世界史勉強法

世界史通史 カリキュラム 概略理解編

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    世界史通史 カリキュラム 概略理解編

このカリキュラムでできること

赤神さん、この世界史通史カリキュラムの全体像把握の記事の通りに勉強をやったら、世界史の流れが分かったというか、抵抗がなくなりました!
案件 世界史 通史カリキュラム 全体像把握編 このカリキュラムでできること どの参考書を使うのか? どのように進めていくか? ...... 続きを読む≫
それはうれしいな!歴史は、まず「歴史に慣れる」ことが必要。その点でマルオ君は一歩合格に近づいたぞ!
わーい!
でも、用語はちゃんと覚えているかな?
全然覚えてないです……。でもこの後一問一答をやって覚えるつもりです!
それはいけない!いまのマルオ君の状態だと一問一答をやっても、意味はないぞ!マルオ君は、まずはもっと通史の内容を覚えていく「概略理解」をしなければならない。
ええ、そうなんですか!?
もし、以下のチェックリストのうち、一つでも当てはまるのなら、これから説明するやり方で「概略理解」を勉強することをおすすめする。
  • 「10時間で~」などの教材で世界史の流れは理解している
  • 用語は40~60%ぐらい覚えているつもり
  • 用語をどのように覚えていけばいいのか分からない
でも、流れが理解できたんだから、もう一問一答で用語を覚えていった方がいいんじゃないですか?
それではきっと、マルオ君はこんな状態になってしまう。

概略理解をやらなかったときの未来絵図

な、なるほど……。要するに一問一答にこのまま進んだら、用語を覚えてなさすぎて途中で諦めることになるってことですね!!
そういうことだ!これじゃあ全体像把握もやった意味がないよね。ちなみにこれから行う概略理解の勉強をやれば、マルオ君にはこんな素敵な未来が待っているぞ!

概略理解をやることによって得られる未来絵図

なりたい!なりたいですねえ!
ぜひこうなってほしい!それじゃあ早速概略理解の勉強を解説していくぞ!

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • 一つ一つの分野について詳しく理解することができる!
  • 世界史の用語暗記がスムーズに進められるようになる。
  • 教科書の内容が頭に入るようになる。

ここまではできない!!チェックリスト

  • センター試験9割をとれるぐらいの暗記はできない
    一問一答カリキュラムを読もう!
  • 論述問題はできるようにならない
    論述カリキュラムを読んで、論述問題の解き方、勉強の仕方を身に着けよう!

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

どの参考書を使うのか?

今回の「世界史通史概略理解」で使う教材はコレだ!!

スタディサプリ

スタディサプリ 世界史 スタンダード/トップ&ハイレベル

なぜ、この教材を使うのか??

【メリット】

  • 映像授業で理解がしやすい
  • 標準レベルの用語は網羅されている。
  • 確認テストもあるので、重要な部分はすぐアウトプットできる
  • スタンダードレベルとトップレベルに分かれているので、自分のレベルに合わせて無理なく通史を理解できる

【デメリット】

  • 授業の内容は用語の解説が主。流れは別に学ぶ必要がある。
  • テキストに図、表がないため、資料集を別に用意する必要がある。

資料集を準備する必要があるなど、別途でやることはありますが、「通史一つ一つの用語を理解し、覚えられる状態になる」ことを目的とするならばピカイチの教材です。

これで通史を勉強するぞい!

どのように進めていくのか?

毎日の勉強時間

60分

マスターするのにかかる時間

30日間

毎日の勉強内容

『スタディサプリ 世界史 スタンダード/トップ&ハイレベル』 1周目

Step1
教科書を読む。
Step2
講座を視聴。
Step3
確認テストを行う。
Step4
もう一度教科書を読む。
Step1

まずは、講座に該当する範囲の教科書を読みましょう。オリエントの映像授業を受けるなら、オリエントのページを読んでおく、といった具合です。映像授業の中心は用語の解説とその用語同士の関係性などです。流れを先に教科書で掴んでおくことで、授業の内容が頭に入りやすくなります。5~10分程度目を通すイメージです。

Step2

講座を視聴します(1講座60分=1チャプター15分×4)。視聴する際はテキストと資料集を手元に置きながら学習をしましょう。視聴する際には「①用語の内容」、「②教科書のどの部分を説明しているのか」を意識しましょう。1周目は「全部覚えるぞ!」と意気込む必要はありません。

Step3

確認テストを行いましょう。出題される問題は基本的なものばかりなので、授業をしっかり聞いていれば解けるはず。満点をとるつもりで頑張りましょう。

Step4

もう一度、教科書の該当ページを読みましょう。もう一度読むねらいは、確認テストで間違えてしまった問題の復習と授業で習ったことの定着です。

毎日80分で、75講座(スタンダード、トップ&ハイレベルどちらもやる)が1周できる!

スタンダードとトップ&ハイレベルは重なっている部分があるんですけど……。
スタンダードでは、歴史の重要な部分に絞って学習することができる!トップ&ハイレベルをやる前にみておくことで、学習がスムーズに進むぞ!

なお、この講座は、該当する箇所の重要用語を中心とした解説がメインとなっています。そのため、講座だけ見てしまうと、いきなり用語が出てきて戸惑ってしまうかと思います。そのため、まずは教科書でざっくりとした流れをつかみましょう

注意するべきことをまとめてみた!
必ず資料集を手元に準備して臨むこと!!
この教材の難点は図表、地図がないこと。実際の世界史の試験では、センター試験含め多くの試験で地図問題や年号、グラフなどが出ることがあります。かと言って、地図や図表だけ別途で対策するのも、効率が悪いです。通史を学習するときに一緒に地図や図表も見て、首都の場所などを覚えましょう。資料集の効果的な使い方は「世界史資料集勉強法」の記事で紹介しています。
必ず教科書で復習すること。
用語の内容を暗記しても、それぞれの用語がどんな関係なのか、どの時代の話なのか、なぜ重要なのか、ということを理解しなければ用語を覚える意味がありません。しっかりと教科書を読んで、用語が使われている文脈を理解しましょう
用語を「暗記」することではなく、用語を「理解」することを意識しよう!

『スタディサプリ 世界史 スタンダード/トップ&ハイレベル』 2周目

Step1
講座を視聴。
Step2
確認テストを行う。
Step3
もう一度教科書を読む。
Step1

講座を視聴する(1.5倍速、トップ&ハイレベルのみ)。用語を「覚える」ということを意識して、視聴しましょう。1.5倍速なのは、Step3の教科書を読み込む時間を増やすためです。

2周目はトップ&ハイレベルだけなんですか?
そうだ。スタンダードはいわば、トップ&ハイレベルをやるうえでの前提知識。1周目である程度知識は身についてあるので、2周目はトップ&ハイレベルのみを視聴すればいい!
わかりました!
Step2

確認テストを行います。2周目なので、満点はとれて当然、くらいの気持ちで取り組みましょう。間違えたものは意識的に暗記するようにしてください。

Step3

教科書を読む。用語を頭に定着させたうえで、教科書を一読する。自分で教科書の記述が暗唱できるくらい、一言一句丁寧に読みましょう

毎日60分、50日で通史概略をもう1周できる!

ペース配分のめやす

今回の進め方は一例だ! 時間がない受験生やまだまだ受験まで時間のある君は、こんな感じで進めよう。

受験まで時間がない!

1日2章分やりましょう。約2か月で終わらせることができます。このやり方は、1日あたり多くの勉強時間をとります。(約2時間~)配点の高い科目の勉強時間を削らない範囲で進めましょう。

部活で忙しくて時間がとれない!

講座を視聴することを、1日の全体を使って完結させましょう。電車の中、休み時間、スキマ時間を使って視聴しましょう。いつでもどこでも聞ける、というのが映像授業の大きなメリットです。必ずしも机に腰を据えて視聴する必要はありません。

最後にこの勉強を進めるときの注意点を確認しておこう。

【よい例】

  • 確認テストで1問だけ間違えてしまう
  • 1周目の講座視聴前の教科書を読むのは流し読み
  • いつごろ学習が終わるかの目安がついている

【悪い例】

  • 確認テストで2問以上間違えてしまう
    →講座をもっと集中して聞くように!確認テストはミスが1問以下になるまで繰り返そう!
  • 講座視聴後の教科書を流し読み
    →講座視聴後の教科書で知識を定着させよう!時間はかかってもいいので、しっかり読み込もう!
  • いつ終わるか分からず進めている
    →まずは学習ペースを考えておこう!
概略理解の勉強法よくわかりました!
これで一通り通史の勉強は終わったな。次は単語の知識を固めていくぞ!

世界史 単語暗記カリキュラム 一問一答編(山川一問一答)

「通史がまだあやふや……。」という君は「穴埋めノート」を使って、通史の整理と単語暗記を並行で進めよう!

世界史 単語暗記カリキュラム 穴埋めノート編(詳説世界史ノート)