英語勉強法

早慶レベル 英語長文学習のカリキュラム

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    『長文読解をマスターせよ』 早慶レベル

赤神さん、最近英長文が読めるようになってきたんですよ!
おお、すごいじゃないか。で、どれくらいできるようになった?
えーと、MARCHレベルの長文はもうスラスラ読めますね!これで英長文の対策はもうOKなんじゃないですかね?はっはっは!
….マルオくん、君の志望大学は?
早稲田大学商学部です!
そうだね、それで早稲田の長文は読めるようになった?
全然読めません!(時間も足らない)
ダメじゃないか!
やっぱダメですか!
もし、以下のチェックリストのうち、ひとつも当てはまるのなら、これから説明するやり方で英長文を勉強することをオススメする。
  • 早稲田/慶應の英長文を時間内に読みきることができない
  • もうセンターレベルの英長文は確実に8割取れる
  • 早慶レベルの長文読解を演習したい
おお、僕にピッタリじゃないですか!
そうだな、念のため今から教える勉強をマルオ君がしないとどうなるか見てみよう。

あああああああ! 早稲田があ!早稲田があ!
まあそう取り乱すな。これから説明していく勉強法にしっかりと取りくめば、こんな未来が待ってるぞ。

英語はどの大学を受けるにしても重要な科目。今回は早慶レベルの英語長文の勉強法だ!自分にレベルが合っているか確認してくれ!

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • 早慶レベルの英長文が読めるようになる。
  • MARCHレベルの英長文がスラスラ解けるようになる。
  • 早慶志望者のなかでも英語が得点源になる。

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

ペン画像さて、どの参考書を使うのか?

今回紹介する参考書はこれだ!

『イチから鍛える英語長文700』(Gakken)

入手方法

なぜ、この参考書を使うのか??

なんでこの本なんですか?
たくさんのメリットがあるからだよ。以下のリストを見てくれ。

メリット

  • 早慶~MARCH上位レベルの英長文が14問演習でき、難関大レベルの長文に慣れることができる
  • CDもついているので正しい発音を身に着けられる。
  • スクリプトと和訳が別冊にまとめてあるので、復習しやすい

デメリット

  • 早慶の問題は慶應の過去問が一問だけしか収録されていない

「早慶の過去問は一問だけなの?」

と思う人もいるかもいるでしょう。

しかし、あくまで今回の目標は早慶「レベル」の問題に太刀打ちできるようになること。早慶の入試問題に挑めるぐらいのレベルまで実力を上げることなのです。

イメージとしては、この問題集を完璧にした後に、自分の志望学部学科の過去問を解くという感じだ!

実は、早慶志望の人が早慶の問題ばかりやると、

「できない問題ばかりで勉強にならない…」

「この問題、志望している学部のものと全然タイプが違う…」
このように

となってしまうことが多いのです。(実際「早慶の英語」と言っても、問題の内容は学部によって全く違います。)

この問題集は癖のない良問の英長文が収録されており、徐々に難しくなる構成になっているので、無理なく早慶の過去問に太刀打ちできるレベルまで実力をもっていくことができます。

なるほど、これなら早慶レベルの英長文に取り組むのには最適な参考書ですね。

ペン画像どのように進めていくのか??

 

ステップごとに説明しよう!

毎日の勉強時間

1時間

中学英単語をマスターするのにかかる時間

1ヶ月~1ヶ月半

載っている問題は全部で14問。2,3週目を含めても1ヶ月~1ヶ月半程度あれば十分に早慶レベルの英長文をマスターすることができます。

毎日の勉強内容

進め方を解説していくぞ!

1周目

Step1 まずはWarming upで単語の知識を確認しよう。

長文を読む前にまずはWarming upで自分の単語の実力を調べましょう。
ここに出てくる単語は長文を読む上で必要な単語ですので、確認して長文がスムーズに読めるようにしましょう。

もしここに知らない単語があれば、自分の持っている単語帳にチェックを入れておきましょう。ひとつのWarming upにつき10個の単語が紹介されているだけなので、その日のうちに、覚えてしまえるはずです!

Step2 時間を計って問題を解く

設問レベル1、2でそれぞれ制限時間が設けられているので、時間を測って解きましょう。

この時気を付けるべきことは、

「問題のコピーを取り、参考書に直接書き込まないこと」「問題を解くときに電子辞書や参考書で意味を調べたりしないこと」だよね!

その通りです。

参考書に直接書き込むと、復習する際に、手がかりになってしまいます。必ずコピーをとって、問題を解きましょう。

また、問題を解くときに電子辞書、参考書で意味を調べたりしないのは、「自分がどの単語を分からなかったのか」を知るためです。

「長文読解で分からなかった単語をどうするか」については、詳しくはこちらの記事を読んでください。

入試で配点の高い長文読解。「配点が高いからちゃんと点数がほしい……」とおもっていても、なかなか読めるようにならない!なんて人も多いのではないのでしょうか。今回は、ニガテ意識を持つ人も多い、長文 ...... 続きを読む≫

Step3 解答解説を読み答え合わせ

問題が解き終わったら答え合わせをしましょう。問題集の一番うしろに「正解&解説」があります。

この問題集は、「なぜこの答えになるのか?」を丁寧に解説してくれています。

間違えた問題の解説を良く読んで、「自分がなぜ間違えてしまったのか?」をしっかり理解しましょう。自分が間違えた原因を突き止めて、確実につぶすことが大切です。

単語が分からなかったならば単語帳の復習、英文解釈ができなかったら文法・構文の復習をしましょう。

特に解釈することが難しい文章については、「構文解説」を読むことで、文の構造や「なぜその意味になるのか?」が理解できます。

Step4.CDを使ってオーバーラッピング(CDの音声に自分の声を重ねて音読)×2

※「オーバーラッピング」、「シャドーイング」って何?という方はこちらの記事を見てください。

音読勉強法
多くの人が「やったほうがいい」という音読。ただ多くの人は「間違った音読」をやってしまっています。「間違った音読」は時間を使うだけでなく、効果も薄い勉強。あなたはただがむしゃらに音読していま ...... 続きを読む≫

オーバーラッピングで、正しい発音とリズムを覚えましょう。
正しい発音が身につく上、構文を理解するスピードも速くなるはずです。

Step5.シャドーイング(スクリプトを見ずにCDの音声に続いて音読)×2

音読で一番効果があるのは、シャドーイングです。
CDのネイティブの音声についていきましょう。リスニングの点数が飛躍的に上がります。

注意するべきことをまとめたぞ!!
解説をしっかり読むこと。
長文問題集で一番やってはいけないのは、「解きっぱなし」にすること。「解きっぱなし」では、「自分の実力を把握する」ことしかできません。これでは、「長文読解の実力が上がること」はありません。
・しっかりと解説を読み、「なぜ間違えたのか」を理解する。
・音読をして、構文理解を早くできるようにする。/正しい発音、リスニング力を身に着ける。
ことが重要です。
厳しく採点すること
練習では厳しく採点することが大切です。「まあ合ってるかなあ」程度では、〇にしてはいけません。
もし解説を読んでも「自分の答えが合っているかどうかわからない…」という時は、
解説を読んで、「うんうん、そうだよね」と文章の内容を理解していることが確認できていたら〇、逆に「あれ、そうだったっけ?」となったら✖にしてください。
どうしても「合っているかどうか分からない…」という問題は先生に見てもらうのもお勧めです。また、まぐれで当たった問題に関しても、解説をよく読むことが大切です。まぐれで当たっても、本番で似たような問題に正解できるとは限りません。
本番の試験で確実に点が取れるように、練習では「完璧な理解」を目指しましょう。

毎日約1時間で、5つのステップを繰り返す!14日間で一周できる!

2周目以降

Step1.Warming upで単語を確認

1周目とやることは変わりません。ここで間違える単語があれば相当苦手な単語。
その場で単語帳を見て、音読して覚えてしまいましょう。

Step2.問題を解く

1周目とやり方は変わりません。

ですが、今回は解く時間を「10分」短くしてみましょう

読む問題文は既に読んだことの文章。
1周目は、「速く」読むことより「正確」に読むことの方が優先されがちです。

しかし、本番では「正確」かつ「速く」読むことが必要。

読みやすさは1周目よりは上がっているはずなので、2周目以降は、「速く」読む練習をしましょう。

Step3.答え合わせ&解説を読む。

こちらに関しては1周目とやることに違いはありません。
2周目以降も厳しく採点をしましょう。

Step4. 別冊の冊子を使って音読。

今回は、CDは使用しません。

1周目で、単語や構文など大体の理解はできたはずです。

なので今回「よくわからなかった」という部分があれば、その部分にしぼって音読をしましょう。
音読は英語を覚える上では効果的ですが、「時間を多くとってしまう」というマイナスな面もあります。

自分の苦手な部分絞って、できるだけ「短時間」で音読をしましょう。

以上が勉強の仕方だ!
赤神さん、質問があるんですが。
なんだね?
2周目「以降」って書いてありますけど、この問題集はいつまで解き続ける必要があるんですか?
「全ての問題に答えられるようになるまで」だな。

ただ英長文を解く練習をするだけなら、ひたすら問題集を解けばいいだけです。

しかしそれだけでは、「英長文を読む力」は身につきません。
間違えた問題が解けるようにならないから、いつまでも同じようなミスをしてしまうのです。

それは恐ろしいです!

「英長文を読む力」をしっかりと身につけるには、単語や文法、構文把握などの力が必要。

そういった力をつけるためには、英長文などの問題を解きながら、「自分は何ができていないのか」を知って、知識を補っていくことが大切です。

なので、この教材にある問題を完璧に答えられるようにすることは、ひいては、単語や文法、構文把握といった力を十分に身につけることにつながるのです。

わかりました!

ペース配分のめやす

参考書の使い方は今までに紹介したとおりだ。ここでは、どんなペースで進めていくかを説明するぞ。

部活などで忙しく、毎日は時間をかけられない人

週1日で、3問分やる

→約1ヶ月で完成。

部活で忙しい人は、週のなかでまとまった時間を確保しましょう。

音読などは、問題集を解いた直後にやらなくても大丈夫です。
夜寝る前などに音読を行えば、単語や構文の知識も定着しやすいでしょう。

自分の予定や他の科目との兼ね合いによって適切な進め方を選んでくれ。最後に、今回のポイントをまとめておこう。

MARCHレベル長文読解学習の注意点

良い例

  • できない日が一日ある。
    →この問題集は、早く終わらせること、はあまり気にしなくて大丈夫です。一問一問しっかり解説を読みこみ、音読をしましょう。

悪い例

  • 2回目に同じミスをしている。

    →解説をしっかり読むこと!間違えた原因を潰さなければ、本番でも間違えてしまいます!
  • 音読をせず、CDを聞いているだけ。
    ⇒音読をしないと、正しい発音、構文把握力は身に付きません。ただの「聞きながし」になる可能性大なので、回数が少なくても必ず音読はしましょう。
英長文の勉強法よくわかりました!!!!
最後にこの記事のまとめだ!

今回の記事で押さえてほしいこと

  • 解説を読んで「自分がなぜ間違えたのか」を理解すること!
  • 問題を解くのが目的ではない。あくまで「解けるようになるための力」をつけることが目的。
  • 解いた文章は必ず音読すること!
line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加