英語勉強法

高校基礎レベル 英語長文学習のカリキュラム

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    『英語長文をマスターせよ』 基礎レベル

先生…これこの間の定期テストなんですけど…
どれどれ…なんとも微妙な点数だな。それで、なんでそんなに悲しそうな顔をしてるんだ?
ついに長文問題が出てきたんですよ!先生に言われた通り勉強したから構文とかは前よりできるようになったと思うんですけど、次は長文ですよ!ハァ…
なんだ、そんなことか。
そんなことって先生…高校生にとって英語長文は山よりも高く海よりも深い最終試練なんです!友達にも長文が苦手な人がけっこういますよ。
(そんな大げさにならなくても…)たしかに、英語長文に苦手意識を持っている高校生は多いね。ただ、ニガテなままでは受験勉強においてとても不利な状況になってしまう。もし、以下のチェックリストに一つでも当てはまれば今から紹介する勉強法で長文の勉強を進めよう。

 

  • 試験時間内に長文を解ききれない
  • 長文の文章は読めているはずなのに問題に答えられない
  • 参考書などで長文の勉強を始めようと思っているがどのように勉強すればよいのか分からない
結構当てはまりますね…
長文は学校のテストや入試で必ずキーポイントになるからね。もし対策しないとこんなことになってしまう。

 

うわぁ…
こういった、長文が出来ないことによる問題は実際に多くの受験生が陥っている問題だね。でもちゃんと対策すればマルオ君にはこんな未来が待っている。

 

今回の記事は基礎レベルの英語長文の勉強法だ。自分にとって対策としてのレベルが合っているかどうか以下の欄で確認してくれ!

 

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • 点数配分の大きな長文がすらすら解けるようになる!
  • 英語全体の対策にもつながって英語で高得点をとれるようになる!
  • 学校のテストで高得点がとれるようになる!

ここまではできない!!チェックリスト

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

確認が出来たところで早速勉強法を紹介していこう。まずは使用する参考書から。

 

ペン画像さて、どの参考書を使うのか?

 

今回紹介する参考書はこれだ!

 

イチから鍛える英語長文Basic

「イチから鍛える英語長文BASIC」Gakken

入手方法

なぜ、この参考書を使うのか??

 

なんでこの本なんですか?
たくさんのメリットがあるからだよ。以下のリストを見てくれ。

 

メリット

  • 長文の前にwarning upで語句を確認することでスムーズに長文の勉強を始められる
  • 問題形式は単語、アクセント、内容合致、和訳、要約など幅広い問題に対応
  • 分かりにくいポイントは文の構造まで詳しく解説
  • 文の節ごとに和訳が丁寧に示してあり、文構造が分かりやすい
  • リスニング用CDがあり復習しやすい
  • 実際の入試で使われた、生きた英文を使用

デメリット

  • 既存の参考書より若干高い
  • 解説の字が小さい

確かに「値段が…」とか「解説の字が…」と若干のデメリットはありますが、これらは長文の勉強をする上では重要な問題ではありません。値段が高いのはCDまでついていることを考えれば気になるものではないですし、解説は字を小さくしてもかなり分厚く、かえって解説がしっかりしていることの裏付けでもあります。

なるほど。この参考書ならちゃんと長文対策が出来そうだ!

 

ペン画像どのように進めていくのか??

 

先生!参考書を買ってきました!これで僕も長文が出来るようになるんですね!
まあそう焦るな。長文の勉強を始める上で重要なのが準備だ。必ず単語、文法、構文等の基礎知識の勉強を一通りやっておかなければならない
なんで長文以外の勉強が必要なんですか?それに長文の対策をしたいのにさらに勉強するのは大変そう……
考えてみてくれマルオ君。長文というのは単語や文法、構文が実際に使われている英語の文章だ。長文には独自の対策があるが、何の知識も無い状態で長文を読んでも「長文用の」勉強は出来ない。だから、長文の勉強をする上に基礎知識の勉強をするのではなくて、長文のために前提としての基礎知識を勉強するんだ。
たしかにおっしゃるとおりです。でもその前提って大変じゃないですか?
長文を解くうえで大事なのは、わからなかった単語や文法が「初めて見た」ものなのか「そういえば勉強していた」と思えるかの違いだ。似たように思えても印象があるかどうかで記憶の定着が違うから、この差は意外と大きい。
わかりました!まずは単語や文法、構文の知識が固まっているか確認します!
これらをまだ勉強していないという人は以下のリンクを見てくれ!

 

英単語勉強法

英文法勉強法

構文勉強法

先生に言われたように一通り勉強してきました!
よし。それでは長文の勉強に取りかかろう。

 

毎日の勉強時間

 
1~1.5時間

マスターするのにかかる時間

 
15日

イチから鍛える英語長文BASICには長文の勉強を始めるのにちょうど良いレベルの長文が15題入っています。一日一題を1時間から1.5時間で行なえば15日間で英語長文に対する基本的な取り組み方や解き方がわかるようになります。

それでは勉強法を説明していこう!

 

戦略1:参考書の使い方

 

Step1 まずはWarming upで単語の知識を確認しよう。

 

長文を読む上で単語は予備知識です!Warming upに出てくる単語は問題を解く上で必要な知識です!長文をスムーズに読むためにも一度確認しましょう。

Step2 制限時間内で問題を解こう。

 

イチから鍛える英語長文BASICには制限時間が20分前後の問題が15問載っています。まずは制限時間内で一問解いてみましょう。

このときに注意すべきなのは

  1. 問題のコピーを取ること
  2. 電子辞書や参考書で調べたりしないこと

この2つです。

1. 問題のコピーを取ること

 

なぜコピーをとるのか?それは復習をしやすくするためです。問題を解く際にちょっとした書き込みやメモをすると思いますが、もう一度英文を読むときにそのような情報があると手がかりになってしまい復習の十分な効果が得られません。

でもコピーってめんどくさいし、復習の時はメモ消せばいいんじゃない?

 

マルオ君のように思う人もいると思いますが、メモは自分がどのような考え方をし、何が間違っていたのかを復習で探す際に使うので必ず残しておくべきです。そのためにもコピーを取りましょう。

2. 電子辞書や参考書で調べたりしないこと

 

これは、自分に何が足りていないかを明らかにするためです。例えば、文章中の単語が分からないマルオ君が電子辞書で単語を調べて問題が解けたとします。

分からないから調べちゃえ!

 

このとき、マルオ君は本当に問題が解けたと言えるのでしょうか?テストや入試など、自分の知識しか頼るものが無い場合に同じ文章が出題されたら解けるでしょうか?おそらく無理ですよね。自分には何が足りていないか明らかにするために、まずは自力で解いてみましょう!

Step3 答え合わせ

 

さて、問題を解き終えたら答え合わせをしましょう。和訳や問題解説が非常に詳しく載っています。自分はどこがわからなかったのか、なぜできなかったのかを確認しましょう。その際、単語や文法、構文などの知識の抜けもれがあれば、自分の持っている参考書で確認しましょう。

なぜ間違えたのかの分析が重要だ!

 

Step4 リスニング・音読

 

文章全体の流れが確認できたところで音に重きを置いた学習をします。

①付属のCDでリスニングをしましょう。

 

文章を目で追いながらきちんと聞き取れるか、自分の予想とは異なった発音をしているところはないかなどを確認しましょう。

②音読に移ります。

まずはテキストを見ながら、音声にあわせて読む、オーバーラッピングと呼ばれる練習をします。この練習では正しい発音が出来るようになることをめざすので、発音しにくかったり、音がつながっている箇所は5回以上は繰り返して練習します。

③シャドーイングを行ないます。

これはテキストを見ずにリスニングしながら、音声のすぐ後を追いかけるように音読する、という練習です。大変な練習ではありますが、スピードに慣れることが出来る上に聞く力と話す力が同時に訓練され、とても効果があります。

より詳しく音読の方法を知りたい場合は以下のリンクを見てください。
音読勉強法

長文とリスニング、両方の対策になるね!
以上が勉強の仕方だ。どうだったかなマルオ君。
なるほど…どうやって勉強したらいいのか分かってきました。ただ先生、僕、長文が読めているはずなのに問題が解けていないことがあって、その対策ってどうすればいいんですか?
たしかに、問題が解けないということも多くの高校生が感じている疑問だね。では、次は問題を解くことをより意識した対策を教えよう。今から紹介する方法は日頃、長文問題を解くときに実践して効果を感じて欲しい。

 

戦略2:問題を解く

 

Step1 設問を見る

 

長文を解く上でまず大事なのは設問を読むことです。問題の形式を把握することもそうですし、とくに内容合致問題では何についての真偽を判断すればいいのか、把握しておきましょう。

僕普通に文章読んでから設問を見ていたんですけど、これってよくないですか?

 

マルオ君のように疑問に思う人もいるはずです。このような解き方の問題点は、長文のどの部分が重要かを理解しないまま読んでいるため、設問を効率的に解けないことです。いっぽう、設問を確認してから問題に当たれば、文章を読みながら効率よく問題を解けます。

Step2 問題を解く

 

まずは戦略1のStep2で解説したように問題を解きますが、このとき気になるのが、

わからない問題はどうすればいいの?

 

ということです。問題のレベルにもよりますが、基本的には1分考えても進展がない場合は、飛ばして次に進みましょう。わからない問題で考え込んでしまうと時間が無くなり、時間があれば解けるはずだった問題も間違えてしまうかもしれません。まずは確実に解ける問題を完成させましょう。

Step3 解けていない問題に取り組む

 

最後まで問題を解いたら、解けていない問題に取り組みましょう。また、自信の無い問題を見直すことも重要です。見直しの方法は以下の通り。

  • 記号問題で自分が考えた答えと答案に書いた答えが一致しているか、マークミスや回答欄のミスはないか。
  • 和訳で訳し漏れはないか、英文と照らし合わせて確認する。
  • 選択問題で、自分が選んだ選択肢は文中に証拠があるか、該当する箇所の英文に線を引いて確認する。また、間違いの選択肢を間違いだと判断した理由となる箇所も線を引いて確認する。
これらを実行すればマルオ君も長文問題が解けるようになるはずだ。

 

間違えた理由を必ず確認すること
問題を解いただけだと、あまり勉強した意味がありません。間違えたところを出来るようになることで成績は上がります。間違えた原因を把握して、その原因を改善していく意識をもって、答え合わせには力を入れましょう。
必ずリスニングをすること
これからの英語のテストではリスニングやスピーキングの能力も問われます。また、英語の理解のスピードを上げるためにもリスニングは有用です。様々な方法で英語を身につけていきましょう!

戦略3:ペース配分のめやす

 

先生、一つ気になったんですけど…
どうした?
英語っていろんなジャンルを勉強しなければいけないじゃないですか。単語とか文法とか構文とか…受験までに間に合うか不安なんですけど…
なるほど。まずは受験までの逆算で考えられているのはいいことだ。たしかに勉強の進め方のスピードは個人個人の事情があるからね。いまからペース配分の仕方を紹介しよう。
はい!

 

パターン1 部活で忙しくて毎日は勉強時間がとれない人

 

毎日は長文に取り組めなくても、例えば土日に合わせて3問ずつ解いていけば、イチから鍛える英語長文BASICは5週間で終わります。この際に気をつける事としては、一度解いて内容を完全に把握している文章のリスニングを毎日することです。リスニングなら移動時間にもできますからね。きちんと理解している文章を毎日リスニングすることで英語を前から、読まれた通りに理解する訓練ができます。

パターン2 長文に時間をかけるべきか分からない人

 

最初にも言いましたが、長文の勉強をする前にまずは単語や文法、構文の勉強をしなくてはいけません。ただし、基礎知識を完璧にする必要はなく、問題集を解いたときにたとえ間違えたとしてもすぐに間違いの原因が分かったり、知識を思い出せる状態になれば十分です。長文の問題を解くことで逆に基礎知識が固まることもあるので、参考書を一周して基礎知識の勉強をしたら、長文にも挑戦していきましょう。

以上が基礎レベルの長文勉強法だ。
ありがとうございます。先生のアドバイスに従えば長文も怖くない気がしてきました!
その通り。長文と言っても分解してしまえば一つ一つの文章が連なっているだけだからね。最後に注意して欲しいことと、今回のポイントを挙げておこう。

 

英単語学習の注意点

良い例

  • 部活等で勉強できない日がある
  • 答え合わせに時間がかかる
  • リスニングが聞き取れなくて大変

悪い例

  • 間違えた原因を言葉で説明できない
    ⇒解説をよく読み、知識の抜けがあるのか、勘違いをしているのか等確認しましょう。
  • 単語や文法、構文の勉強をしていない
    ⇒先にこれらの勉強をしよう!

今回、戦略1で紹介した勉強法のうち特に気をつけて欲しいことは答え合わせです。これはあらゆる勉強について言えることですが、間違えた問題を確認して、なぜ自分が間違えたのかについての原因をすべて洗い出し、今後同じ間違いをしないようにすることが成長になります。それゆえ、間違えた問題の分析や埋まっていない知識の復習は時間無制限で取り組んでください。一応の目安として一問全体の勉強時間として1時間から1時間半という時間を紹介しましたが、これにとらわれる必要は全くありません。

今回の記事で押さえてほしいこと

 

  • 長文の前に単語や文法、構文等の基礎知識の学習を!
  • 英語を読むだけでなく、耳や口も使って英語に慣れよう!
  • 間違えた原因を把握して改善しよう!
line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加