英語勉強法

MARCHレベル 長文読解のカリキュラム

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

  • 紙画像
  • 案件
    『長文読解をマスターせよ』 MARCHレベル

この前はセンターレベルの英語長文の勉強法を教えたけど、勉強ははかどってる?
おかげさまでセンターレベルの長文はかなり読めるようになってきました!
それはなにより。
ただ、そろそろ二次試験の対策をしたいんですけれど、そのレベルの英文を読めるのか不安で……。
なるほど、では二次試験、特にMARCHレベルの英文を読むための実力を養成する勉強法を紹介しよう!
お願いします!!
次のチェックリストに当てはまる人はこの記事を読んでくれ!
  • 学校の勉強とは別に、自分の志望校に向けて長文の勉強をしようと思った
  • センターの長文は読めるようになってきたが、それ以上のレベルについては自信が無い
  • 日東駒専~MARCHレベルの英語の過去問を読んでみたが、現在の実力では解けなさそう
このチェックリストに当てはまる人は必ず対策してくれ。対策しないままだとこんなことになってしまうかもしれない!

なんだか自信なくなっちゃいますよ……。
大丈夫だ。きちんと対策すればこんな風になれる!

 

英語はどの大学を受けるにしても重要な科目。中でも長文は点数配分も大きいよね。つまり、この記事はMARCHレベルの英語対策の本当に重要な部分を扱っているんだ。
なるほど…気合いを入れて勉強します!

 

こんなことができるようになる!!チェックリスト

  • センター以上のレベルの長文を読み解く実力がつく!
  • MARCHレベルの志望校対策がより効果的になる!

ここまではできない!!チェックリスト

自分はこのカリキュラムであってるの?

赤神透公式LINE@

状況によってやるべき事は違うというけど、チェックリストを見ても自分に合ってるかイマイチわからなかった……。結局自分は何をすればいいの?そんなときはLINEで質問!このほかにも限定コンテンツを配信中!まずは友だち追加↓

 

ペン画像さて、どの参考書を使うのか?

 

今回紹介する参考書はこれだ!

 

「イチから鍛える英語長文500」Gakken

入手方法

なぜ、この参考書を使うのか??

 

なんでこの本なんですか?
たくさんのメリットがあるからだよ。以下のリストを見てくれ。

 

メリット

  • 全ての問題で解答の根拠を説明しており、丁寧な解答解説
  • Warming upでの単語確認や、構文解説で自分の知識量が足りているかすぐに確認できる
  • 完全和訳文と読み下し和訳文が両方載っており、英文を前から読んで理解するという頭の使い方を学べる

デメリット

  • 収録されている問題数が15問とやや少ない

問題数が少ないのは気になる…という人もいると思います。確かに一見お得感が無いですし、これだけで大丈夫?と思ってしまいがちです。
しかし、長文を読み解く実力をつける上で重要なのは、一問一問納得しながら進めていくことで、量をこなすことにそれほど意味はありません。解答解説がしっかりしているこの参考書で、最小限の問題数をこなせば、英文を読み解く力が育成できます。

なるほど!それならこの参考書で勉強しよう!

 

ペン画像どのように進めていくのか??

 

ステップごとに説明しよう!

毎日の勉強内容

 

① MARCHレベル長文読解 1周目

Step1 まずはWarming upで単語の知識を確認しよう。

 

長文を読む前にまずはWarming upで自分の単語の実力を調べましょう。ここに出てくる単語は長文を読む上で必要な単語ですので、確認して長文がスムーズに読めるようにしましょう。

もしここに知らない単語があれば、その日の内に必ず覚えて下さい。一つのWarming upにつき10個の単語が紹介されているだけなので、簡単に覚えてしまえるはずです!

Step2 時間を計って問題を解く

 

設問レベル1と設問レベル2のそれぞれに制限時間が設けられているので、その時間内に問題を解いて下さい。

このときに注意すべきなのは

  1. 問題のコピーを取り、参考書に直接書き込まないこと
  2. 電子辞書や参考書で調べたりしないこと

この2つです。

1. 問題のコピーを取り、参考書に直接書き込まないこと

 

なぜコピーをとるのか?それは復習をしやすくするためです。問題を解く際にちょっとした書き込みやメモをすると、もう一度英文を読むときにその情報が手がかりになってしまい、復習の十分な効果が得られません。

でもコピーってめんどくさいし、復習の時はメモ消せばいいんじゃない?

 

マルオ君のように思う人もいると思いますが、メモは自分がどのような考え方をし、何が間違っていたのかを復習で探す際に使うので必ず残しておくべきです。

また、2回目を解いた後に、1回目のときのメモと2回目のメモを見比べれば、自分の理解度がどれだけ上がっているかを確認できます

2. 電子辞書や参考書で調べたりしないこと

 

これは、自分に何が足りていないかを明らかにするためです。例えば、文章中の単語が分からないマルオ君が電子辞書で単語を調べて問題が解けたとします。

分からない!辞書で調べるぜ!!

 

このとき、マルオ君は本当に問題が解けたと言えるのでしょうか?テストや入試では、まず辞書は使えません。自分には何が足りていないか明らかにするために、まずは自力で解いてみましょう!

それに入試では、99%の人が知らない単語が文章中に出てくることがある。こういう単語は文章の流れから推測する必要があるんだ。その訓練のためにも、問題を解いている間には電子辞書を使わないようにしよう
なるほど!辞書を使わないことで、単語を推測する力をつけるんですね!

Step3 解答解説を読み答え合わせ

 

さて、問題を解き終えたら答え合わせをしましょう。解説が非常に詳しく載っています。自分はどこがわからなかったのか、なぜできなかったのかを確認しましょう。選択肢の問題であれば、正答の根拠だけで無く、誤答がなぜ誤りと判断されるのかについても確認します。その際、単語や文法、構文などの知識の抜けもれがあれば、自分の持っている参考書で確認しましょう。

分からなかった部分をしっかり調べて実力UPだ!

 

② MARCHレベル長文読解 2周目

1周目が終わったら2周目に取りかかろう。1周目を解いたときに答え合わせをきちんとやっているので2周目は解きやすいはず。正確かつ時間を早めて解けるように意識しましょう。

2周目は、手順は1周目と同じです。ただし、制限時間は記載されているものの60%に設定して解いてみましょう

もし、2周目を解いても間違えてしまった問題があったら、そこはあなたが間違いなく苦手なポイントです。なぜ間違えてしまったのかを強く意識して答え合わせをして、足りない単語や文法はその日のうちに覚えましょう。

なるほど。これに沿って進めていけば大丈夫ですね!この参考書を進めていく上で何か注意すべき点とかはありますか?
あるぞ。特に注意したいのは、全くわからない問題に当たったときの対処法だ。

長文読解学習の注意点

1分考えてもわからない問題は、とばして次の問題へ!
今回の参考書では、分からない問題に10分も20分もかける必要はありません。そんなに時間をかけても解けないのは、単語や文法などの知識が足りていない場合がほとんどです。そういうときにいくら時間をかけても解けるようにはなりません。よって、1分考えてもわからなかった問題は、いったんとばして問題を最後まで解き、見直しを終えて、時間が余っていたら再び考えましょう。

ペース配分のめやす

 

参考書の使い方は今までに紹介したとおりだ。ここでは、どんなペースで進めていくかを説明するぞ。

 

パターン1 一般的な進め方

 

まずは、1週目を1日1題ずつ解きましょう。問題を解くのに30分、答え合わせに20分、分からなかった単語や文法を調べるのに10分かけると、1日に1時間で終わります。まずはこれを15日間続けましょう。

2周目は、先ほど書いた通り、記載されている時間の60%の時間で解き、答え合わせをします。単語や文法を調べることも含めて40分で終わらせましょう。これを1日に2題ずつ解いていき、8日間で終わらせます。

このように進めることで、MARCHに必要なレベルの長文読解力を23日間で育成できます

 

パターン2 部活などで忙しく、毎日は時間をかけられない人

 

まず1周目は1週間に5題ずつ、3週間で解きましょう。2周目もこれと同じペースで解き、3週間で終わらせます。このペースで解いていけば6週間でMARCHに必要な読解力を養成できます

自分の予定や他の科目との兼ね合いによって適切な進め方を選んでくれ。最後に、今回のポイントをまとめておこう。

MARCHレベル長文読解学習の注意点

良い例

  • 分からない問題は後回しにして、見直しの後に考える
  • 単語を調べるのは問題を解いた後
    ⇒辞書を引かない、という点が入試への実戦力をつけるコツ!
  • 答え合わせに時間がかかる
    ⇒解説をよく読んでいる証拠です。その調子!

悪い例

  • 分からない問題は時間をかけてじっくり考える
    ⇒1分たっても全く分からなかったらとばして次の問題へ!
  • 文章中に分からない単語が出てきたらすぐに電子辞書で調べる
    ⇒問題を解いている間は文章の流れから推測しよう!
  • 答え合わせを短期間で適当に済ませてしまう
    ⇒間違えた理由が分からなければ問題を解いた効果は半減!必ず間違えた理由を確認しよう。
最後にこの記事のまとめだ!

今回の記事で押さえてほしいこと

 

  • 読解力が伸びるのは答え合わせのとき。出来なかった理由を突き詰めよう!
  • 出来ない問題があったら次の問題へ!
  • 知らない単語や文法は、問題を解いた後に調べて、その日のうちに覚えてしまおう!