英語勉強法

センターレベル 英語長文学習のカリキュラム

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    『英語長文をマスターせよ』 センターレベル

先生…この間、初めて受けたセンター模試の結果が帰ってきたんですけれど…
どれどれ?
なんだか長文が解けなくて、いままで練習していた基礎レベルの問題より難しい気がするんですよね。
そうだね。センターは簡単に解けるものではない。
やっぱり!何かセンターが解けるようになるテクニックって無いんですか?
まあ焦るな。小手先のテクニックに頼ってもセンターは解けるようにならない。しっかりと実力をつけることが一番先だ。
テクニックではだめなんですね…では何をすればいいんですか?
それが今回の課題だね。この記事ではセンターレベルの実力をつける勉強法を紹介していこう。
はい!
以下のチェックリストに当てはまる人は今から紹介する勉強法で勉強していこう!

 

  • センター模試などを受けてみたものの、今までとの問題のレベルの違いを感じている。
  • センターの問題を解いたことはないけれど、対策しなければいけないと思っている。
  • 学校で扱う長文はおおよそ分かるようになってきて、そろそろ受験への対策を考えたい。
僕も含まれてますね…
チェックが一つでもついた人はこの記事を読んで必ず対策してくれ。対策しないとこんなことになってしまうかもしれない。

うわぁ…これは絶対に避けたいですね。
大丈夫だ。きちんと対策すればこういう未来が待っている。

これは強いですね。でも満点なんて本当に可能なんですか?
大丈夫だ。今は難しく見えても実力がつけばなんてことは無い。実際毎年多くの受験生が長文で満点を取っている。
そうなんですか!それなら対策のしがいがあります!
そうだね。では改めてこの記事の対応範囲を確認しておこう。

 

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • センター英語を読み解くだけの実力がつく!。

ここまではできない!!チェックリスト

  • センターでどのような時間配分をするのかなど、実践的対策は別に行なう必要がある
  • 二次試験で出てくるような、より難易度の高い長文にはさらに対応が必要
    あわせてこの記事を読もう!
    MARCHレベル 英語長文学習のカリキュラム

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

ペン画像どの参考書を使うのか?

イチから鍛える英語長文300

入手方法

なんでこの参考書を使うんですか?
それはこの本には多くの利点があるからだ。

なぜ、この参考書を使うのか??

メリット

  • センターで必要になる、パラグラフリーディングの練習が出来る
  • リスニング用のCDがついていて、センターリスニングの対策や速読の練習になる
  • 解説の和訳が文節ごとに書かれており、分からない部分がピンポイントで確認できる
  • Warming upで自分の単語レベルが確認できる
  • 対策しにくい発音、アクセントもカバーしてあり、センターの大問1対策になる

デメリットはあまりないですが、挙げるとすれば以下の事ぐらいです。

デメリット

  • 既存の参考書より若干高い
  • 解説の字が小さい

これらのポイントは重要ではありません。なぜなら値段が高いのはCDまでついていることを考えれば気になるものではないですし、解説は字を小さくしてもかなり分厚く、かえって解説がしっかりしていることの裏付けでもあります。

これならセンター試験に自信を持って臨めそうですね!
それではこれから参考書の使い方を説明していこう!

 

ペン画像どのように進めていくのか??

 

マルオ君、一つ確認なんだが、単語や文法、構文の勉強を一通り終えてはいるよね?
はい!でもなぜですか?
長文は単語や文法、構文等の基礎知識が無ければ読み解くことは絶対に出来ない。まだこれらの対策をしたことがないという人は先に基礎知識の対策をしよう。

 
英単語の覚え方|2か月でMARCHレベルまで覚えられる勉強法
英文法勉強法|一日30分で大学受験の英文法が完成する勉強法
構文勉強法|参考書2冊で早慶レベルまでの構文力が完成する勉強法

逆に、基礎知識の勉強を一通りやった人は、知識の定着を確認する意味でも積極的に長文に挑戦していこう。

毎日の勉強時間

1時間

マスターするのにかかる時間

15日間

毎日の勉強内容

 

Step.1
Warming upで単語の知識を確認
Step.2
制限時間内で問題を解こう
Step.3
答え合わせ
Step.4
リスニング・音読

Step1.Warming upで単語の知識を確認

長文を読む上で単語は予備知識です!Warming upに出てくる単語は問題を解く上で必要な知識です!長文をスムーズに読むためにも一度確認しましょう。

Step2.答え合わせ・重要表現の確認

イチから鍛える英語長文300には制限時間が20~30分の問題が15問載っています。まずは制限時間内で一問解いてみましょう。

このときに注意すべきなのは
① 問題のコピーを取ること
② 電子辞書や参考書で調べたりしないこと
この二つです。

①については、復習をしやすくするためです。問題を解く際にちょっとした書き込みやメモをすると思いますが、もう一度英文を読むときにそのような情報があると手がかりになってしまい復習の十分な効果が得られません。

でもコピーってめんどくさいし、復習の時はメモ消せばいいんじゃない?

 

マルオ君のように思う人もいると思いますが、メモは自分がどのような考え方をし、何が間違っていたのかを復習で探す際に使うので必ず残しておくべきです。そのためにもコピーを取りましょう。

②については自分が知らなかったことを明らかにするためです。例えば、文章中の単語が分からないマルオ君が電子辞書で単語を調べて問題が解けたとします。

分からないから調べちゃえ!

 

単語を調べたマルオ君は本当に問題が解けたと言えるのでしょうか?テストや入試など、自分の知識しか頼るものが無い場合に同じ文章が出題されたら解けるでしょうか?おそらく無理ですよね。自分には何が足りていないか明らかにするためにまずは自力で解いてみましょう!

このとき、分からない単語がどのくらいあるか、ということは自分の単語レベルを確認する上でとても重要な情報です。
長文の文章の中に分からない単語が出てくることは全く問題ないですが、設問に関係する単語で、分からないものが多くある場合は注意が必要です。その場合はセンター試験レベルの単語をもう一度勉強しましょう。

Step3.答え合わせ

さて、問題を解き終えたら答え合わせをしましょう。和訳や問題解説が非常に詳しく載っています。自分はどこが分からなかったのか、なぜ出来なかったのかを確認しましょう。その際、単語や文法、構文などの知識の抜け漏れがあれば、自分の持っている参考書で確認しましょう。

なぜ間違えたのかの分析が重要だ!

Step4.リスニング・音読

以下の順番で進めます。

①付属のCDでリスニング

②音読

③シャドーイング

 

①リスニングをして内容把握

…文章を目で追いながらきちんと聞き取れるか、自分の予想とは異なった発音をしているところは無いかなどを確認しましょう。

②音読

…まずはテキストを見ながら、音声に合わせて読む、オーバーラッピングと呼ばれる練習をします。この練習では正しい発音が出来るようになることを目指すので、発音しにくかったり、音がつながっている箇所は5回以上は繰り返して練習します。

③シャドーイング

…これはテキストを見ずにリスニングしながら、音声のすぐ後を追いかけるように音読する、という練習です。大変な練習ではありますが、スピードに慣れることが出来る上に聞く力と話す力が同時に訓練され、とても効果があります。リスニングの練習をすることは英語の理解力を高めることにもなるので、頑張りましょう!

長文とリスニング、両方の対策になるね!
以上が参考書の使い方だ。これなら出来そうかい?
はい!一つ聞きたいんですけど、センターに対する実力をつけていく上で何か特別なことをする必要ってあるんですか?
英語の力をつける、という点では特別なことはないが、センターの問題が解きやすくなるコツはある。
本当ですか!教えてください!
ここで紹介するのは以下の2点だ。

 

①設問を見るタイミング

②パラグラフリーディング

 

まず①について
長文を解く上でまず大事なのは設問をしっかり読む事です。問題の形式を把握することもそうですし、特に内容合致問題では何についての真偽を判断すれば良いのか把握しておきましょう。

僕普通に文章読んでから設問を見ていたんですけど、これって良くないですか?

 

マルオ君のように疑問に思う人もいるはずです。このような解き方の問題点は、長文のどの部分が重要かを理解しないまま読んでいるため、設問を効率的に解けない事です。一方設問を確認してから問題に当たれば、問題で問われている事が書かれている部分を一読するだけで発見できるので、文章を読みながら効率よく問題を解けます。

センター試験では設問が文章の順番通りに置かれていることが多いので、設問をあらかじめ読んでおけば文章を前から読むだけですぐに問題に答える、ということも可能です。時間に余裕を持って解ければ正解率も上がりますよね。

次に、②について。

パラグラフリーディングって何?

 

こんな風に思う人もいますよね。パラグラフリーディングとは、簡単に言えば「段落ごとに意味を把握して読み進める」ということです。なぜこれをするかというと、英文にはあるルールがあるからです。それは「一つのパラグラフ(段落)で言いたいことは一つ」ということです。
これが分かっていれば英文が読みやすくなりますよね。特にパラグラフの要旨はパラグラフの先頭にあることがかなりあるので、パラグラフで重要だと思った部分をメモしておきましょう。

メモを取らずに頭の中で済ませようとする人もいますが、まずはメモを取ってパラグラフリーディングに慣れ、今までよりも確実に解きやすくなっていることを確認しましょう。

さらに重要なことは、「センター試験はこのルールに従って問題が作られている」ということです。特に大問6ではパラグラフの全体内容を問うものばかりなので、パラグラフの意味が分かればすべて解けます。つまり、パラグラフリーディングが身につけば英文の意味をつかみやすくなり、センターの問題もすらすら解けるようになります!

間違えた理由を必ず確認すること
問題を解いただけだと、勉強した意味が余りありません。間違えた箇所を出来るようになることで成績は上がります。間違えた原因を把握して、その原因を改善していく意識をもって、答え合わせには力を入れましょう。
パラグラフリーディングの練習をしよう
パラグラフリーディングは英語を読む上での基本技術。センター試験ではパラグラフごとの意味が分かっているかどうかが勝負になります。問題を解くスピードも上げられます。

ペース配分のめやす

赤神さん、一つ相談なんですけど…
どうした?
僕、部活があって毎日は勉強できないかもしれないです。そんなときってどうすれば良いですか?
大丈夫。忙しい人もいるだろうからいくつかのペース配分例を紹介しよう。

部活があるなど、忙しい人向け

毎日は長文に取り組めなくても、例えば土日に合わせて三問ずつ解いていけば、イチから鍛える英語長文300は5週間で終わります。この際に気をつける事としては一度解いて内容を完全に把握している文章のリスニングを毎日することです。リスニングなら移動時間にもできますからね。リスニング対策をしつつ、英文の理解速度を高めていきましょう。

様々な勉強の対策が必要で、時間が無い人

長文の勉強にあまり時間をかけられない人は、紹介した勉強法よりスピードアップしてイチから鍛える英語長文300を解いていきましょう。具体的には1日2~3問行なえば、5日~1週間で終えられます。ただし、スピードを上げたことで答え合わせやリスニングが疎かになったり、パラグラフリーディングの意識が薄れてしまう場合は最初に紹介したように、1日1問で進めていきましょう。

以上がセンター英語長文の勉強法だ。
ありがとうございます!これでセンター英語長文も怖くないですね!
うだね。最後に今回のポイントをまとめておこう。

英文解釈学習の注意点

良い例

  • 文章内の設問に直接は関係ない単語が分からない
  • 忙しくて勉強できないことがあっても時間を作って勉強する
  • 答え合わせやリスニングに時間がかかる

悪い例

  • 設問で使われる単語が分からない→もう一度単語を勉強しよう!
  • パラグラフごとに読む意識がない→パラグラフごとに内容をメモしよう!

ペン画像今回の記事で抑えて欲しいこと

 

・パラグラフリーディングを身につけよう!

・間違えた原因を把握して改善しよう!

・長文の勉強には耳や口も使おう!

line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加