世界史勉強法

【共通テスト世界史】最新版オススメ参考書・予想問題集3選!これさえやれば大丈夫

共通テストの対策を見る!こちらをクリック

合格実績を見る!こちらをクリック!

「共通テスト世界史対策の問題集ってどれを買えば良いか分からない…」という悩みを抱えていませんか?この記事ではいくつかある共通テスト世界史の問題集から厳選した3冊をご紹介いたします。

うーん、どれを買おうかなあ…
なにを迷っているんだい?
実は共通テスト世界史対策のために問題集を買おうと思ったんですけど、どれが良いのか分からなくて…
確かに共通テスト世界史の問題集は似たようなものも多いからな…よし、今日は先生が選ぶオススメ問題集を3つ紹介しよう!

*この記事は第1回、第2回試行調査と市販の予想問題集の内容を元に作成されています。

共通テスト世界史のオススメ問題集

それでは早速オススメ問題集を紹介していきましょう。流れとしてはまず最初に通史用の問題集を一冊紹介し、その次に問題演習用の参考書を2冊紹介します。

通史が終わってない人は問題集を紹介した順番通りに3冊やり、通史が終わっている人は2つ目・3つ目に紹介する問題集を順番にやるようにしましょう。

『通史ってなに?』という人はこの記事をチェックだ!

共通テスト世界史のオススメ問題集その1:きめる!共通テスト世界史

Amazonで詳細を見る

「きめる!共通テスト世界史」の基本情報

これはシリーズ累計300万部の超人気の共通テスト対策シリーズの世界史参考書です。

この参考書の特徴はこの3つだ!
  • 世界史の流れが講義形式で一冊にまとめられている!
  • 出来事の因果関係や背景知識がていねいに解説されている!
  • カラーイラストがあり、解説も口語調なので読みやすい!

「きめる!共通テスト世界史」の使い方

この参考書は歴史の流れを掴むために使うものであり、一問一答の参考書のように知識を詰め込むために使うものではありません。この参考書では単語を覚えようとせず、「歴史の流れ」を覚えることだけに集中して読むようにしましょう。

「歴史の流れ」というのは例えば、

「アテネは最初王様が支配していたのが次第に貴族が支配するようになり、そうすると今度は貴族と平民の対立が始まって、最終的にペルシア戦争で平民が活躍したことで平民も政治に参加できるようになった。」

みたいな感じです。

1つの時代を読み終わったら、1度頭の中でその時代にどんなことがあったのかを思い出してみましょう。あまり内容を思い出せなかった場合はもう1度その時代の範囲を読み直して、流れがなんとなく頭の中で思い描ける状態にします。

すべての時代でなんとなくの歴史の流れを掴むことができたら、通史の完成だ!

共通テスト世界史のオススメ問題集その2:共通テストスマート対策世界史B[アップデート版]

Amazonで詳細を見る

「共通テストスマート対策世界史B[アップデート版]」の基本情報

これは「着実かつ効率的に基礎力を底上げする」をコンセプトにした時代別対策問題集です。演習問題を解いて基礎固めと抜けている知識の確認を行うことができます。

この参考書の特徴はこの3つだ!
  • 試行調査の分析を基に学習方法を提案してくれる!
  • 解き方のコツを解説してくれる!
  • 共通テストで出題の増える史資料問題を対策するためのオリジナル演習問題付き!

「共通テストスマート対策日本史B[アップデート版]」の使い方

この参考書は以下の3STEPの作りになっているので、基本的にはそのSTEPにそって勉強するようにしましょう。

  • STEP1:プレテストの分析を基に学習方法の提案
  • STEP2:共通テストの出題に即した問題を解く
  • STEP3:本番形式のテスト(プレテスト2回分)で腕試し

STEP2とSTEP3をやるうえで大事なのは「分からない問題があったら解説を読むだけでなく、必ず教科書や資料集で分からない部分を調べる」こと。教科書や資料集で色々と調べることで、今まで知らなかった出来事どうしの繋がりが見えてくるようになり世界史の理解が深まります。

資料集を使うと、史資料読み取り問題への対応力もついて一石二鳥だ!

共通テスト世界史のオススメ問題集その3:Z会共通テスト実戦模試(12)世界史

Amazonで詳細を見る

「Z会共通テスト実戦模試(12)世界史」の基本情報

これはZ会が出している共通テスト世界史の予想問題集です。共通テストの予想問題集は他にもいくつかありますが、中でもこの参考書が特にオススメ!

この参考書がオススメな理由はこれだ!
  • オリジナル共通テスト模試が4つもある!
  • 解説がとにかく分かりやすい!
  • 共通テストを突破するのに必要な重要事項が書かれている!

「Z会共通テスト実戦模試(12)世界史」の使い方

予想問題を解くときに大事なのは、必ず「答えに自信がない問題」に印をつけておくことです。問題を解き終えて答え合わせをしたら「間違えた問題」だけでなく、「自信がなかったけど正解した問題」も解説を読みましょう。その後は教科書や資料集でその問題に関連した部分を読み直す作業を行います。

こうやって問題をたくさん解くことで自分に足りない知識を見つけ出し、その後にしっかりとその知識を補強する作業をすることで、知識の穴がなくなり本番で高得点を取ることができるようになります。

問題を解くことよりも、解いた後に知識の復習をすることが重要だ!

まとめ

今回紹介した参考書はこの3つだ!通史が終わってない人は上から順番に3つやり、通史が終わっている人は2番目と3番目をやるのがオススメだ!
  • きめる!共通テスト世界史
  • 共通テストスマート対策世界史B[アップデート版]
  • Z共通テスト実戦模試(12)世界史

共通テスト世界史で8割を取りたい人はこの記事もチェック!

共通テスト世界史で満点を取りたい人はこの記事もチェック!

【ストマガ限定・これだけは伝えたい】
頑張っても成績が上がらない時に
確認すべき3つのこと

記事サムネイル

大学受験において参考書や勉強法はとても重要ですが、それだけでは合格できません。

  • 同じ参考書を使って「受かる人」と「落ちる人」の違い
  • 合格に向けて、根拠を持って勉強を進めるために必要な〇〇とは?
  • 迷いなく毎日の勉強を進める唯一の方法

について、ストマガ読者の方だけにすべてお伝えしています。

限定記事を読む

この記事を読むだけで、第一志望に向けた勉強の仕方が大きく変わり、今よりも効果的勉強を進められます。ぜひ、この記事を読んで日頃の受験勉強に役立ててください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!