公式LINE


模試について:公式LINE(4/22配信)

第4回【模試について】

5月は例年、模試の多いシーズン。

受験生になると模試がガラッと変わるので、今回は模試について詳しく説明します!

どの模試を受ける?

よく聞かれるのが、どの模試を受けるべきか、ということ。

模試は大きく分けて次の3つあります。

  • 共通テスト模試
  • 記述模試
  • 冠模試(難関大の大学別模試)

この中でも共通テスト模試は現状の学力判断に使うのに最適なので、積極的に河合・駿台などの共通テスト模試を受けるといいですね。

これと進研模試などを合わせると、それだけで月1回程度のペースになるはずです。

進研模試以外は、学校で案内されない場合もありますが、個人で申し込めるので、各社のHPで確認してください。

また、記述が必要な大学を目指す場合は記述模試、難関大志望者は専用の模試(冠模試)もあるので、そちらも積極的に受けましょう。

河合・駿台の模試を表にまとめておいたので参考にしてください。

※コロナの関係で日程がずれる可能性が高いので、必ず各社のHPも確認を!

模試の難易度

模試によって難易度も違うので、簡単に説明しておきます。

まず、共通テスト模試、記述模試、冠模試はこの順に段々と難しくなります。

(易)共テ模試<記述模試<冠模試(難)

また、実施している予備校によっても難易度が変わって、それが次の通り。

(易)進研<河合<駿台(難)

難しい模試の方が、受験者のレベルが高くなるので、同じ実力でもいい成績が取りにくくなります。

科目数が増える!

受験生になると今までのように「英数国」の3科目受験ではなく「理科・社会」も模試に入ってきます。

文系で数学を使わない人は、苦手な数学を受ける必要がなくなりますが、

その分、社会を受験する必要が出てくるので、学校の授業進度によっては不利になる人もいます。

くり返し伝えている「遅くても夏休み前までに未習範囲ゼロ」の重要性も、模試を受けるうちに強く実感できるはずです。

浪人生も受けるから偏差値は下がる!判定はあてにしない!

受験生用の模試は、もちろん浪人生も受けます。

夏休み明けくらいまでは、浪人生の方が現役生より圧倒的に有利なので、模試の偏差値は高1高2で受けていた頃と比べると下がってしまうのが普通です。

夏休みに勉強すれば、徐々に追いついて、模試の点数・判定は上がってくるので、模試の成績がガクッと下がっても気にしないように。

また模試の判定も最初はあてになりません。

現役生は最後までE判定でも、そこから伸びて合格する場合もあるので、くじけず勉強を続けましょう!

毎回復習を!

模試の成績が下がる分には問題ないですが、復習をしないのは大問題。

試験時間の2倍の時間がかかる想定で、模試の復習の時間を取るようにしましょう。

模試の復習を週間・年間計画に入れておくといいですね。

復習法は、後日配信するので参考にしてください。

まとめ

今回は「模試」について解説しました!

次回は「GWの学習の重要性&コツ」について解説します!お楽しみに!

アーカイブはこちら。

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

高3・受験生向け友だち追加 高1・高2生向け友だち追加

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら