大学受験の歩き方

【受験の種類と入試方法を徹底解説】2020教育改革について

「STRUX大学受験マガジン」では、学習塾STRUX塾長である綱島将人監修のもと、第1志望校合格のための勉強法や志望校別の対策のしかた・勉強に関するコラムをわかりやすくお伝えしています。高校生のマルオをはじめとするキャラクターたちと、合格への"最短距離"をすすんでいきましょう。

トップページでほかのコンテンツを見る

志望校別の対策を見る!こちらをクリック

無料勉強計画作成会について知る!こちらをクリック!

テレビなどメディアで度々話題になる「2020教育改革」。2020年から大学入試をはじめ、日本の教育制度が大きく変わると言われています。ただ、どのように変わるのか、理解できている人はそれほど多くないのが現状です。この記事ではそんな人たちの悩みを解消するべく、「2020教育改革」について解説していきます。

赤神さーん。2020年から新しい試験になるって聞いたんですけど、入試は終わりになるんですか?
なんだいきなり。確かによく「教育改革」について話題になるが、大学入試がなくなるわけじゃないぞ!
なーんだ。勉強しなくても大学進学できるようになるのかと思っていたのに。
甘い!甘すぎる!この様子だと、2020年の教育改革については何も知らないようだな。
さすが赤神先生。今日初めて聞いたんで、何もわからないです。
なるほど。じゃあ今回は2020年の教育改革について解説していこう。
よろしくお願いします。

2020教育改革の概要 今の教育とどう変わる?

すごく難しそうなテーマですね。池上彰とか出てきそう。
池上彰さんは出てこないが、俺が「今の教育制度とどう変わるのか

1-1, 2020年から変わるポイント

2020年からの教育改革では実は大学入試だけでなく、教育全般について大きく変更点があります。

主に変わるポイントは大きくこの3つだ。
  • 実社会で必要な「考える力」「判断力」を養う小学校カリキュラム
  • 4技能を求める「英語改革」
  • 大学入試改革
まずは①から説明していくぞ。

1-1 実社会で必要な「考える力」「判断力」を養う小学校カリキュラム

2020年から新しい学習指導要領に変わり、学校教育そのものが大きく変わります。今までは「学んだことを理解できているかどうか」といういわゆる「知識」や「技能」の定着を重視した教育方針でした。しかし2020年の教育改革では「知識」や「技能」の習得のみでなく、それをもとに「自分で考え、表現し、判断」する力が求められるようになります。いわゆる「知識偏重型」から「思考力・表現力・判断力」など実際の社会で役立てることができるようになるかどうかが求められるようになります。

なるほど。今までみたいに学校で習ったことを身につければいいわけではないんですね。
その通り。よくアクティブラーニングを取り入れた授業などが今から実施されているが、アクティブラーニングは新しい教育方針の授業だ。生徒自身が主体的・能動的に授業に参加することで思考力や判断力を身につけていけるようにしているぞ。
なんか僕の学校でもたまに先生が言っていたけど、そういう意味だったんですね。
教育改革についてなんとなくわかってくれたみたいだな。次はその中でも大きく変わる「英語改革」と「大学入試改革」について説明していくぞ。

1-2 4技能を求める「英語改革」

グローバル化の進展に伴い、今までの英語教育も大きく変わります。今までの英語教育ではマークシート方式のセンター試験に代表されるような、「読む力」「聞く力」の2技能の習得に偏った教育方針でした。そこで新しい英語教育では「聞く力」「読む力」「話す力」「書く力」の4技能を育てる教育方針に変わります

4技能って「聞く力」「読む力」「話す力」「書く力」のことだったんだね。

この4技能を身につけるために、小学3,4年生から学校で英語の授業が開始されます。また、中学・高校の英語の授業は、日本語ではなく英語で説明や先生とのやりとりがを行われることが基本となり、今までの英語の授業とは大きく異なります。

今までの勉強とはガラッと変わるようになるぞ。

1-3 大学入試改革

今まで紹介したふたつの変更に伴い、大学入試も大きく変更されます。センター試験が「大学入学共通テスト」に変更されます。

センター試験がなくなるんですね。
マルオくんが、入試がなくなると勘違いしていたのはこのせいだろう。
そうですね。具体的にどう変わるんですか?
じゃあこれから「大学入学共通テスト」での変更点を紹介しよう。

1.数学と国語で記述式問題を導入

今までは全問マークシート方式でしたが、数学・国語で記述式の問題が出題される予定です。知識だけでなく、思考力や判断力・表現力を試す問題に変更される予定です。

2.英語は4技能、民間資格・検定試験を活用

英検やTOEFL iBTといった民間資格を活用される予定です。現在では高校3年生の4~12月に2回までの結果を大学に提出できるなどと言われていますが、まだ具体的に細かいルールが整備されていないのが現状です。

まだ決まっていないんですね。
これから実施するまでに詳しく決まってくるからな。2020年以降に受験する人は細かくチェックしておこう。

いつから変わるの?教育改革のスタートは?

教育改革でどのように変わるのはわかりました。ただいつから変わるんですか?
いい質問だな。ここではいつから変わるのか、説明していこう。

教育改革は以下のように変更していきます。

2018年度
「新学習指導要領」移行処置スタート
2020年度
「大学入学共通テスト」実施
「新学習指導要領」小学校で全面実施
2021年度
「新学習指導要領」中学校で全面実施
2022年度
「新学習指導要領」高校で実施
このように変更されるぞ!
なるほど!本当に2020年にセンター試験から変更されるんですね。
その通り。
ところで質問なんですけど、もし2019年度の受験で失敗して浪人してしまったらどうなるんですか?
いい質問だな。ただ現時点では、いわゆる浪人生の対応などは決定していないようだ。
これも続報を待つのみなんですね。
その通り。もちろん浪人するつもりではいけないが、2019年度受験の人は逐一チェックしておこう。

今からどんな対策をすればいいの?

2020年の「大学入学共通テスト」に向けて今から何の対策をしていればいいですか?
ここからは対策法について具体的に説明していこう。

3-1国語・数学

先ほどの大学入試改革の中で変更点にいかに対応できるかどうかがポイントです。まず国語と数学では、それぞれ記述問題が新しく出題されます

国語では80~120字程度で答える問題を3問程度出題される予定です。このような形式の問題は、国立大学で出題される記述形式の問題ととても似ているので、国立入試の記述問題の対策をしているといいでしょう。また数学も3問程度記述式の問題が出題されますが、こちらも国立大学の問題と似ている形式ですので、国語と同じく国立入試の記述形式の対策をしているといいでしょう。

なるほど。国立入試の記述問題の対策をしていればいいんだね。
もちろんまだどんな問題が出題されるか発表されていないから、変更されるかもしれないが、現時点ではこの対策で十分だろう。
国立試験の記述問題ってすごく難易度高い気がするんですけど、それくらい難しくなるんですか?。
これもまだはっきりとしたことは言えないが、そこまで難しくならないと思っていていいだろう。あくまで国立入試とは「形式が近い」っていうだけで、難易度はセンター試験レベルだと考えるのが自然だろう。
わかりました。これってどうやって採点されるんですか?
記述式は3~5段階で評価されるようになるそうだ。
なるほど。わかりました。次に英語について教えてください。

3-2 英語

英語では「聞く力」「読む力」「話す力」「書く力」の4技能を測る民間試験が活用されます。現時点で採用される民間試験は正式に決定していませんが、英検やTOEFLなどの対策をすることで得点を伸ばすのがいいでしょう。

まとめ

2020年の教育改革では大学入試を中心に大きく変更されます。現時点ではまだ発表されていない部分が多いですが、今のうちから情報を集め、対策をしましょう。

常に新しい情報をチェックするようにしよう!我々でも新しい情報が入り次第この「大学受験の歩き方」コーナーのコラムなどでお届けするつもりだ!

ライター|学習塾STRUX講師陣

STRUX講師陣

『自学自習で合格する』をコンセプトにした学習塾です。生徒に学習トレーナーをつけることで、第1志望校合格に導いています。学習トレーナーが、第1志望校合格までに【どの参考書を】【どの時期に】【どれくらい】【どの勉強法で】やるべきかまでを指定するので、「今日、なにを勉強すればいいの?」といった悩みを持たせません。

STRUXの詳細を見る