英語勉強法


英語長文読解|英語が苦手な人がスラスラ長文を読めるようになる方法を東大生が解説!

この記事を読めば、「英語長文が読めない…」「いつも時間が足りなくなる…」「英語が苦手…」という人でも、たった75日で早慶の長文がすらすら読めるようになります。

英語の長文問題は、入試の中でも特に配点の高い部分です。長文読解が入試を決めるといっても過言ではありません。「配点が高いから英語長文で高得点を取りたいけど、なかなか長文読解ができるようにならない…」という方も多いのではないでしょうか?

今回は苦手意識を持つ人も多い、長文読解の勉強法を紹介しています。この記事を読めば、英語長文が「速く」「正確に」読める・解けるコツがわかる!

初めてこの記事を読む!という人はこちらの動画から見てください!

赤神先生、今日学校で長文問題をやったんだけど、全然解けなかったです……。全部読み終わらなかったし、解いた設問も全然あってませんでした……。

早稲田大学 政治経済学部 2016年度 第一問

出典 “Gained in Translation, “The Economist(May 17, 2014), and David Edmonds, Would You Kill the Fat Man?
©The Economist Newspaper Limited ,London

ああ、これは2016年度早稲田大学政治経済学部の大問1の長文だな。
(問題文見ただけでわかっちゃうのかよ。。。)赤神先生、これぶっちゃけ本番どれくらい解けないといけないんですか?
そうだな……この問題なら正答率7~8割はほしいな。
えええええ!そんなのムリですよおお。
よし、今日は英語が苦手なマルオ君でも「長文読解を得点源にできる方法」を教えてあげよう!

英語長文読解に必要な2つの力とは?

まず「長文読解はどうやったら上達するのか?」ということを考えてみましょう。

英語長文が「読めない」「苦手」な理由

長文読解が「読めない」「苦手」だという人はこの二つの問題を抱えていることが多いです。

  1. 「長文を時間内に読みきれない」
  2. 「長文に書かれている内容が分からない」

まず文章を時間内に読めないと問題は解けませんし、時間内に読み終わったとしても内容を理解できていないと正解にたどり着けません。

つまり、「長文読解が苦手…」「長文が読めない…」という人が「長文が得意!」という状態になるには、長文を「速く読み」「正確に内容を理解する」という2つの力を身につけることが必要なんです。

では「正確に」「速く」読めるようになるためには、どんな勉強をしなければいけないのでしょうか?

結論から言うとこの2つです。

  • 「単語、熟語」「文法」「構文把握」といった基礎事項を勉強すること。
  • 長文問題を解く練習をたくさんして「長文に慣れること」
「基礎知識」と「慣れ」が必要だ!

英語長文読解の勉強法①:「単語、熟語」「文法」「構文把握」を押さえよう

英語長文が得意になるためには「基礎知識」と「慣れ」の2つが必要だと分かったところで、この2つを具体的にどのように勉強すればいいのをみていきましょう。

早速ですが、

“This is a pen.”

という文の意味、すぐにわかりますよね。

なぜすぐにわかるのかというと、それはあなたが、this, is, a, pen という単語の意味をよく知っていて、Be動詞の文法事項についてよく知っているから。

たしかに!Be動詞は「~です」っていうのは知ってるよ。バカにしないでください。

では

“She has been in Vietnam since last month when she succeeded the project.”

この文章の意味はすぐにわかりますか?

「This is a pen.」と同じぐらいの速さで理解できたでしょうか?

うーん、なんだこれ。

「関係代名詞」「現在完了形」といった知識をちゃんと理解できている人ならそこまで理解に時間はかからなかったはずです。

逆に、これらの知識があやふやな人だと理解することに時間がかかってしまったのではないでしょうか?

このように「単語、熟語」「文法」「構文把握」に関することいった項目を勉強することで、上のような長い文、難しい文が「速く」「正確に」理解できるようになります。

長文読解をするうえでは、「英単語」「英文法」「構文把握」の3つをまず完璧にしていることが不可欠!ただがむしゃらに長文問題の練習をするのではなく、しっかり基礎を固めたうえで長文問題を解くようにしてください。

長文読解をする前に まずは「単語、熟語」「文法」「構文把握」をやろう。

「単語、熟語」「文法」「構文把握」の詳しい勉強法については、以下の記事を読んでみてください。

「英単語」の勉強法はこちら!

「英文法」の勉強法はこちら!

「構文把握」の勉強法はこちら!

以上が一つ目にやらなければならない、基礎事項をおさえることです。

英語長文読解の勉強法②:問題練習をたくさんして長文に慣れよう

2つ目にやらないといけないことは長文問題に「慣れる」ということ。

先程の「単語、熟語」「文法」「構文把握」といった勉強はいわば、長文を読むための「準備作業」であり、いくら基礎事項を覚えたところで、長文を読む練習をたくさんしていないと本番では読めません。

英語長文の問題練習の仕方は3ステップ

英語の長文問題を解くときにかならず守ってほしいのが、この3ステップです。

Step1.
指定された「制限時間」以内に設問を解く。
Step2.
解説を読み、答えを確認する。
Step3.
復習として音読をする

なぜこのステップで勉強するのかというと、「速く」「正確に」読む力をみにつけるためには、「時間を計ってとく」「音読で読むスピードをつける」ことが必須だからです。

速く読めるようになるためには、「時間制限をつける」ことで自分を追い込むのが王道!

とはいえ、速く読めるようになるためには、まずは「ゆっくり」であっても、正確に読めないといけません。時間をかけても読めないものは、速く読めるはずがありません。

まずはゆっくりでも正確に、を目指すところから始めていきましょう。

ここの「Step3」で紹介している「音読」の効果や、正しいやり方については、こちらの記事にくわしくまとめています。

続いて長文読解問題が得意な人がやっている、問題を解くときに意識するべき3つのコツをご紹介します。

長文読解問題を解くときに意識したい3つのコツ

ここからは、長文を「速く」「正確に」読むためのコツを3つ、お伝えします。

コツ①:時間内に解き終わらない場合は、英語を毎回和訳しない

本番の大学入試では、2ページ以上にわたる長文が複数個だされ、それをわずかな時間で解かなければなりません。

それを考えると、いちいち頭の中で和訳していては時間が足らないので、英文を英語のまま頭で理解する必要があります。

例えば「Hello!」と言われたら、あなたは別に日本語で「こんにちは」と訳さずとも、「今、自分は挨拶をされたんだ」ということが分かると思います。

ところが

“The word he said reminded me of the memory during my childhood in Japan. The memory is sad.”

のように文が長くなってしまうと、「彼が言った言葉は記憶を思い出させた、わたしの日本での子供時代」と一度日本語で訳す手順を一度踏まないと、「この英文は、”彼の言葉で子供時代の記憶が蘇った”ということを伝えてるんだ!」というように内容を理解できないと思います。

英語が時間内に解き終わらない人は、この日本語で訳すという手順を省略できるようになると、一気に問題を解くスピードが上がりますよ!

そして、英語できる人がなぜ日本語に訳すことを省略できるのかというと、文章中の「文法」や「構文」を理解していて、英文を読むことに慣れているからです。

つまり結局は今まで紹介したように「単語・熟語・文法・構文把握といった基礎事項」を勉強した上で、「問題練習をたくさんして長文に慣れる」ことが重要だ!

コツ②: ディスコースマーカーを活用する

ディスコースマーカーとは、簡単に言ってしまえば、文章の流れを表す言葉のこと。例えば、butやon the other handといった接続詞や副詞句などがそれにあてはまります。

例えば、

“ I partly agree with your idea, however, in my opinion, the better plan is.. ”

という文ならhoweverがディスコースマーカーです。

Howeverの意味は「しかし」。逆接の接続詞です。

つまりディスコースマーカーが出てきたら「話が切り替わったり、大事な内容が次に来たりする」と思ってください。

逆にこの文で “I partly agree~ idea” はそこまで重要な文ではないのです。本当に大事なのは次に来るin my opinion 以下の文章です。

ディスコースマーカーは話が切り替わる、大事な内容が次に来るサインだ!
なんでディスコースマーカーが長文読解で大事なんですか?

それは長文読解の問題は、文章の中で「大事なところ」に着目して作られるから。だからディスコースマーカーに注目すれば、解答になる部分を見つけやすいのです。

一文一文読んでくうちに2つ前の文の内容とかを忘れちゃう!

などのよくある悩みも、ディスコースマーカーを意識して、印を書き込むようにします。

こうすることで、「ここは大事だ!」という意識がつきます。大事な内容も忘れにくくなり、文章の主張も分かりやすくなります。

ディスコースマーカーには上のように、「逆接(but, howeverなど)にはこの記号」「順接(after all , thusなど)にはこの記号」というように意味ごとに記号を決める、といった自分のルールを作ってみると文章が読みやすくなりますよ。

ディスコースマーカーに印をつけよう!

(3) スラッシュリーディング

スラッシュリーディングとは、その名の通り、文章の区切れ、構文の区切れごとに「/」を入れて読むことです。このテクニックは、「スピーディに文の構造を理解する」ことに役に立ちます。

例えば、

It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us―that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion―that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain―that this nation, under God, shall have a new birth of freedom―and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

ゲティスバーグ演説の訳し方(渡部, 2013)

これは有名なリンカーンの「ゲティスバーグの演説」の一説ですが、 正直こんな長い文章、どう読めば…と初めは思うはずです。

うげえ、読めないですね……。

これをスラッシュリーディングをすると、、

It is rather for us / to be here dedicated / to the great task / remaining before us /―that from these honored dead / we take
increased devotion to that cause / for which they gave the last full measure of devotion― / that we here highly resolve / that these dead shall not have died in vain / ―that this nation, / under God, / shall have a new birth of freedom― / and that government / of the people, / by the people, / for the people, / shall not perish / from the earth.

このように「文法的な役割(主語の部分、述語の部分など)」で前から切っていくことができて、意味を取りやすくなるのです。

英文解釈のようにかっこでくくったり、矢印をつけたりしないので、時間をかけずにざっくりと意味をつかむことができます。

さらに、前から読むくせもつくので、長文を読むスピードはあがっていきます。

とはいえ、このスラッシュリーディングができるためには、構文をしっかりとれるようになっていなければいけません

まずはこちらの記事で構文把握を完璧にしてから、長文のスラッシュリーディングにとりかかりましょう。
「英文解釈」の勉強法はこちら!

英語長文読解のレベル別おすすめ参考書と使い方

ここからは、「中学レベル」「高校基礎レベル」「センターレベル」「MARCHレベル」「早慶レベル」の5つに分けて、それぞれのレベルでおすすめの参考書と使い方を紹介していきます。

「どの参考書を使えばいいのか」「どのくらいのペースでやればいいのか」「1日どのくらいやればいいのか」などをくわしく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「自分はどのレベルから始めればいいんだろう……」というキミは、各レベルごとにチェックリストを用意した!自分が多くあてはまるレベルからスタートだ!

「中学レベル」のオススメ参考書と使い方

「そもそも英語が嫌いすぎる!」「長文にアレルギー反応が……」というひとには、ぜひこのレベルから始めてほしい!というもの。これからあげるチェックリストに1つでもあてはまる人は必ず読みましょう!

  • 受験を控えているが英語長文でどのような対策をすれば良いか分からない
  • 教科書の長文が読めない
  • 中学の定期テストで5割を下回った事がある

このレベルの人には、「ハイパー英語教室中学英語長文 1(超基礎からはじめる編)」「ハイパー英語教室中学英語長文 2(入試長文がすらすら読める編)」という参考書がオススメ!

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

以下の記事にこの参考書の詳しい使い方を説明しているので、チェックだ!

「高校基礎レベル」のオススメ参考書と使い方

受験英語の基礎がつまったこのレベルは、受験英語にたちむかう全受験生に取り組んでほしいところです。

  • 試験時間内に長文を解ききれない
  • 長文の文章は読めているはずなのに問題に答えられない
  • 参考書などで長文の勉強を始めようと思っているがどのように勉強すればよいのか分からない

このレベルの人には、「イチから鍛える英語長文BASIC」という参考書がオススメ!

Amazonで詳細を見る

以下の記事にこの参考書の詳しい使い方を説明しているので、チェックだ!

センターレベル

さきほどの「基礎レベル」の延長。よりセンター試験に近いレベルの参考書を使った勉強法を紹介しています!

  • センター模試などを受けてみたものの、今までとの問題のレベルの違いを感じている。
  • センターの問題を解いたことはないけれど、対策しなければいけないと思っている。
  • 学校で扱う長文はおおよそ分かるようになってきて、そろそろ受験への対策を考えたい。

このレベルの人には、「イチから鍛える英語長文300」という参考書がオススメです。

Amazonで詳細を見る

以下の記事にこの参考書の詳しい使い方を説明しているので、チェックだ!

「MARCHレベル」のオススメ参考書と使い方

センターレベルからもう一歩先にいく!一般私大~MARCHレベルの志望校対策ができるように、力をつけていきましょう!

チェックリストはこちら!

  • 学校の勉強とは別に、自分の志望校に向けて長文の勉強をしようと思った
  • センターの長文は読めるようになってきたが、それ以上のレベルについては自信が無い
  • 日東駒専~MARCHレベルの英語の過去問を読んでみたが、現在の実力では解けなさそう

このレベルの人には「イチから鍛える英語長文500」がオススメです。

Amazonで詳細を見る

以下の記事にこの参考書の詳しい使い方を説明しているので、チェックだ!

「早慶レベル」のオススメ参考書と使い方

英語長文の最難関、国公立~早慶レベルをクリアするためには、ここまで頑張りましょう!

  • 早稲田/慶應の英長文を時間内に読みきることができない
  • もうセンターレベルの英長文は確実に8割取れる
  • 早慶レベルの長文読解を演習したい

このレベルの人にオススメの参考書は「イチから鍛える英語長文700」です。

イチから鍛える英語長文700

Amazonで詳細を見る

以下の記事にこの参考書の詳しい使い方を説明しているぞ!

今回紹介したカリキュラムでは「イチから鍛える英語長文」シリーズを採用していますが、「どうしてもほかの教材でやりたい!」「ほかの教材が向いている気がする!」という人は、こちらの記事も参考にしてみてください。
「英語長文」のおすすめ問題集はこちら!

どうだろうか。今まで紹介した戦略を使えば「長文はなんとなく読めるけど、問題は解けない」といったことはなくなるはずだ。
そうですね!これで勉強をさっそく始められそうです!

英語長文読解の勉強法Q&A

最後に英語長文の勉強でよくある質問についてお答えします。

Q1:英語長文問題で単語が分からない時の対処法</h3

英語長文問題で単語が分からない時はどうするの?
ズバリ分からない単語が出てきた時は、試験だろうと練習中だろうと、あれこれ考えず飛ばして読んだ方がいいです。

分からない単語が出てきた時は、あれこれ考えず飛ばして読みましょう。

内容から推測するということもできるのですが、それよりも文章を読み進めた方が効率は良いです。

確かに最初に言った通り「正確に読む力」は大事です。しかし「正確」といっても90%以上文章の単語がわかっていれば、十分に解答は行うことができます。おそらく1,2個の単語がわからないだけで全く解けない!という入試問題は存在しないでしょう。

Q2:分からなかった単語の復習のしかた

英語長文を読んでいて分からなかった単語はどう復習するの?
以下の作業を長文問題が解き終わった後にやってみてください。

(1) まず長文問題を解き終わったらいつも使っている単語帳を確認する。

辞書じゃないんですか!
もちろん、辞書には詳しく書いてあるんだが、詳しすぎて入試に必要のない知識も含まれているんだ。入試に必要な情報しか必要ないから、単語帳で十分!

(2) 単語帳にチェックを入れる

調べた単語が単語帳に載っていれば、すかさずその単語にチェックを入れましょう。こうすることで、次その単語を確認する時に「あ、一回やったのか!」と印象を強くすることができます。単語帳に載っている単語は受験において覚えるべき単語に厳選してあるので、完璧に覚えましょう。

もし、わからなかった単語が単語帳に載っていなかった場合、「こんな単語があるんだな」程度に思っておけば大丈夫です。単語帳にも出ない単語を覚えている人なんて「単語オタク」ぐらいです。それだけ細かい知識を覚えるより、入試で出やすい部分やほかの勉強を優先しましょう。単語帳は「出る単語だけ載っている」という点で、その選別を勝手にやってくれるスグレモノです。

単語を覚えるときは意味だけでなく、品詞・スペルまで覚えること!

また、よくある質問として「ノートとかに分からなかった単語はまとめないんですか?」というものがあります。ノートを作っても悪いわけではないのですが、ノートにまとめるといったことはやはり手間がかかり、継続が難しいです。自分の使っている単語帳で、間違えたものに印をつけるなどしていくことで、1冊の単語帳を「完璧にする」ということを優先して下さい。

もちろん、英単語を覚えるときの大原則は守るんだ!こちらの記事を要チェック!

「英単語」の勉強法はこちら!

「英単語」のおすすめ参考書はこちら!

まとめ

最後にもう一度長文読解のポイントを復習しましょう。

  • 1. まずは単語、文法、英文解釈といった基礎知識を覚える
  • 2. 基礎知識を覚えたら問題練習をひたすらやる
  • 3. 長文の中に出てきた単語は単語帳に載っているものだけ覚える!
長文読解は基礎知識と練習あるのみ!

今日紹介した内容をしっかり守れば、早慶レベルの長文までスラスラ読めるようになります。是非とも頑張ってください!

【ストマガ読者限定】
勉強のペースメーカーになってくれる!
ストマガ公式LINEアカウント

記事サムネイル

勉強法を読んで理解できたけど、結局どういうペースで勉強すればいいかわからない、という状態では不安になってしまいます。
ストマガ公式LINEアカウントでは

  • 登録者限定の受験相談イベント先行案内
  • 毎月のおすすめ勉強内容や合格のポイント定期配信
  • 時期ごとの勉強のコツや限定動画の配信

などを行っています。

友だち追加はこちら

これさえ登録しておけば、毎月のカリキュラムと受験についての情報、勉強の注意点がすべてわかります!
ぜひ、受験当日までの勉強のペースメーカーとして活用してください。

記事中参考書の「価格」「ページ数」などについては執筆時点での情報であり、今後変更となることがあります。また、今後絶版・改訂となる参考書もございますので、書店・Amazon・公式HP等をご確認ください。

監修者|橋本拓磨

橋本拓磨

東京大学法学部を卒業。在学時から学習塾STRUXの立ち上げに関わり、教務主任として塾のカリキュラム開発を担当してきた。現在は塾長として学習塾STRUXの運営を行っている。勉強を頑張っている高校生に受験を通して成功体験を得て欲しいという思いから全国の高校生に勉強効率や勉強法などを届けるSTRUXマガジンの監修を務めている。

詳しいプロフィールはこちら
伸び悩んでいる人が気をつけるべき3つのこと、ストマガ読者限定公開!
学習塾STRUX新年度無料体験受付中!
毎日の勉強を分析・改善・指導する学習塾STRUXってどんな塾?
志望校に合格するために何から始めればいいかわからない!そんな人はチェック!