英語の参考書使い方


【単語帳】誰におすすめ?『英単語ターゲット1400 5訂版』の正しい使い方と勉強法【英語】

*紹介している教材にはプロモーションを含みます

英単語帳の王道中の王道「英単語ターゲット」シリーズ。「学校で配られたけど、自分にあっているのかわからない……」「もっと上手に使いたい……」なんて人も多いのではないでしょうか。
この記事では、「英単語ターゲット」シリーズの一つ『英単語ターゲット1400 5訂版』(以下、『ターゲット1400』)の使い方と勉強法をお伝えします。

『ターゲット1400』は、正しい使い方をすれば共通テスト・中堅私大までレベルまで対応できる単語帳。ぜひ、この記事であつかう基本の使い方を実践してみてください。

『英単語ターゲット1400 5訂版』基本情報

created by Rinker
旺文社
¥2,640 (2024/05/19 16:02:17時点 Amazon調べ-詳細)
  • 料金
  • 2,640円
  • 収録単語数
  • 1400個
  • ページ数
  • 400ページ
  • 習得にかかる時間
  • 70時間
  • レベル
  • 共通テスト〜中堅私大まで対応可能
  • 持ち運びやすさ
  • ★★★★★(手のサイズにフィット。電車でも勉強しやすい)
  • おすすめ度
  • ★★★★☆(共通テストレベルの単語力をつけたい人にはおすすめ)

『ターゲット1400』は旺文社の「英単語ターゲット」シリーズの単語帳です。
同じシリーズに『ターゲット1200』『ターゲット1900』の2つ、レベル違いの単語帳があります。
掲載されている単語量は、名前の通り1400語です。

『ターゲット1400』をやりきれば、共通テストで困ることはありません。

『ターゲット1400』はこんな人におすすめ!

  • 共通テストでコンスタントに6割以上とれる
  • 中学レベルの基礎英単語は覚えている
  • 『ターゲット1200』の単語はほぼ覚えた
  • 「英単語ターゲット」シリーズで勉強したい人
  • シンプルで見やすいデザインが好きな人

『ターゲット1400』は、中学~高校基礎レベルの英単語がすでに完璧で、入試レベルに進みたい人におすすめの英単語帳です。
『ターゲット1400』の単語を覚えれば、共通テストレベルの長文まではある程度読めるようになります。

こちらの動画でも、英単語帳の選び方について解説しています!

『ターゲット1400』こんな人にはおすすめできない!

「まだ『ターゲット1400』で勉強するのは早い……。」という人は『ターゲット1200』から勉強することをおすすめします。
反対に「基本的な英単語はもう完璧!」「最難関大学を目指している!」という人は、『ターゲット1900』を使用しましょう。

「英単語ターゲット」シリーズのレベルについて

旺文社によると、「英単語ターゲット」シリーズ(1200、1400、1900)のレベルについて、

  • 1200:基礎~標準(中学レベル~共通テスト)
  • 1400:標準(共通テスト~中堅私大)
  • 1900:標準~応用(共通テスト~国公立2次・難関私立)

とされています。
自分の目指す大学に応じて適切な参考書を選びましょう。

『ターゲット1200』について詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェック!

『ターゲット1900』について詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェック!

ほかのおすすめ単語帳も見たい、メリットやデメリットをきちんと比べたい、という人は、こちらの記事もチェック!

『ターゲット1400』の使い方・勉強法

ここからは、『ターゲット1400』の使い方について説明していきます。

1周目

Step1.
1ページの単語の意味を見て、日本語とセットで音読しながら、日本語訳を覚える
Step2.
覚覚えたと思ったら赤シートで隠して、赤字の部分が言えるかテストする
Step3.
間違えた日本語訳をもう一度覚える
Step4.
完璧になったと思ったらもう一度テストする
Step5.
これを100単語(1section)ぶん繰り返す

1周目はまず単語の意味・発音・スペルや品詞を見て理解し、そこから赤シートで隠してテストします。
覚えていなかったものは印を入れて、覚えたらまたテスト。これをこれを100単語(1section)ぶん繰り返しましょう。
100単語が厳しそうなら50単語・70単語などに区切ってもOKです。

2周目

Step1.
赤シートで隠して、意味が言えるかテストする
Step2.
意味が言えなかった単語にしるしをつける
Step3.
間違ったものだけを完璧だと思うまで繰り返し日本語と英語をセット
Step4.
完璧になるまで繰り返す

2周目以降は、テストを繰り返すだけです。
印のついている単語だけでいいので、どんどん繰り返してやっていくと1時間で200単語くらい進むこともできるはずです。

『ターゲット1400』の勉強法の大原則

暗記で最も大切なことは、

  • なんども繰り返す!
  • かならずテストする!

の2つです。この2つを守ることで、記憶が定着しやすくなります。

これさえ守れば覚えやすくなるんだね!!

単語暗記も最初から出来る人はいません。何度も繰り返してはじめて覚えられるようになります。半分出来ていればいいや!くらいの気持ちで取り組みましょう。

そして、毎回の勉強で必ず「テスト」をすることで記憶の定着をはかりましょう。

先ほどのstepを見ればわかるとおり、毎回毎回テストを行うようにすすめています。

確かに!テストばっかり。

ただ見ているのではなく、「なんとか思い出そう」と脳に負担をかけることで、より記憶定着につながります。

こちらの記事で、英単語の勉強法を詳しく解説しています!

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

『参考書の使い方がわかったけど、この参考書って志望校合格に必要なの?』
『この参考書は志望校合格にどのくらい役立つんだろう?』
そう思った人は、こちらの志望校別対策をチェック!

こんな使い方は要注意!『ターゲット1400』使い方のコツ

ここからは、『ターゲット1400』を効率的に活用するための使い方のコツをご紹介します。

最初の1周で覚えるべきは、赤字の部分だけ

1度にすべて覚えようとしてはいけません。特に最初の1周目は、最重要である赤文字の部分の暗記に集中しましょう。

まず赤字を覚えることで、単語の中心的な意味を覚えられます。赤字以外の意味も基本的にはこの中心の意味から派生した意味です。ですので、赤字の意味を覚えることを第一優先にしていきましょう。

高2の10月までには勉強をスタートさせる

『ターゲット1400』はレベルとしては共通テスト程度のものなので、志望校によりますが、難関大志望の人は、高3の4月までに終わらせておくのがいいでしょう。

それほど難しい単語レベルではないので、高1など早くやるに越したことはありません。遅くても、高2の10月からはスタートさせましょう。

『ターゲット1400』をやれば共通テストの英語で7割前後取れる単語力がつきますが、MARCHレベル以上になってくると『ターゲット1900』までやる必要があります。

まとめ

この記事で押さえてほしいことはこれよ!
  • 暗記の鉄則は「なんども繰り返す」「かならずテストをする」
  • まずは赤字の意味だけ覚える
  • 高2の10月までにはスタートさせる

暗記の鉄則は「なんども繰り返す」「かならずテストをする」ことです。1周目で全てを暗記しようとせず、何周もして少しずつ覚えていきましょう。

さいごにもう一度、『ターゲット1400』を使ってほしい人のチェックリストを見せておくわ。
  • 共通テストでコンスタントに6割以上とれる
  • 中学レベルの基礎英単語は覚えている
  • 『ターゲット1200』の単語はほぼ覚えた
  • 「英単語ターゲット」シリーズで勉強したい人
  • シンプルで見やすいデザインが好きな人
  • 共通テスト~中堅私大レベルの英語力を身につけたい人

『ターゲット1400』は、共通テストレベルの英語力をしっかり身につけたい人や、中堅私大レベルの大学を志望している受験生にピッタリの単語帳です。
レイアウトはシンプルに単語と意味、派生語、例文となっているため、シンプルなデザインが好きな人にもおすすめです。

これらの記事もオススメよ!

さらにレベルの高い『ターゲット1900』でMARCHレベルの英単語を覚えたい!

英単語の勉強法についてもういちどおさらいしたい!

自分にあった単語帳を知りたい!もっと詳しく比べたい!

もっと具体的に「このとおりに勉強すれば英語の勉強は完璧、という参考書の流れが知りたい!」という方は、ぜひSTRUXの参考書マップを活用してください!

英語の参考書マップに登録

■ 参考書マップとは? ■

STRUXの「参考書マップ」は、受験までにやるべき勉強を「順番通りに」すべて洗い出したもの。「いつまでに」「どの順番で」勉強をすればいいかがひと目で分かるので、あとはこの通りに勉強するだけ!という状態になります。

  • 「どの順番で」参考書に取り組めばいいかひと目でわかる!
  • 「なぜこの参考書がおすすめなのか?」「かわりに使える参考書」もすべて紹介

STRUX参考書マップ公式LINEに登録することで、いつでも無料で見ることができます!

LINEに登録して参考書マップを見る

【ストマガ読者限定】
10日間で大学受験の計画を立てる!
ストマガLINE集中講座

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
こちらのLINE講座では

  • 受験のプロがやっている計画作成方法を10日で配信
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 計画作成用ワークシートを限定配信

しています。

友だち追加

これさえ登録しておけば、自分にぴったりの計画を作成することが可能!受験についての情報、勉強の注意点もすべてわかるので、
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

ストマガを監修する学習塾STRUXとは?

学習塾STRUXは
毎日の勉強を「分析」「改善」し、
完全個別で「指導」する塾。

STRUX無料体験

「計画を立ててもその通りに勉強できない」
「参考書の使い方を間違っている気がする」
「参考書の使い方を間違っている気がする」

そんな悩みを無料体験で解決しませんか?

  • 年間計画
  • 週間計画
  • 参考書リスト

を学習トレーナーが作成します!

無料体験の詳細はこちら!

保護者の方向け!公式メールマガジン

STRUX無料体験

大学受験は複雑で、子どものために何から始めればいいのか、何をやってあげればいいのかわからない……

そんな方向けに、「とりあえずこれさえ読めば大学受験がすべてわかる!」というメール講座がスタート!毎日送られるメールを読むだけで、受験に向けて保護者がやるべきことがすべてわかります。

メール講座の詳細を見る

ストマガYouTubeチャンネルもチェック!

ストマガのYouTubeチャンネルでは、今日から役立つ効率的な勉強法や、受験に関する知識をわかりやすく配信中!大学の傾向分析や計画の立て方、各科目の勉強法だけでなく、ストマガで振れられない時期ごとの勉強法もチェック!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届ける「ストマガ」の監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
記事中の参考書や教材については編集部の基準でおすすめできるものを掲載していますが、リンクにはアフィリエイト広告を利用しています。また、各教材やサービスの「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。