世界史勉強法

世界史 通史カリキュラム 全体像把握編

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    世界史 通史カリキュラム 全体像把握編

今日は、世界史の通史を理解するために必要な勉強を解説していくぞ!
今日は、世界史の通史を理解するために必要な勉強を解説していくぞ!
すこし難しかったな。”通史”とは、歴史の流れをざっくりと捉えることだ!
ざっくりとですか??
それぞれの時代についてくわしく勉強する前に、ざっくりと歴史の全体像を理解しておくことが大切なんだ。
でも、学校の授業では、ひとつひとつの時代をていねいに勉強してますよ!
その勉強も間違えなく必要だ!でも、ざっくり全体像を知っておくと、ひとつひとつの時代のできごとも暗記しやすくなるぞ!
なんでですか??
ざっくりと勉強するのは、木でいうと「幹」を作るようなものなんだ。その幹に関連付けながら、それぞれの時代のくわしい出来事という「枝や葉」を付けていく!
なるほど!関連付けがポイントなんですね。
その通り。歴史の全体像を知っておくことで、できごととできごとの関連付けがしやすくなって暗記できるんだ。
前の時代から順番に勉強してると、どうしても後ろの時代との関連性が見えてきませんもんね。
だから、まず初めに「ざっくりと」全部の時代を学んでしまおう!
もし、以下のチェックリストのうち、一つでも当てはまるのなら、これから解説していく方法で通史を勉強していくことをオススメする。
  • 学校の歴史の授業が遅い。試験本番までに全部の歴史の勉強が終わるのか分からない
  • 歴史の勉強をしているけど、旧石器時代から現代までの歴史の流れを説明できない
  • 『ヨーロッパで国民国家が誕生した歴史的背景について答えなさい』という質問に答えられない
  • 中世から近世のヨーロッパにおける制海権の移り変わりを説明できない
ぼくの周りには、まずざっくりと通史をやらずにひとつひとつの時代をくわしく学ぶところから始めているひとばかりなんですけど、、、
まずざっくりと通史から始めないと、こんな事態が待ち受けているぞ!

世界史の全体像を把握しないとこんな未来が待ち受けている

恐ろしい…
通史は見落とされがちな部分だけど、かなり差がついてしまう部分でもあるんだ。通史を勉強することで、世界史の勉強がグンっと効率良くなるぞ。

世界史の全体像を把握すればこんな未来が待っている

今回解説する通史の勉強の仕方を学ぶことで、あなたはこんな事ができるようになる!

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • 流れを知っているから、学校の授業での暗記がはかどる
  • センター試験で30点取れるようになる
  • 世界史への苦手意識がなくなる
  • 『暗記が苦手』なんて思いをしなくて済む

ここまではできない!!チェックリスト

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

どの参考書を使うのか?

今回の『世界史 通史カリキュラム 全体像把握編』で使う参考書はコレだ!!!!

中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる

『中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる』

入手方法

なぜ、この参考書を使うのか??

メリット

  • 10時間という短い時間で、ざっと世界史の流れを確認できる
  • 右ページが図解になっているから、無理なく読み進められる
  • 入試の論述でよくでるテーマがおさえられている
  • 読んでいて面白い!歴史への苦手意識がなくなる

デメリット

  • 説明がざっくりとしていて、くわしく各時代のことを知れない
  • 歴史用語がほとんど出てこない。だから、これを読むだけでは点数は上がらない

『中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる』には、各時代の知識をざっくりしか学べないというデメリットがあります。ですが、ざっくりと学んであとに映像授業や参考書などを使って、くわしく学んでいけばいいのです。むしろ、映像授業や参考書ではここまで短い時間で世界史の流れをざっくりと学べるものはありません。これから本格的に始めて行く世界史の勉強を効率よくするために、まずは『中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる』を読むことをオススメしているのです。この本で、世界史の木の幹の部分を作ってしまいましょう。このあとに続く枝や葉にあたる知識を覚えるのがグンっと楽になるはずですよ。

なるほど、これなら世界史の全体像を勉強するのに、最適な参考書だ。

どのように進めていくのか??

毎日の勉強時間

60分

マスターするのにかかる時間

30日間

毎日の勉強内容

『中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる』 1周目

Step1
左ページの歴史解説の部分をまずは読もう。
Step2
左ページが読み終わったら、右ページの図表に目を通そう。
Step3
次のページにいって、どんどん読み進めよう。

毎日1時間で、3つのステップを繰り返す!10日間で通史の1周目が終わる。

1周目の勉強法についてくわしく教えてください!どこまで覚えればいいんですか??
暗記しようとしなくてオッケー!とにかく、楽しみながら読んでくれ。

1周目の勉強の時は、むりに暗記しようとしなくてオッケーです。1周目から暗記しようと思うと、嫌になってしまうものなので、これから学ぶ世界史はこんな流れなのね!といった軽い気持ちで読み進めていってください。そのため、解説中に出てくる黒太文字の部分も覚える必要はありません。また、右ページにでてくる図解の部分もじっくりとみるというよりは、軽く目を通すだけで大丈夫です。それぞれの部分を覚えようとするのは2周目から行っていきます。

1周目で意識するのは、とにかく早く読み切ること!暗記はしない!!
1周目では暗記することを忘れてください。とにかく楽しんで読み進めましょう。読書感覚でオッケーです。「楽しく読んでいたら、自然と覚えてしまった!」というのが理想的です。
右ページの図表はさらりと目を通すだけでオッケー
図表があると、ついついくわしく見てしまいますが、1周目はとにかく早く読み進めることを意識しましょう。ざっくりと歴史の流れを理解してしまうのが目的だからです。1周目から気合をいれて時間をかけずぎてしまうと、やる気がなくなっていってしまいます。
1周目の勉強法についてくわしく教えてください!どこまで覚えればいいんですか??
1周目は、参考書の内容が3割ぐらい頭に入れば上出来だ!!

『中高6年間の世界史が10時間でざっと学べる』2周目

Step1
1周目と同じく左ページをまずは読む。このとき、黒太文字の部分はじっくりと読むようにする。
Step2
2周目も右ページはさらりと目を通すだけでオッケー。
Step3
step1,2を1時間のあいだ繰り返す。

毎日1時間で、3つのステップを繰り返す!10日間で通史2周目が終了!

通史 3周目

Step1
左ページをまずは読む。
Step2
3周目からは、右ページの図表もじっくりと見ていく。
Step3
見開き1ページを読み終わったら、20秒間ぐらいでそのページで学んだことを頭のなかで整理する。
Step4
step1-step3を各ページで繰り返す。

ペース配分のめやす

今回は受験生を春を想定して、勉強のペースを解説している、高校1,2年生や本番まで時間のない受験生は以下を参考にしてくれ!

まだまだ受験まで時間がある!!(高校1年生向け)

1日の勉強時間を30分にする⇒2ヶ月で完成

試験まで時間がない!急いで勉強したい!!

毎日の勉強時間を2時間にする(進めるページ量も2倍)⇒15日間で完成

さらに、通史の勉強法について知りたい人は、この記事を読もう!!!
みなさん「世界史の全体像」って知っていますか?あなたがもし始めから一時代ごとにコツコツ覚えようとしているなら「大変キケン」です。全体像を把握することで、出来事の「繋がり」がわかり、暗記や理解がラクにな ...... 続きを読む≫
「世界史の全体像はざっくり理解できた!」この記事はそんな人に向けた記事です。さて、これから各時代、地域の歴史を理解、暗記していくわけですが、「どんな順番で通史は進めればいいの?」「どんなところが重要な ...... 続きを読む≫

通史学習の注意点

良い例

  • 1周目のとき、昨日読んだ内容は3割ぐらい思い出せる
  • 図表の暗記はそこまで進んでいない
  • 部活動などで忙しくて、毎日世界史の勉強時間をとるのが難しい

悪い例

  • 1周目が10時間以内に終わらない ⇒しっくりと読みすぎているかもしれない。まずは全部読み切ることに集中しよう。
  • マーカーなどをいれながら勉強している ⇒ すでによくまとめられているテキスト。全部大切だ。マーカーをわざわざいれる必要はない
  • 1ページずつ完璧にしていきたい。⇒ この勉強の目的は”ざっくりと”流れを把握することだ。目的を忘れないようにしよう
通史をどのように勉強すればいいのか?よくわかりました!!!!
最後にまとめだ!!

今回の記事で押さえてほしいこと!

  • 通史は、今後の世界史の勉強を効率よくするための準備!
  • ポイントは「ざっくりと」。全部を暗記しようとはしない。
  • テキストをどんどん読み進めることに集中しよう。1ページずつじっくりはダメ!

全体像が把握できたら、次は一つ一つの時代をマスターしていくぞ!

案件世界史通史 カリキュラム 概略理解編 このカリキュラムでできること どの参考書を使うのか? どのように進めていくのか? このカリキュラムでできること 赤神さん ...... 続きを読む≫
line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加