英語の参考書使い方

【英語参考書】成績が上がる!ベスト3とレベル別おすすめ問題集【大学受験】

「英語は参考書が多すぎて、どれをやったらいいのかわからない!」「自分に合ったレベルの参考書がわからない……。」という方へ!この記事では、どんな人にもお勧めできるイチオシの英語参考書と、実力・目標点数別の参考書をご紹介します。これさえ読めば、もう参考書選びで迷う必要はありません!

はあ……、はあ……。よっと!(ズシン)
どうしたの、マルオ君。ずいぶん重そうなカバンを背負ってるじゃない。
それが、昨日英語の参考書を買いに本屋に行ったんですけど、多すぎてどれを買ったらいいかわからなくて……。
まさか、それでその参考書全部買ってきたの?
そのまさかです。
全く、冗談みたいな子ね。いくらしたのそれ。まあ私なら余裕で払えるけど。
一言多いですよ先生。
まあいいわ。じゃあ今日は、マルオ君をその参考書の山から解放する方法を教えてあげるわね。

おすすめ英語参考書・問題集ベスト3

まずは、どのレベルの受験生にもおススメできるイチオシの参考書を紹介するわ。どの参考書を買えばいいのかわからなくなったときには、まずこの3冊から手を付けてみることね。

おすすめ英語参考書1位:「ターゲット1900」

Amazonで詳細を見る

1900見出し語を100単語ごとに区切り、セクション単位でリズム良く学習できるようになっています。さらに、見出し語や見出し語の意味が聞ける無料音声ダウンロードがついているため、音声に触れながら単語を効率良く覚えていけるようになっています。また、レベル的にはセンター試験から国公立二次試験・難関私大レベルまでカバーしているため、1冊で大学受験を戦い抜くことが出来ます。

ターゲット1900のメリット

  • 他の英単語帳と比べても圧倒的にコンパクトなサイズなので、通学時間でも使いやすい
  • 単語ごとに例文がついているため、単語の使い方を理解しながら覚えることができる

ターゲット1900のデメリット

  • センター試験レベルに達していない人や、難関国公立レベルを目指す人にはおすすめ出来ない

ターゲット1900はこんな人におすすめ!

  • とにかく一冊で大学入試を戦い抜きたい人
  • センター試験から国公立二次試験・難関私大レベルまでカバーしているため、ほとんどの受験生にはおすすめ

ターゲット1900の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 511ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • センターレベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★

センターから国公立二次や難関私大レベルまで目指す人にはぴったりわね!

おすすめ英語参考書2位:「NextStage」

Amazonで詳細を見る

本書は、体系的理解が可能なように全128のPointを設けてあり、内容が明示されています。整理欄、考え方欄、問題レベルの表示、解説中の[!!注意]や[+プラス]など、情報を理解しやすい構成となっています。

NextStageのメリット

  • 文法だけではなく、1冊でイディオムや発音・アクセントの知識も身につけられます。
  • 左に問題、右に答えという構成のため、時短で問題をこなせます。

NextStageのデメリット

  • 解説が詳しくないので、じっくりと学びたいという人にはおすすめ出来ません。
  • 左に問題、右に答えという構成のため、答えが目に入ってしまうことも。

NextStageはこんな人におすすめ!

  • 時短で問題数を演習したい人。
  • センター試験から難関大のレベルを目指している人。

NextStageの基本情報

  • 価格
  • ¥1,436
  • ページ数
  • 511ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 受験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★

文法の基礎知識が身についていて時短で問題を演習したい人にはぴったりね!

オススメ英語参考書3位:「イチから鍛える英語長文500」

Amazonで詳細を見る

入試良問15題の長文から構成されており、何度も繰り返して読むに値する英文を厳選しています。全問につき解答の根拠を丁寧に解説してあります。構文の解説や読み下しの訳がついているため、読解力をイチから丁寧に鍛え上げることができます。また、15題の長文を読み上げたCDがついているので、音声学習も欠かさずに学ぶことができます。

イチから鍛える英語長文500のメリット

  • とにかく解説が詳しいところが最大の魅力です。
  • 構文解説・読み下し訳・音声があるため、復習すればすれほど力がつく良書です。

イチから鍛える英語長文500のデメリット

  • 難易度に幅があり、難易度順に並んでいないため、解く順番には注意して下さい。
  • 構文の解説が若干薄いです。

イチから鍛える英語長文500はこんな人におすすめ!

  • センター試験レベルから難関大レベルまで引き上げたい人。
  • 繰り返し復習して実力を上げたい人。

イチから鍛える英語長文500の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 197ページ
  • 出版社
  • 学研マーケティング
  • レベル
  • 受験基礎レベル
  • おすすめ度
  • ★★★★★

良問ばかりだからこの1冊を繰り返し復習することで読解力がつくわね!

自分にあったものがわかる!英語参考書・問題集レベル別おすすめ

次に、現在の実力・目標点数別におすすめ参考書を紹介していきます。あまり背伸びしすぎることも、基礎にこだわりすぎることも無く、自分に合った参考書を選ぶように心がけてください。

さっそく解説していくわ!

高校1・2年生向けおすすめ英語参考書・問題集3選

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

Amazonで詳細を見る

中学三年間分の英語基礎内容を網羅した一冊!難しい用語説明を避け、基礎から丁寧
に説明されています。構成は見開き一ページで、『左ページで講義』『右ページで練習問題』となっています。覚えたことをその場で確認できるので、少しづつ、しかし着実に知識を定着させることができます!講義ページも柔らかい文体で、さらにイラスト多めで解説されているので、英語に苦手意識のある方でも非常にとっつきやすいビジュアルになっています!CDも付いているので簡単に耳を英語に慣らすことも可能です。高校1,2年生は、本格的に受験勉強が始まる前の中学総復習としてふさわしいでしょう。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすくの基本情報

  • 価格
  • ¥2,484
  • ページ数
  • 327ページ
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
本格的に受験が始まる低学年や、英語アレルギーの受験生にもうってつけの一冊ね!

ターゲット1200

Amazonで詳細を見る

英語が苦手な受験生やまだ時間のある低学年は、単語の勉強をこの一冊から始めるのが理想です。内容は『中学レベル単語200』『高校レベル単語1200』『熟語300』の計1700語を収録。中学レベルを振り返りながら着実に英単語を覚えたい人にオススメです!もちろん本書はあくまでも基礎を覚えるための一冊。基礎を一通り学んだら、別の参考書やターゲット1400等を使い徐々にレベルアップしてきましょう!さらに旺文社のホームページから、収録された単語の音声もダウンロードできます!読むだけでなく、耳からも聞くことで確実に知識を定着させましょう!

ターゲット1200の基本情報

  • 価格
  • ¥918
  • ページ数
  • 480ページ
  • 出版社
  • 旺文社
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
無理して難しい単語を覚える必要は無いわ!今の自分にあったものから着実に覚えていきましょう!

新英語をはじめからていねいに

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

東進の名物講師安河内氏による参考書!『入門編』『完成編』分かれており、入門編は時制や受動態等の基礎について、完成編では少しレベルが上がり分詞構文や仮定法等について書かれています。薄いオレンジを基調とした非常に柔らかいビジュアルで堅苦しさがありません。文体も『安河内先生の講義』をイメージした語り口調で非常にフランク!参考書を読むという無機質さを忘れさせてくれます。さらに講義ページを読むだけでなく、要所要所で簡単な確認問題も解けるので、必要な箇所ではしっかりとアウトプットができますね!

新英語をはじめからていねいにの基本情報

  • 価格
  • 入門編と完成編それぞれ¥1,296
  • ページ数
  • 入門編240ページ、完成編238ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 高校1,2年生向け
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆
安河内先生の授業を受けている気分になりながら効率よく勉強できる一冊ね!

受験基礎レベルおすすめ英語参考書・問題集3選

高校英文法をひとつひとつわかりやすく

Amazonで詳細を見る

『中三だけど高校の勉強先取りしたい!』あるいは『本格的に受験が始まる前に高校英語のおさらいをしたい!』という学生にぴったりの一冊!内容は中学レベルの内容は軽く触れつつ、ほとんどは高校英文法の基礎を学んでいく形になります。なので、中学レベルが怪しいという方にはオススメできません。ある程度英語のできる人には物足りないですが、高校英文法の基礎をおさらいしたい方にはちょうど良いレベルですね。講義系と演習系をミックスさせたような作りになっており、きちんとインプットもしつつ問題演習もできる非常に良いバランスです。また全例文に音声がついているので答え合わせをしつつ、耳も慣らせていきましょう!

高校英文法をひとつひとつわかりやすくの基本情報

  • 価格
  • ¥1,188
  • ページ数
  • 150ページ
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • これから高校受験を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
まさにこれから受験を始めたい人にはうってつけ!ただ、中学の基礎は出来ている前提なので気をつけてね!

いちばんはじめの英文法

Amazonで詳細を見る

『とにかく内容がわかりやすく簡単!』と評判の一冊。既存の参考書でつまずいてしまうような方にはピッタリの内容です!中学レベル〜高校基礎レベルの重要ポイントがしっかり詰まっており『とにかく基礎の基礎を固めないといけない』という危機感を持った人はここから始めるのがベストでしょう。またボリュームもそれほど多くなく、一〜二週間で完成させることも可能!ただし逆に言えば、短期間で終わらせられるからこそ1〜2週間できっちり基礎固めに徹して、そのあと徐々にレベルアップするのが大切です。内容も平易すぎるので決してこれだけで勉強を終わらせてはいけません。これをスタート地点として、別の参考書で力をつけていきましょう。

いちばんはじめの英文法の基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 230ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • これから高校受験を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆
『英語の勉強を始めるならまずはこの一冊!』という声もたくさん聞く良著よ!

イチから鍛える英語長文Basic

Amazonで詳細を見る

英語長文勉強において大切な『反復練習』に重きを置いた一冊。参考書の収録長文を空欄無しで納めた別冊『トレーニングブック』も付属されており、重要単語をまとめたパートもあるため丁寧に確認しながら長文を繰り返し読み込むことが出来ます。レベルとしては、長文をこれから勉強したいというまさに『英語長文初心者』にオススメ!流れとしては『語句の確認→長文読解』という形です。高校入試用の長文〜センター試験レベルの長文を順番に解いていくのですが、詳しい解説や全訳がしっかり書いてあるので無理なく進められるでしょう。ただし前提としてある程度単語や文法は抑えていることが求められるので、完全な英語初心者にはオススメできないので注意です!

イチから鍛える英語長文Basicの基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 204ページ
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • これから高校受験を始める人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
冒頭で『長文読解力を鍛える10の鉄則』として自学自習のコツをまとめているわ!

受験応用レベルおすすめ英語参考書・問題集3選

イチから鍛える英語長文300

Amazonで詳細を見る

イチから鍛える英語長文Basicで長文の基礎を学んだらここにステップアップすることをオススメします!基本の構成は一緒ですが、内容は『ある程度長文を読めるようになったのでセンターレベルにもチャレンジしたい!』という受験生向け。日東駒専〜センター試験レベルくらいです。こちらも解説が丁寧に書かれており、インプットよりも問題演習を通じてのアウトプットに重きが置かれています。このレベルに挑戦する受験生は、単語や文法の基礎はすでに抑えているはず。そこからさらに『長文を解いて慣れていきたいと!』いう受験生にはピッタリの内容です!

イチから鍛える英語長文300の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 212ページ
  • 出版社
  • 学研プラス
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★★
長文の基礎を固めた人にはオススメの一冊よ!ここからどんどん長文に慣れていきましょう!

英作文のトレーニング必修編

Amazonで詳細を見る

『英作文に苦手意識を持つ受験生』のために考えれた一冊!Z会から出版されており、近年の大学入試問題を分析した上で作成されているので受験対策にはうってつけです!内容は『英語や日本語とで異なるニュアンス』『受験生が陥りがちな落とし穴』を中心に解説。言語が違えば文章を書く上で感覚も当然違ってくるので、そもそもの『根本的な苦手意識』を潰しながら学んでいくことができます。さらに英作文の例題100題全てに丁寧な解説がある徹底ぶり。漠然と『書いて慣れる』のではなく、『ポイントを抑えて苦手を潰していく』ことができる良著です。

英作文のトレーニング必修編の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 232ページ
  • 出版社
  • Z会
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★★
英作文という鬼門はこの一冊から潰していきましょう!根本の苦手意識から改善していきましょう!

基礎英文解釈の技術100

Amazonで詳細を見る

タイトルには基礎とありますが、レベル的には『日東駒専〜MARCHクラス』を目指す受験生向け。応用レベルの例文も出てくるので『基礎を勉強したい!』という受験生にはちょっと厳しめの内容なので注意が必要です。問題演習が100問と多めですが、解説は非常に丁寧!問題数をこなしながらも、詳細な解説で一題ごとにじっくり実力を養うことができます。『入門英文解釈の技術70』では基礎を取り扱っているので、いきなり100に取り組むのが不安な受験生は70から始めるのもオススメです。

基礎英文解釈の技術100の基本情報

  • 価格
  • ¥1,458
  • ページ数
  • 230ページ
  • 出版社
  • ピアソン桐原
  • レベル
  • 受験勉強をある程度進めた人向け
  • おすすめ度
  • ★★★★★
基礎じゃ物足りないという人にオススメ!内容が難しいと思う人は無理はしちゃダメよ!

センター試験対策おすすめ英語参考書・問題集3選

イチから鍛える英語長文500

Amazonで詳細を見る

『イチから鍛える』シリーズもここまで来ると難易度はさらに上がります。センターで8割を目指す受験生にぴったりの内容なので、長文読解の基礎や単語はできているのが前提となります。問題数は15題。若干少ないですが、一題ごとに詳細な解説がついているので一つ一つを納得いくまで落とし込むことができます!またこれまでのシリーズと変わらず反復練習用のCDも付属。耳も慣れておくことで『難易度の高い文章をなんとなく解けちゃった』という状態にせず、自分の実力で解けるようにしましょう!

イチから鍛える英語長文500の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 197ページ
  • 出版社
  • 学研マーケティング
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
難易度が上がるからこそ、自力で解けるように頑張るのよ!

Vintage

Amazonで詳細を見る

文法・イディオム・発音・会話表現の受験に必要な事項を網羅した一冊!問題レベルは基礎から応用まで幅広く取り扱っていますが、センターで8割取ることを目標にしているので全体としての難易度は高いです。構成は見開き一ページで『左ページ→問題演習・右ページ→解説』となっています。実際に入試で出題された問題が収録されているため、レベルが合うのはもちろん実際の入試問題を解く練習にもなりますね!問題量や種類が豊富なので演習はガッツリできます。さらに解説も丁寧なので、しっかりやり込めば相当な実力が身につきます。早慶を狙う場合も、そこに対しての基礎は身につけられるので上位校を目指す方も取り組んでおいて損はないでしょう!

Vintageの基本情報

  • 価格
  • ¥1,256
  • ページ数
  • 608ページ
  • 出版社
  • いいずな書店
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
ボリュームがかなりすごいわね!その分やり込めば実力は確実に身につくわ!

英語長文ポラリス1

Amazonで詳細を見る

ポラリスはレベルが三つに分かれており、その中では一番基本となる一冊。『あくまで三つの中では』なので、内容はセンター試験8割を狙う人向けです。長文数は12題と少なめ。その分最新の入試傾向に沿うように厳選されており、解説も一題づつ丁寧に書かれており質はかなり高め。『どのように考えれば良いのか』『なぜ他は不正解なのか』というところまできっちり解説してくれるので、自分がどこでつまづいてしまうのかということをしっかり把握した上で、次のレベルに進むことができます!和訳や語句確認もしっかりあるので、もし『なんとなく解けたけど正直長文の意味は理解してない』という部分があれば、自分の不安定な箇所は潰していきましょう。また、音読用に英語&全文和訳が再掲されているのも魅力的です。

英語長文ポラリス1の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 256ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • センター試験で8割とる
  • おすすめ度
  • ★★★★★
やみくもに問題数をこなすのではなく、かなり質にフォーカスした一冊ね!

MARCHレベルおすすめ英語参考書・問題集3選

英語長文ポラリス2

Amazonで詳細を見る

基本的な構成はポラリス1と同じ。内容レベルは、センター試験を超えてMARCHを狙う受験生向けです。これまでの勉強でももちろんですが、難関を狙うのならより一層『どうしてこの答えになるのか?』をきちんと落とし込むことが大切です。問題演習をこなすのは大前提。その上で『自分が解けなかった箇所』や『解けたけど曖昧だった部分』を潰していき、次の演習では根拠を持って解けるようにしていくのが肝心です。長文を読み込むことも大切ですが、本書の詳しい解説もしっかり読み込んで力をつけましょう。

英語長文ポラリス2の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 288ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
自分の解答に根拠を持つのが大切!ポラリスはそれを身につけるのにうってつけね!

イチから鍛える英語長文700

Amazonで詳細を見る

イチから鍛える英語長文シリーズの中で最も難易度が高いのがこちらです。センター試験で8割をコンスタントに取れるような、上位校狙いの受験生はこれを使いましょう。ここまで順々に取り組んできていれば、このシリーズの特徴である『反復学習』も身についているかと思います。上位校受験では、より一層『やりっぱなし』は禁物!なんとなく読めちゃった問題を放置してはいけません。長文の反復に適した本著で、納得いくまで徹底的に読み込みましょう!

イチから鍛える英語長文700の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 207ページ
  • 出版社
  • 学研マーケティング
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
このシリーズをしっかり取り組めれば英語長文の苦手はかなり潰せるはずよ!

英作文のトレーニング実践編

Amazonで詳細を見る

英作文は減点方式です。模範解答と全く同じ答えを書く必要はなく、いかに『決められたポイントを外さずに書けるか?』が重要になってきます。それさえ守れば無理に難しい言い回しや単語を使う必要はありません。その上でこの本は最適な内容!解答には合格ラインの解答例だけでなく、高得点を取るための解答例も掲載されているので自分の点数を上げていきた受験生には必見の内容!最新の入試問題も取り上げられており、自分が目指す大学と同レベルの問題を解くことで、実際の感覚も身につけやすいです。問題量も豊富で、全体的に会話形式で話が進むのでとっつきやすい状態でたくさんの問題を解くことができますね!ただし、英作文の基礎が身についていないと厳しい内容。あくまで『これからガンガン問題を解いて力を完成させたい!』という人にオススメです。

英作文のトレーニング実践編の基本情報

  • 価格
  • ¥1,296
  • ページ数
  • 304ページ
  • 出版社
  • Z会
  • レベル
  • マーチ・関関同立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
英作文は解答のポイントを抑えるのが大切!この一冊で確実に学んでいきましょう!

早慶・難関私大レベルおすすめ英語参考書・問題集3選

英文解釈の技術100

Amazonで詳細を見る

基礎解釈の技術シリーズでもっとも難しい内容となっています。早慶や難関私大レベルを目指すなら必ず取り組むべき一冊!これまでにシリーズを通じて基礎を学び、本著で英文解釈の総仕上げをするというイメージです。きちんと取り組めば英文解釈に関してはどの大学でも困ることはないでしょう!ただし、どこでも困らないレベルになるとはいえ難関大を受けない人にとってはオーバーワークとなる内容になっています。受験勉強は自分の目標大学レベルに合わせて行うもの。やみくもに難しい問題を解いても労力を使うだけなので、自分のレベルに合わせて見極めるのが肝心です。解く場合は、きちんと基礎シリーズを確実にこなせるようになってからにしましょう!

英文解釈の技術100の基本情報

  • 価格
  • ¥1,458
  • ページ数
  • 230ページ
  • 出版社
  • ピアソン桐原
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
この一冊で英文解釈で困ることはない!自分の目標レベルで必要なら必ずやりましょう!

英作文のトレーニング自由英作文編

Amazonで詳細を見る

単純に問題を解かせるのではなく、与えられたテーマに対して『どんな発想でアイデアを出すか?』『論理的に書くにはどうするか?』等の根本の考え方から教えてくれる一冊!豊富な問題数を短い英作文から始めて、確実に学んでいくことができます。間違えやすい表現や他でも応用できる言い回しもしっかり解説。さらに意見論述、手紙文、要約等のあらゆる出題形式に対応しているので、本著をやり込めば大抵の英作文は解けるようになります。最新の入試傾向を踏まえた演習問題に改訂され、ネイティブスピーカー視点からの解答例も追加されたので、より進んだレベルをこなしたいという受験生にぴったりです!

英作文のトレーニング自由英作文編の基本情報

  • 価格
  • ¥1,404
  • ページ数
  • 224ページ
  • 出版社
  • Z会
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
英作文は漠然と解けるものじゃないわ!この一冊で根本の考え方を身につけましょう!

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻)

Amazonで詳細を見る

私大難関レベルの問題が収録された一冊。早慶レベルを狙うのであれば必ず力になる内容です。入試に出やすい問題を厳選して解くことができ、解答が別冊になっているので一題一題を丁寧な解説と共にじっくりやり込むことができます。解答が詳しいとはいっても、講義としてではなくあくまで『問題に対する解説が詳しい』というものなのでご注意ください。また、内容は私大難関レベルなので、初心者や基礎があやふやな人には全くオススメできません。それだけ難問良問揃いなので、このレベルまで到達できればほとんどの英文法の問題はこなせるようになります!入試によく出題される文法事項や間違えやすい部分も整理してくれているので、ここも丁寧に確認しながら進めていきましょう。

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻)の基本情報

  • 価格
  • ¥1,490
  • ページ数
  • 367ページ
  • 出版社
  • 桐原書店
  • レベル
  • 早慶に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
きちんと勉強を進めてきたあなたなら取り組むべき一冊!総仕上げにかかりましょう!

難関国立大レベルおすすめ英語参考書・問題集3選

東大英語総講義

Amazonで詳細を見る

タイトル通り東大受験者のための参考書!東大の過去問を演習問題として解くことができ、解説では東大の傾向や分析を行うことができます。内容がハイレベルのため、東大以外の難関国公立大志望者がより高い英語力を身につけるために使う分には問題ありません。相当なボリュームのため、自分の目標レベルと合わないのなら使っても挫折するだけです。演習と解説が統合されており『問題を解きながら随時関連事項も扱った方が効率的』という著者の方針が示されています。また英作文の解答例はなるべく簡潔な英語で書かれており、速読やリスニングにも対応するためのCDも付属!東大だからといって小難しい解答例を示しているわけではないので受験生にも理解しやすい内容となっています。

東大英語総講義の基本情報

  • 価格
  • ¥2,160
  • ページ数
  • 731ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
日本の最高峰クラスを目指すならぜひチャレンジしたい一冊ね!

キムタツの東大英語リスニング

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

こちらも東大受験のためのリスニング本!スピードや内容、形式、放送時間等の全てが東大を意識した作りになっているので、東大受験者はもちろん同レベルの難関国立、外国語系の大学を狙う受験生は取り組むべき一冊です。内容は『ただ聞いて解いて訳を読んで終わり』ということはありません。『どうして聞き取れないのか?』『具体的にどう解けば良いのか?』等の方針まで詳しく解説!なんとなくではなく、根拠を持って英語を聞き取れるようになるための工夫がなされています。レベルは『BASIC』『無印』『SUPER』に分かれていますが、BASICの時点ですでに難しいです。SUPERには本番を意識した意図的な雑音が流されているので、試験当日の緊張感を持ちながら取り組みたい受験生にはオススメ!他のレベルでもYoutube等で雑音音源を探して流せば同じ緊張感を作れますね。

キムタツの東大英語リスニングの基本情報

  • 価格
  • ¥2,376
  • ページ数
  • 252ページ
  • 出版社
  • ナガセ
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★★
本番さながらの雰囲気で取り組める一冊!外国語系大学を狙う受験生も必須よ!

英文読解の透視図

Amazonで詳細を見る

この問題集は東大・京大・早稲田等の難関大学で出題された内容が収録されています。このレベルを目指す学生以外が取り組むとオーバーワークになる可能性があるので注意しましょう。本書に収録された文章はどれもレベルが高いですが、一文一文はそれほどの長さではありません。『ハイレベル英文法+長文』だと相当難敵ですが、これならまず英文法の勉強に重きを置けますね。内容は網羅的ではなく『倒置・強調・省略』等の受験生が苦手とする分野が数多く収録されています。問題はハイレベルですがその分解説も丁寧なので一つずつ確実に潰していきましょう!また、別冊の『英文読解再入門』には5文系等の最低限の知識も掲載されているので、ハイレベルと言いつつしっかり受験生をサポートしてくれる内容です。

英文読解の透視図の基本情報

  • 価格
  • ¥1,512
  • ページ数
  • 236ページ
  • 出版社
  • 研究社
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
内容はハイレベル!だけど解説含め、受験生に投げっぱなしにしない良い参考書ね!

発音アクセント、英単語、リスニング……英語の苦手を克服する分野別参考書

ここでは、英語の分野別におすすめの参考書・問題集を紹介!「この分野が苦手……」「この分野はもっとレベルを上げたい!」という人は参考にしてみてください!

英単語を「図解」「語源」で覚えて極める!「鉄緑会東大英単語熟語鉄壁」

Amazonで詳細を見る

東大合格者を数多く排出している塾『鉄緑会』による英単語帳です。東大とは言っていますが、内容は『定期試験〜難関大学レベル』まで幅広く対応。受験に必要な単語を網羅的に収録しています。ただ単語が羅列してあるだけでなくイラスト付きのため視覚からも覚えやすいのが特徴!さらに『人間関係』『政治』『産業』等のカテゴリごとに収録されているので、関連ワードと紐づけて覚えることができます。派生語も同時に収録されているので、バラバラに捉えるよりも非常に効率的に記憶できますね。ただし、単語の収録数が圧倒的に多いのでボリュームはかなりすごい!英語が苦手な人はそれだけで拒絶してしまうので、無理せず二冊目として使うのもオススメです。

鉄壁の基本情報

  • 価格
  • ¥2,268
  • ページ数
  • 666ページ
  • 出版社
  • 角川学芸出版
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
内容は網羅的なので、東大以外のさらに英語を勉強したい全ての受験生にオススメよ!

和訳や英文解釈の最難関!「ポレポレ英文読解プロセス50」

Amazonで詳細を見る

国立大や早慶上智等の難関大受験者ならば必須とも言うべき一冊。内容はかなりハイレベルで、基礎ができているのは前提となっています。ある程度のレベルまでは、単語さえ覚えていればなんとか英文を読むことはできるんですよね。ですが難関大の試験問題には、英文解釈の知識がないと解けないような英字新聞や論文等の文章も出題されることがあるのでこの知識は必須となってきます。収録されている例文は50。その一文ごとに、約2ページほどの詳しい解説があるのでじっくりと理解を深めることができるのが特徴!関係詞のような受験生がつまづきやすいポイントには、記号を使った解説もあるのでビジュアル的にも理解がしやすいです。この一冊で『単語だけでなんとなく英文を読む』という状況からおさらばしましょう!

ポレポレの基本情報

  • 価格
  • ¥818
  • ページ数
  • 129ページ
  • 出版社
  • 代々木ライブラリー
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★★☆
ココにテキストを入れて下さい。

センターリスニングはこれで完璧!「キムタツのセンターリスニング合格の法則」

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

本書では、2004年に行われたセンター試験の英語リスニング問題を細部に渡って分析しています。『基礎編』『実践編』の2冊に分かれており、使用目安としては『リスニング大問1〜3レベルが基礎編』『大問4レベルが実践編』となっています。特徴は、執筆者の木村達哉先生による独自メソッド『3S』が取り上げられている点!これは『Structure(構造)・Sense(意味)・Sound(音声)』をまとめたもので、これまで灘高英語教諭として多くの生徒を東大へ送り込んできた実績が詰まったものになっています。

キムタツのセンターリスニングの基本情報

  • 価格
  • ¥1,512
  • ページ数
  • 125ページ
  • 出版社
  • アルク
  • レベル
  • センター試験
  • おすすめ度
  • ★★★★★
実績に裏打ちされた独自のメソッドを体験できるわ!

センター発音アクセント問題で満点!「発音・アクセントプラチナルール」

Amazonで詳細を見る

発音やアクセントの問題を苦手にしている受験生は多いのではないでしょうか?発音記号が難しかったり覚える量が多かったりとなかなか手こずる分野です。本書はそんな受験生の苦手分野を徹底的に潰しにかかる参考書!この本には厳選された過去問が収録されており、丁寧な解説に加え『そもそもなぜ出題されたのか?』という根本の部分まで書かれているのでこれ一冊でアクセントに関してかなりの力がつきます!問題量もたくさんあるので、自分が完璧になるまであらゆるアクセントを覚えることができますね!また、公式サイトからは音声ダウンロードもできるので、目から、耳から、確実にアクセント覚えていきましょう。

発音・アクセントプラチナルールの基本情報

  • 価格
  • ¥1,080
  • ページ数
  • 160ページ
  • 出版社
  • KADOKAWA
  • レベル
  • 難関国立に合格する
  • おすすめ度
  • ★★★☆☆
アクセントはルールさえ覚えれば得点できる分野!取りこぼさないようにしましょう!

英語参考書・問題集の使い方・活用法をチェック!

次に、代表的な問題集・参考書の使い方について説明していきます。

英語参考書の活用法

英語参考書の使い方は、参考書の種類によって微妙に異なりますが、最終的には「辞書のように使える」ようになることが理想です。英文法の参考書(『Evergreen』のように500~600ページに至るもの)は「読んで理解する」「暗記する」というよりは、最初から「問題集を解いていてわからなかったところ、より詳しく知りたいところについて参照する」という使い方をするのがよいでしょう。いわば文法の辞書のような使い方をするのです。

英作文の参考書の場合は、まずポイントについての解説をくまなく読んで理解したうえで、例文を暗記するまでひたすら繰り返し読み続けます。英作文の場合には、正しい例文を借りて答案を書くことがいちばん確実な方法ですから、一冊の参考書を徹底的に暗記することが最良の活用法になるのです。もちろん、問題を解いていてわからないことが生じた場合には、作文の辞書のような使い方もします。構文の参考書についても同様です。

文法参考書のように章立てがしっかりしているものは別にして、英作文や構文の参考書を辞書として活用しようとするならば、最初に学習したときに「どこに、何が書いてあるのか」をしっかり覚えておく必要があります。直前期に効率的に弱点をカバーできるようになるためにも、参考書は一冊を徹底的にやりこんでおくのがいいといえるでしょう。

英語問題集の活用法

英語問題集を解く際には、一冊の問題集を何度も繰り返し解き、問題演習を通じて自分の弱点を浮かび上がらせるイメージを持ちましょう。文法問題や構文把握問題など、長文問題以外の問題集に共通の使い方はこちら。

Step1
1周目は時間を気にせず解く。解説を読み、間違った問題に×をつける。
Step2
2周目は時間を測って解く。ここでも間違った問題には×をつける。
Step3
3周目以降は×がついている問題だけを解いていく。ここで間違えた問題には赤×をつける。
Step4
Step3を何度も繰り返し、×がついている問題までくまなく正解できるようになれば完成。
結局「繰り返し解け」って言ってるだけじゃないですか。
その通りよ。問題集の基本は何度も繰り返し解くこと、それに尽きるわ。何度同じ問題を解いても、間違える問題は間違えるものだもの。自分にとってどの問題がそれにあたるのか、見極めることが重要だわ。

こうして繰り返し解いた問題集は、直前期になって振り返ると、×や赤×のついた問題、克服した問題や最後まで苦手だった問題で埋め尽くされた問題集になっているはずです。この状態になった問題集を、直前期にもう一周解くことで、問題集を使用した勉強は完成します。

長文問題集についても、徹底的にやりこむことは必要ですが、復習の仕方が少し異なります。

長文問題集の場合は、問題文を音読すると効果的よ。ただし、構文や意味を理解したうえで読まないと意味がないわ。

一度じっくり問題を解いてから解説を読んで、わからなかった単語や文の意味が理解出来たら、復習の際にはその問題文を音読するようにします。この訓練を積むことで、英語の文を前から(単語を前後に行ったり来たりしなくても)読めるようになり、長文読解のスピードがぐっと速くなります。

なお、音読の効果やコツについてより詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たくさんある英語の参考書や問題集の中から、どれを選べばいいのか理解していただけましたか?英語に限らず、勉強を進めるにあたっては、「色々な参考書に手を出しすぎないこと」が非常に重要です。使える参考書・問題集は限られているからこそ、自分の実力や目標点数に合わせて、適切な参考書を選びたいものですね。

参考書は辞書に、問題集は弱点問題集に仕立てられればこっちのものよ。

英語おすすめ参考書・問題集ベスト3

「ターゲット1900」「NextStage」「イチから鍛える英語長文シリーズ」で英語の勉強はバッチリ!

英語問題集・参考書の活用法

参考書は一度読んで理解できたら、辞書として使おう!
文法や英作文などの参考書は、一度読むだけで終わらせず、問題集などを解きながらわからないことを調べる辞書として参照します。あまり多くの参考書に手を出しすぎることはせず、どの参考書のどこに何が書いてあるのか、把握できる範囲にとどめておきましょう。
問題集は×をつけながら徹底的にやりこみ、弱点を浮き彫りにしよう!
問題集を使って勉強するときは、間違えた問題に×をつけ、×がついている問題を繰り返し解いていきます。苦手な問題に的を絞ったうえで何度も繰り返し解くことで、効率的に知識を習得していくことができます。直前期には、自分の苦手分野を短時間で復習できる便利な問題集ができあがっていることでしょう。

英語各分野の参考書はこちらから!

英単語

英熟語

英文法

長文読解

英作文

リスニング

 記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

STRUXマガジンYouTubeチャンネル開設!

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

STRUXの詳細を見る