塾・予備校

【大学受験】予備校・塾は必要?東大生が教える予備校が必要な人とそうでない人

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

多くの受験生が抱える悩みの1つとして必ず挙げられるのが、「塾や予備校に入るかそれとも独学で受験に臨むのか」についてでしょう。受験期になるにつれて周りのライバルたちが続々と塾や予備校に入り、「お前も塾入ったほうがいいぞ!」「塾の先生の授業めちゃくちゃためになるぞ!」などと言われた経験はありませんか?

そこでここでは、本当に塾や予備校は必要なのか?そもそも塾や予備校が必要な人はどんな人なのかについて詳しく解説していきたいと思います!

塾・予備校って必要なの?授業の特徴は?

最近保護者の人から塾や予備校に関しての質問をたくさん頂くんだけど…。
そうだな。たしかにこれから塾や予備校を決めていくとなると、最初はどういう特徴があるのかよく分からない生徒がほとんどなんだ。
じゃあ今日は授業の特徴についての解説よろしくね!

ここでは、塾や予備校の授業の特徴に着目して解説していきます。授業の特徴は大きく分けて(1)個別指導型(2)集団授業型(3)オンライン型の3つに分けられます。

(1) 個別指導型

個別指導型の塾・予備校の特徴は、講師からマンツーマンで授業を受けられること、生徒一人ひとりの志望校や学習進度に合わせて授業を受けられる、補習や再テストなどを実施してくれる、などが挙げられます。集団授業ではついていけるか分からない人や集団授業だと周りに気を取られて集中できないと感じる人におすすめです。

(2) 集団授業型

集団授業型の塾・予備校の特徴は、授業の質が高く、ハイペースに効率よく授業が受けられることです。また、受験対策や合格のためのテクニックや勉強法などを講師から教えてもらえます。周りには自分を刺激してくれるライバルがいるためモチベーションを維持し、競い合いながら勉強していくことができます。

(3) オンライン型

オンライン型の塾・予備校の特徴は、移動の手間をかけずにどこでも授業を受けられることです。また、同じ授業を何度も視聴することができるので、納得いくまで授業を受けることができます。価格が比較的安いのも大きな特徴です。

現役東大生が教える予備校・塾が絶対に必要な人!

ここでは塾や予備校が必要かどうかについて解説していきます。まず塾や予備校が必要ではない人の6つの特徴を挙げていきます。それらに当てはまらない人は塾や予備校に入る必要がないと思います。

1つ目は、「受験の情報に関して不安がない人」

大学受験では情報収集がとても大切です。志望校を決めるのもまずは情報を集めなければならないし、その大学の倍率は例年どのくらいなのか、どういった出題傾向なのか、といったように情報収集が必須です。塾や予備校に通えば、情報収集の面に関しては心配ありません。塾や予備校の講師やスタッフの方が塾生の合格のために、学校では得られないような情報を提供してくれます。情報収集を自分の力で集められると思うような人は塾や予備校に入る必要はないでしょう。

受験勉強を始めたての人は、受験の情報に関して不安がある人がほとんどじゃないの?
そうだな。俺の経験上、受験の情報に不安を抱えている受験生が圧倒的に多かったな。
受験の情報に関して不安がない受験生は塾や予備校は不要だわ。

2つ目は、「志望校を分析して、自分で勉強計画を立てられる人」

これも先程の話と似るところがありますが、志望校が決まった後に分析して自分で勉強計画が立てられるのか。について解説していきます。受験をしていくにあたって自分で分析し、自分で勉強計画を立てることはかなり重要であり、難しいです。勉強計画を立てられても、その全ての計画を必ず計画通りに進められるとは限りません。多くの受験生はここでつまずく傾向があります。大学受験の中で非常に重要な志望校分析と計画を立てることは塾や予備校に入れば、心配する必要はなくなるのか?なくなります。塾や予備校のスタッフは受験のプロです。ですから塾生に一方的に任せることなく、スタッフの人が塾生一人ひとりに情報を共有し、一緒に考えてくれます。これを自分の力だけで解決できるのであれば塾や予備校は必要ありません。

勉強計画を1人で立てるのは時間がかかちゃってしょうがないと感じる受験生もいるはずよ。
そうだな。計画を立てるのに時間がかかっちゃって、勉強時間が大幅に減ってしまうという経験はあるよな?さっちー
あるわね。今では塾や予備校のチューターが一緒にやってくれるんだから羨ましいわ。

3つ目は、「自らの計画に従って勉強を進められる人」

計画を立ててはみたものの、その計画通りに勉強を進められる人はなかなかいないのが現実です。もし塾や予備校に入れば、スタッフの人たちが、一人ひとりがきちんと計画通りに進められているかどうかを定期的にチェックしてくれるでしょう。自分の計画に沿って勉強を進められる人は、塾や予備校に入る必要はありません。

計画を実行出来ているかを定期的に確認してくれる存在があるのは心強いわね。
だろうな。まあ自分で勉強計画を立て、実行していける受験生はまれにいるけどな。
そういう子は塾や予備校は必要ないわよね。

4つ目は、「勉強に不安がない人」

受験勉強を進めていく中で、自分の勉強に不安を持つ人が多数派です。成績が思うように伸びなかったり、自分が今勉強している内容は身になっているのか、など自分の勉強に不安を感じる受験生にとって最適なのが塾や予備校です。塾や予備校であれば、1年間の学習カリキュラムを提供してくれます。それに沿って学習すれば、勉強の進め方に不安を抱くことなく学習することができます。また、どのような参考書を使って勉強していけばいいのか、そういった悩みなども塾や予備校のスタッフの人が解決してくれます。勉強に不安がない人は少ないと思いますが、そういう人は塾や予備校は必要ないです。

不安が一切ないという受験生は本当にまれだと私は思うけどね~。
まあ中にはいるからそういう受験生以外は、基本的に塾や予備校に頼った方が賢明な判断だろうな。

5つ目は、「場所に関係なく勉強に集中できる人」

これに関してはかなり重要で、もし塾や予備校に入っておけば勉強するのに最適な環境を得ることができます。家などでは誘惑に負けてついついスマホをいじってしまったり、テレビをみてしまったりしてしまう人もいるでしょう。そういう人は、塾や予備校が提供してくれる学習環境はかなり有益なものです。もちろん場所に関係なく勉強に集中できる人は塾や予備校は必要ないでしょう。

誘惑は最大の敵よ!!
ついついってやつだな…。
塾や予備校に行けば、自習室があるから勉強に集中出来る環境はばっちりよ!

6つ目は、「友人が塾に通っていても、焦りを感じない人」

受験期になれば、塾や予備校に通い始める友人が増えてきます。友人が塾や予備校のメリットを語ってくるかもしれません。また、成績が一気に伸びたと自慢してくる友達もでてくるかもしれません。そういった状況でも、焦りを感じないのであれば塾や予備校は必要ないです。

上の6つの条件を満たせてないと、正しい受験勉強が出来ていない可能性が非常に高いぞ!
その通り!正しい受験勉強とは、正しい計画のもとで、正しい方法で行うことよね。
逆に言えば、6つの条件をすべて当てはまらない人は塾や予備校に入る必要はないぞ!

既卒生が受験対策するには塾が必要?

最近、保護者の方から既卒生には塾が必要か否かについてもたくさん声を頂いているんだけどどう思う?
そうだなあ。正解はないとは思うが、よほど自信のある生徒以外は必要だと思うぞ!どうしてそう思うのかって?それじゃあここでは、既卒生にとってなぜ塾が必要か解説していくぞ!
よろしく!

既卒生にとって塾が必要か否か?その判断基準として挙げられるのは、まずは「受験を1度終えたときに、正しい勉強法を確立できたかどうか」である。一般的に、不合格になってしまう人は、自分で正しい勉強法を確立できていないケースが圧倒的に多いです。「自分なりに計画を立てて勉強していたけど、思うように成績が伸びなかった」こういうことが原因で受験に失敗してしまう人がとても多いです。そこで塾に頼ることで、講師やチューターの人が一緒に勉強計画を立ててくれたり、間違った勉強をしていたら、修正してくれたりもします。そういう意味では、勉強法に不安を抱くことなく、勉強だけに集中できる環境を得られることができます。仮に、自分自身で成績を上げられるような正しい勉強方法を確立できているのであれば、塾は必要ないです。

結局、大学受験に塾予備校が必要かどうかは自分次第?!

塾や予備校についての質問を多く聞くけど、結局は本人のやる気次第だと思うの。
本当にその通りだよ。それ以上言葉がでない…。

大学受験をする上でやる気がなければ、どんな環境に身を置いても、長続きしないし、成績も伸びないでしょう。予備校や塾に通うかどうかの判断は、本人にやる気があるかどうか。そこだけです。

いい教材があっても『やる気』がないと意味がない!

予備校に行けば、プロの講師陣が作成した素晴らしい教材が手に入りますが、それを自分が完全に理解するまで何度も何度も復習できるような根気ややる気があるかどうかで、最高の参考書となるか、ただの紙切れとなるか変わってきます。ですから、1度予備校や塾に入ると決めたからには、最後までやり抜く気力を持つことが大切です。

勉強を続けるためのサポートもしてくれる塾を紹介!


学習塾STRUXはこちら

一般的に塾や予備校は授業をして成績を上げていくのをサポートしていくのだが、最近では勉強方法や勉強計画をメインにサポートしてくれる塾がでてきました。その塾について紹介していきます。

その一つにSTRUXが挙げられます。STRUXでは授業を行うのではなく、生徒一人ひとりのレベルに合わせて勉強計画や勉強方法を提供してくれます。勉強のやる気はあるのに、何から勉強していけばいいのかわからないからやる気がなくなってしまうという受験生は少なからずいると思います。そういう受験生にはぜひ利用してほしい塾です。

受験生がつまづきそうな問題を解決してくれて、生徒は大学受験の勉強のみに集中できるな!
 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る
line@の概要
友だち追加
line@限定動画
line@限定記事
友だち追加