室ではそれだけでなく、入室時にチャットで「どの参考書をやるか」「何時から何時まで使って、何分に1回休憩するか」といったところを宣言してもらうので、その時間通りにきちんと勉強できているかを見ることができます。休憩が多かったりそれ以外の時間で退出したりしていると、「あれ、きちんと勉強できてるのかな?」というふうになるので、周期的に休憩ができているかを見る上でもすごく役に立っています。

 

あとは副次的な効果として、純粋に自分の様子が見られるわけですから、普段着とか散らかった部屋だと参加しづらいため、きちんと勉強の環境を整えた状態での勉強にもつながりますね。

 
 
 

オンライン自習室のポイント2:勉強のやり方や様子を見てもらえる

これはけっこううちの塾ならではなところもありますが、生徒さんには手元を映して勉強してもらっているので、勉強するときにどういう癖があるのか、どういう解き方をしているのかを見抜くことができます。

 

たとえば「単語を覚えるときに付箋をたくさん貼るタイプなんだな……」とか、「ただ眺めているだけだけどきちんと覚えられているかな」とか。場合によっては「もう30分くらいずっとこのページだからちょっと時間かかってるな、それか集中できていないのかな」といったこともわかるため、これを授業のタイミングでフィードバックすることで、「ほんとうに見られている」という意識とともにより具体的な勉強法の改善が可能になります。普段の授業などだとどうしても毎日の自習での勉強の癖はつかみづらいので、ここで勉強のやり方を見てもらうことも大事な役割です。

 
 

オンライン自習室のポイント3:スマホを触れない

スマホを使って手元を映すので、当然スマホは触ることができません。

もちろん目の前にスマホがあるのでなんとなく気になってしまう……というのは人によってはあるかも知れませんが、カメラ部分だけだしてちょっと隠しておいたり、通知を完全に切っておいたりすれば使いやすくなります。なにより途中でスマホを触ったり画面を触ったりしていると全部バレるわけですから、その点では勉強だけに集中できるようになっています。

 

ただけっこうスマホで手元を映すというのは至難の業なので、そういうスマホスタンドを開発したいですね。

 
 
 

オンライン自習室を活用する上でのポイント

 

学習塾STRUXでも生徒さんに活用してもらっているほか、調べれば色々なサービスが出てくる「オンライン自習室」。せっかくだし使ってみたい……という人は、どういうことに気をつけて使えばいいのでしょうか。学習効率を最大限高めるためのやり方をお伝えします。

 

やることを決めて、できれば宣言する

一番は、きちんとやる勉強を決めてから取り組むこと。せっかく画面の前で勉強をしていても、やることが決まっていないと結局どれからやるか考える時間が増えてしまい、集中できる時間が短くなってしまいます。

かならずはじめに勉強する内容を決めておいてから、その勉強を進めていくようにするのが一番です。一番良いのはページ数ややる時間まで決めておくことですが、そこまで具体的にしなくても、何をやるか、どの順番でやるかだけでも決めておくと良いでしょう。

 
 

そして、それをできればどこかで宣言することをおすすめします。STRUXの自習室のようにチャット上で宣言できなければ、TwitterなどのSNSで宣言するのも有りだと思います。保護者さんの力を借りて宣言するというのもアリです。第三者に宣言することによって、やらなければいけない、という意識が芽生えるのでおすすめです。

 
 

使う時間・休憩する時間をあらかじめ決めておく

せっかくオンライン自習室に参加しても、自分の都合や気分で適当に休憩をとっていてはあまり意味がありません。勉強時間や質を確保するには、あらかじめ何時間やるか、どのくらい休憩するかを決めておくことが必須です。

休憩は「50分につき10分」が最低限(もっと短くてもよい)入れるべきラインです。長時間勉強のコツについては別の記事でも話しているので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

 
 
 
 
 


 
 
 

今回は、「オンライン自習室」について細かくお伝えしました!学習塾STRUXでも生徒さんにはオンライン自習室をほぼ毎日開放して勉強を頑張ってもらっています。ぜひみなさんも、自分が集中できる方法で残り期間を乗り切ってくださいね!

 
 

さて、学習塾STRUXはいつでもオンラインでの無料体験&授業も実施しています。1週間勉強を管理してもらって、勉強できるか……というところを体験してもらうために、今回紹介したオンライン自習室についても体験できないか調整中なので、お楽しみに。あと土曜夜にはYouTubeライブを実施しているので、急に時間が出来て勉強で困ったことが……という場合はいろいろ聞いてくださいね!

学習塾STRUX無料体験
 
 
 
 

それでは!

 
 
 
 

ライター:橋本拓磨

東京大学法学部卒。学習塾STRUX塾長・STRUX大学受験マガジン監修。日本全国の高校生に、場所によらず正しい勉強を広めて、行きたい大学に行き、将来の選択肢を広げてほしい!という思いからSTRUXマガジンを監修。

詳しいプロフィール・サイトにかける思いはこちらから!
他の連載記事を見る!
Twitterはこちら
ストマガのYouTubeチャンネルはこちら

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!