英語勉強法

【システム英熟語】使い方は?勉強法は?徹底解説!【英語】

システム英熟語の使い方

「大学受験オンライン戦略会議」、略して「オン戦」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や勉強に関するコラムを、"受験計画"を通してわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

サイトについてはこちら

システム英単語の姉妹本『システム英熟語』は普段の勉強ではなかなか手の届かない「英熟語」の勉強をするには最適な参考書です。しかし正しく使えないと、「全然覚えられない……」「システム英熟語で見たけど思い出せない……」なんてことになりかねません。今回の記事ではシステム英熟語の正しい使い方を解説。

  • 紙画像
  • 案件
    システム英熟語の使い方と勉強法を教えてください。

ワーーー!!サッチーさん、聞いてください!
何よマルオ君。今日は一段と騒がしいじゃない。
実は今日、『システム英熟語』を買ったんですよ。この前教えてもらった『システム英単語』が使いやすかったので。
それは良かったじゃない。しっかり勉強するのよ。
ちょっと待ってくださいよ。システム英熟語の使い方も教えてくださいよ。
なるほど、それでさっきはあんなに騒いでいたのね。確かに使い方を間違えるとせっかくのシステム英熟語のいいところを台無しにしてしまうものね。
教えてください。

戦略01 システム英熟語はこんな人におすすめ!

まずは基本情報をおさらいしておくわね。

システム英熟語の基本情報

システム英熟語

  • 料金
  • ¥1080
  • 収録熟語数
  • 1657個
  • ページ数
  • 318ページ
  • 習得にかかる時間
  • 70時間
  • レベル
  • 基礎から難関大まで幅広く網羅
  • 持ち運びやすさ
  • ★★★★★(ぴったり手に収まるサイズ。電車でも勉強しやすい)
  • おすすめ度
  • ★★★★★(単語と同じように熟語を覚えたい人はこれ!)
現状でセンター英語が7割くらいの人が、MARCH〜早慶レベルまでレベルアップできる参考書よ。
どういう人におすすめなんですか?
そうね、これからあげるチェックリストに2つ以上あてはまる人かしら。でも、絶対ということはないから、使ってみて決めるのもいいわよ。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 文法問題集ではなく、熟語帳を使って熟語を覚えたい
  • センター試験で9割以上は取れるようになりたい
  • 志望校は早慶など最難関私大
  • 例文を使って覚えたい
  • システム英単語シリーズを使っていた。
早稲田志望の僕にはぴったりですね。
逆に、いまから見せるチェックリストに2つ以上あてはまる人は、ほかの単語帳のほうがあってるかもしれないわ。

こんな人にはおすすめできない!チェックリスト

  • まだ単語学習に不安がある
    システム英単語がおすすめ!
  • 問題を解きながら英熟語を覚えたい
    Next Stageがおすすめ!
英熟語の勉強の前にまずは英単語の勉強が完璧にすることから始めた方がいいわ。おすすめする英単語帳のページはこちら!

サッチー:

おすすめ英単語帳5選
戦略01 目的別おすすめ英単語帳 戦略02 英単語帳おすすめ5選 メリットとデメリット 英単語は、英語の基礎の基礎。学校の先生や予備校の先生 ...... 続きを読む≫

戦略02 システム英熟語の使い方・勉強法!

じゃあここからは、システム英熟語の使い方について説明するわね。システム英熟語は解説が充実していて、初心者でも実力がつくように作られているから、しっかりと覚えられる使い方をおさえましょう。
頑張ります。

1周目

step1
ページごとに熟語の下の例文を音読。スペルと赤字の意味を覚える。
step2
覚えたと思ったら、赤シートで赤い意味を隠して、言葉が言えるかテストする。
step3
意味が言えなかった例文をもう一度覚える。
step4
もう一度テストする。
step5
これを1チャプター分行う。
例文を使って覚えていきましょう。システム英単語の時は「ミニマルフレーズ」だったのが、英熟語では「例文」として書かれているわ!

2周目

step1
赤シートを使い、赤字の意味が思い出せるか1チャプター分、テストする。このとき間違えたものには×印をつけておく。
step2
ここからは1ページずつ行う。意味が言えなかった単語の例文を音読。
step3
赤字の意味を覚えられたと思ったら、そのページのテストをもう1度する。
step4
Step2, 3を完璧になるまで繰り返す。
step5
1ページが完璧になったら、Step2~Step4を1チャプター分おこなう。
2周目は✖をつけるんですね。
そうね。一度全部見ている単語だから、この作業で苦手な単語を見つけましょう。

3周目以降

Step1
✖印がついている例文を通してテスト。
(大半の単語は覚えられているはずなので、1日に複数セクションやって構わない)
Step2
間違えたものがあれば、もう一度音読し覚える。
Step3
Step1,2を繰り返す。
大原則は2つよ!

例文を使って覚えること

システム英熟語では熟語の意味だけでなく、よく使われる形で熟語の例文が載っています。単語だけで覚えるよりも例文で覚えた方が、使い方もわかりますし、覚えやすいです。

必ずテストすること

テストをして、アウトプットすることは必須。その熟語の意味を頭の中から引っ張り出す練習をしましょう。この引っ張り出す作業を繰り返すことで記憶に残っていきます。また本番でも、熟語が出てきたら即座にその意味を引っ張り出すことが重要ですから、単語の暗記をする際は必ずテストをするようにしてください。

この2つを守ることで記憶が定着しやすくなります。

英熟語の勉強といっても大事なポイントは英単語と同じよ。下で紹介する英単語の記事にこのことが詳しく解説してあるわ。
最初にして最大の難関ともいえる「英単語」。大学受験のために、覚えるべき英単語の数はとてつもないです。膨大な単語を前にしてどうも暗記する気がおきない人、暗記していても「やばい、毎日見ているのに覚 ...... 続きを読む≫

戦略03 システム英熟語をつかう上での注意点

ここからはシステム英熟帳を使った勉強で気をつけてほしいことを紹介するわ。

1周目で完璧に覚えようとしないこと

システム英熟語を学習する上で重要になってくるのは、1周目で全てを暗記しようとしないことです。一周しただけで全ての熟語を覚えられるという人なんていません。やっている途中で今までやった範囲のことを忘れてしまうのはしょうがないことです。ひとまずは上に書いたステップを守って、全範囲を終わらせるようにしましょう。

そうなんだ!1周目で覚えられないのは僕の記憶力が悪いのかと思っていました。
マルオ君、繰り返しが大事よ。何周もして覚えましょう。
はい!頑張ります。
逆にこんな使い方はおすすめよ。

文法問題集を使ってアウトプットする

Next StageやVintageなどいわゆる「文法問題集」にもイディオムの章に熟語が載っています。システム英熟語で赤シートを使って覚えた後に、文法問題集を使ってアウトプットすると、より入試に近い形でテストできておすすめです。

文法問題集を使うと有効に英熟語を覚えられるけど、3周目以降から使うのがいいわ。文法問題集はあくまでテストで使うべきだから、ある程度記憶に定着してきた、3周目以降じゃないと効果が薄くなるわ。
なるほど!!これで熟語はバッチリだ!

まとめ

この記事で押さえておいてほしいことをまとめておくわね。
  • 「例文で覚えること」「必ずテストをすること!」
  • 1周目で完璧に覚えようとしないこと
  • アウトプットに文法問題集を使ってもOK
最後にもう一度、システム英熟語を使ってほしい人のチェックリストを見せておくわね。

こんな人におすすめ!チェックリスト

  • 文法問題集ではなく、熟語帳を使って熟語を覚えたい
  • センター試験で9割以上は取れるようになりたい
  • 志望校は早慶など最難関私大
  • 例文を使って覚えたい
  • システム英単語シリーズを使っていた。

英熟語・英単語の勉強法についてもういちどおさらいしたい!(英単語の勉強法と英熟語の勉強法はほぼ同じです。)▼

最初にして最大の難関ともいえる「英単語」。大学受験のために、覚えるべき英単語の数はとてつもないです。膨大な単語を前にしてどうも暗記する気がおきない人、暗記していても「やばい、毎日見ているのに覚 ...... 続きを読む≫

自分にあった熟語帳を知りたい!もっと詳しく比べたい!▼

差がつく英熟語帳おすすめトップ5
戦略01 目的別おすすめ英熟語帳 戦略02 英熟語帳おすすめ5選 メリットとデメリット 英単語は覚えたんだけど、イディオム問題でもミスが多く ...... 続きを読む≫
line@

大学受験や勉強に関してお悩みの方は、気軽にLINEで無料相談!

友だち追加

「記事を読んでも悩みが解決されなかった……」
「この時期に今の成績で、志望校に合格できるの?」
「この分野が苦手なんだけど、おすすめの参考書は?」
など、どんなことでもお気軽に無料でご質問いただけます。


ご覧いただける主なコンテンツはこちら!
・ほかの受験生の質問と、それに対する回答をあなたも見れる!
・編集部イチ押しの記事を紹介してもらえる!
・無料イベント情報など、登録者だけに先行公開!


毎週20通以上のお悩みをいただいています。
まずはお気軽にご登録ください!


これまでに寄せられた質問はこちら!


友だち追加